happylibrary’s diary

脱サラして起業した40代のブログです。人生を勇気づけてくれる出来事を集めています。動画、投資、子育てなどについてもお話しします

サラリーマンならできる、社宅と家賃でローンを返す方法

f:id:happylibrary:20200223193401j:plain

夢のマイホームを買ったら、転勤になってしまった。こんなこと、ありませんか。

 

僕は会社員時代、例に漏れずこれでした。それまで全く転勤の話なんて来なかったのに、ゴールデンウィークに物件を買ったら、お盆には転勤の辞令が出ました。

 

会社員のジンクスと言われますが、仕組まれててるんじゃないかというくらいのタイミングでした。

 

いまはそのおかげで不動産投資と出会えたので、まずまず良しとしています。

 

目次

  

家族帯同で転勤しよう

僕は、会社員で正社員なら、このタイミングで転勤することをオススメします。

 

なにも社畜になって会社のいうことを聞いた方がいいと言ってる訳ではありません。

 

正社員であればあなたのキャリアにとっても、サイフにとっても、転勤してしまった方がいいと思うからです。

 

僕は成り行きでそうなりましたが、後になってあれは良かったと思えるようになりました。

 

膨大な住宅ローンを返済するためにも、家族帯同でさっさと転勤しましょう。

 

1.家を賃貸に出す

f:id:happylibrary:20200223193657j:plain

転勤時、家族がついてこないというケースがよく見受けられます。

 

住み慣れたコミュニティを離れたくない、お父さん、あなたが単身赴任で出稼ぎに行って、私たちにお金を送って頂戴。

 

このような反応をする家族も、最近は多いですね。たしかに、こんな反応になって、家族が崩壊するから、転勤はブラックな政策だと言われることもあります。

 

ですがメンタルブロックを外して、家族帯同で転勤することをオススメします。

 

まず一つは、マイホームを賃貸すれば、家賃が住宅ローンを支払ってくれるということです。

 

あなたが住みたい、と思うくらいの家です。大体において住みたい人は見つかります。

 

賃貸に出すことで、空気の入れ替えも起こり、家が痛みにくくなります。

 

住む人がよっぽどのゴミ屋敷住人出ない限りは、誰も住まないより、誰かが住んだ方が、家の場合はいたみにくくなります。

 

もし家の中で傷みがてれば、入居者から連絡がありますので、家賃から少し払ってメンテナンスしておくと、あなたが家に戻ってきたときに綺麗に使えます。

 

良い入居者のかただと、直してくれたり、修繕しても良いか?と聞いてきてくれたりしますので、直してもらうのも手です。

 

気を付けたいのは、大家に許可をとっていれば、手入れ部分を修繕費として大家に請求できることになっています。安易に修繕の許可をうけず、修繕箇所は確認しましょう

 

あとは毎月のローンに管理会社の管理費、修繕費、都市計画税1ヶ月分、固定資産税1ヶ月分、管理組合の管理費、次の社宅の自己負担分を全て足した経費を家賃が上回るように設定すれば、あなた自身は全く痛まずにローン返済できます。

 

敷金、礼金は妥協せずに取り、突然の部品修繕などが起こったときの対処分にしましょう。

 

2.転勤して社宅に入る

f:id:happylibrary:20200223215353j:plain

家を貸しに出せたら、転勤して社宅に入ります。社宅における会社の持分は、会社によりけりだと思いますが、半分や8割くらい負担の会社もあるかと思います。

 

自己負担分は貸した家の家賃で支払い、残りは会社に払ってもらいます。

 

こうすると、あなたは自分で一円も家賃を払わずにマイホームをもち、いまの社宅にも住むことができます。

 

事実上、どちらの家についても、あなたの支払いはなくなります。一つは入居者に払ってもらえますし、一つは会社に払ってもらえます。

 

急に引越しが伴い、家族もろとも住み慣れた街を離れさせられる転勤という処置ですので、このくらいのメリットはあっても良いかと思います。

 

いままで払っていた毎月のローン代は丸々浮くことになります。できればこれで贅沢せずに投資に回して、手堅く年率5%くらいでじっくり増やしましょう。より早くローン返済の原資を作ることができます。

 

また、社宅を選べるのであれば、ライフスタイルに合わせて家を住みかえられます。前向きに考えれば、お子さんの成長に合わせて家のサイズなども変えられる分、転勤して家を住み替えるメリットは大きいといえます。

 

3.メンタル面をケアする

f:id:happylibrary:20200215010019j:plain

足元のケアも忘れないようにしましょう。ご自身は転機先で不安と思いますが、まだ社内の繋がりがあります。

 

家族は完全にいままでの知り合いや友人の繋がりが切れてしまいます。

 

一からコミュニティを作り直さなければなりませんので、家族のメンタル面は重点的にケアしましょう。

 

お子さんが中3や高校生だと、受験も絡むのでちょっと難しいケースになるかもしれません。我が家も子供達がこのあたりの年齢をむかえるにあたり、大損すると分かっていても単身赴任したことがありました。

 

このあたりはお子さんや奥さんのメンタル面をよく見極めた方が良いかもしれません。

 

あくまで金額的なおトク面は家族仲が担保されてこそですので、状況をよく話し合っておくのが良いと思います

 

まとめ 成功すれば驚くほど貯金できる

f:id:happylibrary:20200103172524j:plain

家賃は、家計の中で最も負担が大きい上に、あまりコントロール出来ない項目です。もし、これを支払わなくて良くなれば、大幅な経費カットを実現できます。

 

ここまでの話をまとめてみましょう

 

1.家を賃貸に出す

必要経費を上回る家賃で賃貸に出し、あなたが自分の家のために支払う負担をなくしましょう

 

2.転勤して社宅に入る

家に支払う経費を削減しつつ、ライフスタイルに合わせて家を住み替えられると考えれば、転勤する方がメリットは大きいといえます。

 

3.メンタル面をケアする

問題は家族がメンタルブロックを外せないケースがあることです。家計にとっておトクであることと、ご家族のメンタル面の両方をバランスよく勘案し、問題なければスムーズに転勤しましょう

f:id:happylibrary:20200103172900j:plain

 

 理不尽な転勤も、このように考えられればそれなりに良い面もあります。

 

転勤指示を蹴るのもなかなか難しいと思いますので、しっかり必要経費を見積もって賃貸に出すことで、メリットに転換しましょう。

 

本業の収入のほかに、家賃があって、さらに投資もできるとなれば、一挙にトリプルインカムの完成です。辛い転勤を高い収入で耐え、会社生活と投資生活を開始しましょう。

 

数年も続ければ、素早くローンも返済でき、家も手に入ります。あなたの転勤人生が一通り終わる頃には、早期の引退も可能になるかもしれません。

 

買うもの次第で変わるあなたのお金事情。何を買えばお金は増えるのか。

f:id:happylibrary:20191231233448j:plain

お金持ちは、どうしてお金持ちなのか。これについて真剣に考え始めたのは、30歳を過ぎた頃からでした。

 

20代の時はがむしゃらに働き、その勢いを買って、職場を異動しました。ですが早々に壁が訪れ、伸び悩みました。悩みに悩んで31歳の時、うつ病を診断され、精神病院に入院しました。

 

何もすることがなくてぼんやりと今後のことを考えたとき、また退院したら働いて、一生懸命働かねばならないことに大変なプレッシャーを感じていました。

 

そして、そうやって社会復帰しても、劇的に稼ぐこともなく、ひたすら上司や得意先のクレームや叱責に耐える毎日が続くと思いました。

 

相手に気を遣い、営業成績については厳しく追及され、仕事量は減らない。そんな毎日を変えることができないと思っていました。

 

目次

 

それが仕事というものです

f:id:happylibrary:20200223002143j:plain

もちろん、これが仕事をする、社会に出る、ということの厳しさでもあるでしょう。何事も、思い通りにはならない。それが人生というものです。

 

年収はそんなに悪くありませんでしたが、先輩や上司に気を遣って、かなり夜や休日にも付き合いをしていました。薦められるものは買い、体験することで、お金も相当使いました。

 

だから年収はそれなりにありましたが、いつもお金がなくて、自由も、時間もありませんでした。それが世の中だ、とも思っていましたし、自分がずば抜けたお金持ちになれる可能性は、1ミリもないと思っていました。

 

もちろん、富豪への階段については、まだ上り詰めているわけでもありません。ですが、階段はあることや、登り方もちゃんとあるんだということを知ってからは、仕事にもやりがいが出てきました。

 

そしてそれなりに理不尽を感じなければ、前向きに打ち込めるようになりました。

 

少なくとも世の中には、ものの買い方というものがあります。お金がいまあまりなくても、そんなに関係ありません。お金持ちになる方法はいろいろ説明されていますが、ものの買い方も、ひとつの方法だと思います。

 

そこで、今僕が全力で取り組んでいる、お金を増やすためのモノの買い方についてまとめてみました。あらためて自分の戒めとしていければと思うと同時に、仕事で苦しんでいる方になにか参考になりましたらと思います

 

1.お金のもともとの機能とは?

f:id:happylibrary:20200223002317j:plain

ご存じの方には釈迦に説法ですが、お金には、3つの機能があると言われます。保存機能、交換機能、増殖機能です。人類の発明の中でも、これはものすごい発明だったと思います。

 

物々交換が行われていた時代、とくに食べ物は鮮度が命でした。鮮度が落ちた食べ物は当然品質が下がってしまいます。

 

もしAさんが今日、いい魚を手に入れて、Bさんのお肉と交換したいとなっても、今日交換できれば最高ですが、Bさんがお肉を用意できなければ、価値が下がってしまうのです。

 

こんな風に、お互いが交換するモノを同時に用意できるとは限りません。肉がとれるのはいい魚がとれた日から10日後となってしまうこともあるのです。これでは安定した取引は望めません。

 

だから、お金に交換しておきます。お金は、そのときのモノのもっている価値を保存しておくことができます。そして、交換した価値と価値を交換することも。これで、人類はものの価値を保存し、交換することができるようになりました。

 

2.増殖機能とはどんなものか

f:id:happylibrary:20200223002412j:plain

ここまでが、保存機能と交換機能です。一般的に、お金の機能はここまでが主なものですし、ここまでがメインで使われています。ですが、お金にはもう一つ、増殖機能というものがあります

 

人間は、お金の保存機能によって、ものの価値を可視化できるようになりました。この保存機能を十分に活用して、お金を貯め込む人も出てきました。こうなると当然、いつの時代にも収入よりも支出が上回る人が出てきます。

 

貯め込む人から、足りない人が、お金を借りるようになるのです。従来の物々交換を引き合いに出して、モノを質に入れ、お金を借りようとします。

 

貸す人にとっては、お金が返ってこない可能性もありますし、質草が時間とともに価値が下がってしまうだったりしたら、満額を返してもらえないことになります。リスクが大きいのです。

 

それで、利息という考えが出てきました。お金を貸す、というリスクに対して、利息をもらうことでデポジット(保証)としたのです。

 

無事にお金が返ってきたとき、借りた人は貸してくれた人に、貸してくれたリスクを負ってくれたお礼として、利息を払います。

 

こうして、お金がお金を増やす、増殖機能は生まれたのです。

 

3.資産と負債を切り分けて理解する

f:id:happylibrary:20200223002524j:plain

お金は、お金を生み出す。お金を貸せば、お金は増える。この構造を理解すると、お金を増やすためには何を買うべきかが分かってきます。

 

債権は国や会社にお金を貸す道具です。株券は元利保証はありませんが、形を変えた貸し方でもあります。家は、賃貸に出せば、家賃が入ってきます。

 

世の中には、購入しておくと、その人のポケットに自動的にお金を入れてくれる、そんなモノがあります。

 

これが資産です。つまり、資産は資(お金)を産み出す(産)ものと言うわけです。お金を産んでくれる機械はたしかに世の中には有り、それをたくさん購入すれば、その資産がお金を産み出してくれるということになります。

 

資産を購入し、それを大きくすれば、資産を持っている人のお金は、どんどん増えるというわけです。だからお金持ちは資産家といわれるわけです。

 

だから、お金を産み出すものを購入すれば、お金は増えるわけです。資産から生まれたお金をまた資産の購入に回せば、またお金が増える、というわけです。

 

これと反対なのが負債です。世の中の消費商品のほとんどは、この負債になっています。それらは、生きていくためには必要な必需品ではあっても、もっているだけではお金を産んでくれるわけではありません。

 

食べ物や着るモノ、かけがえのない体験などは、人生にとっては価値があっても、お金を産み出してくれるわけではありません

 

まとめ 負債の購入を抑え、資産を買おう

f:id:happylibrary:20200223002615j:plain

頭が悪いので、このことが分かるまでに、何冊も本を読まねばなりませんでした。それでも、だんだんと経済的自由の意味が分かって、自分にも大きな可能性があると思えるようになり、それからは節約も、仕事も、前向きに取り組むようになりました

 

そうして、余ったお金を次々に資産購入に投下しました。まさに投資したわけです。まだお金持ちにはなれていませんが、投資をすると生活が良くなることはわかりました。

 

ここまでの話をまとめてみます

1.お金のもともとの機能とは?

保存機能、交換機能、増殖機能の三つがあります

 

2.増殖機能とはどんなものか

借りたい人、資金調達したい人がいるかぎり、利息や配当もなくなりません。お金は、お金を増やすのです。

 

3.資産と負債を切り分けて理解する

お金を増やすためには、資産の購入を意識します。持っているだけでお金が入ってくるモノを買う、というのがポイントです

 

f:id:happylibrary:20200223002716j:plain

最後ちょっと抽象的な話になってしまいましたが、資産を見分け、資産を購入し続ける。これがお金を増やす第一歩になるかと思います。

 

今後も、資産を買い続け、経済的自由を得るための闘いを続けたいと思っています。

 

FXをスイングドレードで再始動。本当に稼げるのか実践

f:id:happylibrary:20200222112149p:plain

4年くらい前に、FX市場で大損をし、市場から撤退していました。

 

あのときはちょうどトランプ大統領就任時くらいだったと思います。

 

市場が大幅に動き、一時的に大暴落、一夜あけて相場はすぐに戻りましたが、私が持っていた10本の建玉は、全てロスカットの憂き目に会いました。トルコリラー円や豪ドルー円でもっていましたが、およそ60万円が一気に吹っ飛んでしまいました。

 

あのとき、やはりテクニカル市場性の強い投資は自分には向いていない、と思い、二度とこの当時には手を出すまい、と思っていました。

 

スワップポイントと逆張り狙いが失敗

あのときは全ての建玉をロング(買い)で持っていました。豪ドルや南アフリカランドトルコリラなどは、スワップポイントが高く、しばらく持っていればスワップだけでインカムゲインが得られると思っていたからです。

 

さらに、相場が1円下がるごとに1本建玉を増やすという、強気の戦略をとっていました。価格が戻れば、大幅に利益を上げられると思っていたのです。

 

当時はFXの相場変動は激しいとはいえ、30%も価格が変動することは滅多にありませんでした。リーマンショックも終わったことだし、しばらく暴落はないだろうとタカを括っていたのです。

 

ですが、やはりロスカットがあるFXの相場変動は甘くありませんでした。一度暴落の傾向が出れば、思い切り変動します。

 

しかも、その変動は1日でほぼ元に戻ってしまうのです。デイトレができる時間と体力がなければ、FXで利益を上げることはできない、と思っていました。

 

一日の変動幅がおおきすぎて、建玉を持ち続けることは困難だし不安、というのが、このときたどり着いた結論です

 

ですが、ここにきて、もう一度スイングトレードで参入してみることにしました。少額の犠牲があれば、米ドルー日本円あたりから始めれば、いけるかもしれない、と勝算が立ったからです

 

1.スイングトレードの安全性について

f:id:happylibrary:20200222112304p:plain

スイングトレードとは、一定期間の幅を持って、市場の波を見ながら投資する方法です。逆指値をつかうことで、大幅な価格の上下動に対応できるので、少なくとも大損はなくなります。

 

たとえば、1ドル110円と108円の状態が一定期間の間でなんどか行き来しているときを利用します。テクニカル分析上の話ですが、同じような波が来ると仮定すれば、108円で買いから入ったり、110円で売りからはいったりすれば、確実に利益が出るわけです

 

ですが、絶対に108円~110円の間で推移するとは限らないので、予想がずれることがあります。そこで、108円から買いに入った場合、逆指値で107.5円くらいのところで、売る指示を出しておきます。

 

こうしておけば、大暴落がおこって1日で5円、10円と価格が変動してしまっても、少ない損失で済みますし、ロスカットされる心配もありません。いわば、自分でロスカット金額を設定するようなものです。

 

このように設定したら、あとはひたすら待つだけです。108円で買ったら、それ以上に、110円で売ったら、それ以下になるまで、チャートの周期通りに動くまで待ちます。

 

もし土日に建玉をもったままでも、逆指値が入っているので、土日に価格変動を大幅に促すようなイベントが起きても安心です。

 

あとはチャートと確率の問題です。過去と同じ動きをチャートがしてくれれば、利益が必ず出ます。

 

というわけで、この作戦でふたたびFXに臨むことにしました

 

2.株式と違い、為替はファンダメンタルを読みづらい

f:id:happylibrary:20200222112358j:plain

この人の動向次第で、為替はどうなるか分かりません

いままで株式については、長い間ファンダメンタルと逆張り路線で臨時収入を上げてきました。会社動向を読んで、価値が低く見積もられている株を予想し、選び、長期に保有する。とくに業績が一時的に落ちているものを選んできました。

 

すると会社が業績を回復するだけで、おおきな利益が得られます。人の噂も75日、業績が一時的に下がっても、3,4ヶ月くらいすると、ぐぐっと株価は戻してくるケースが多いと感じています。

 

ですが、この3,4ヶ月がとても長く感じられますし、割安株を100%選び抜くことはできません。株式でさえ、完全なファンダメンタル投資は難しいと言えるでしょう。

 

以前はこの考えをFXに持ち込んでいました。スワップポイントが毎日つくため、相場が円高となったときにロング(買い)ではいれば、あとは持ち続けるだけで利益がとれるのではないかと思ったのです。

 

ですが、為替は国単位のファンダメンタル予想となってしまいます。明日アメリカが一日平和で終わる保証など、どこにもありあせん。暴落した、とおもって買いを入れても、さらにおおはばに暴落する、なんてこともザラに起こります。

 

くわえてロスカットがあるので、下落相場で持ち続けていると強制的に確定されてしまいます。

 

スイングトレードなら、完全にテクニカル分析となるので、国の事情を鑑みる必要はありませんし、予想している相場のレンジを外れれば、逆指値で損益も確定します。

 

多少の損はとっても、最後はトクできる、と思っていれば、スイングトレードする意味はあると思ったのです。肉を切らせて骨を断つ感じですね。

 

3.ショート(売り)からはいるのが理想的

f:id:happylibrary:20200222112802j:plain

こんな動きも、よくあることです

もちろん、上下のスイングのなかで利益を出していくやり方ですので、ロングでもショートでもいいと思いますが、個人的にはショートで入る方が分かりやすいかなと思っています。

 

チャートでよくあるパターンとして、価格はゆっくり上がり、突然大暴落する、この周期をくり返します。

 

これは、価格を信用と捉えると分かりやすいですが、その価格への信用、信頼が高まってくると、徐々に上がっていきますが、信頼を失うのは一瞬です。暴落は一気に起こります。

 

先ほどの例でいえば、108円~110円のレンジなら、110円のショートから入るほうが、結果がわかりやすいと思います。

 

突然120円に跳ね上がることはあまりありませんが、110円が一瞬にして90円になることは過去に何度もありました。

 

ですので、今回のFXの再参入についても、ショートから入りました。スワップポイントは毎日数十円のマイナスがつきますが、一挙に円高の場面を迎えれば、そのマイナスは吹っ飛びます。

 

まとめ とにかく挑戦してみる

f:id:happylibrary:20200222112916j:plain

いろいろと作戦をこねて説明してみましたが、これも完璧な作戦とは言えません。でもやってみる価値はある、確率のよい作戦かな、とは思っています。ここまでの話をまとめてみます

 

1.スイングトレードの安全性について

指値をつかって、損切りの限界値をあらかじめ決めてしまうことで、諦めもつきやすく、またロスカットにおびえずに取引ができます

 

2.株式と違い、為替はファンダメンタルを読みづらい

為替は通貨の価値を決めますので、国そのものの値付けのようなものです。株式でもファンダメンタルを読むのは難しいのに、国単位でそれはとても難しくなります。チャート重視のテクニカル分析のほうが、分かりやすいし、参入しやすい感触があります

 

3.ショート(売り)からはいるのが理想的

ロングからはいって、保持し続けた結果、4年前は大損してしまいました。インカムゲインを狙うよりも、FXはいかにキャピタルゲインを安全にとれるか、その作戦をねるほうが現実的かも知れないとおもいます

 

f:id:happylibrary:20200222112951j:plain

というわけで、再びFXに参入開始です。今週(2020年2月3週目)に米ドルー日本円で112円のショートから入りました。どうなっていくかについては、今後またレポートしていきたいと思います。

お風呂で癒やしを得る3つの方法。一日の疲れはゆっくりと温かいお湯で

f:id:happylibrary:20200221011803j:plain

毎日毎日世間と闘っていると、精神的にも肉体的にも疲労してきますね。

 

そんな中、一日の疲れを取るワンシーンと言えば、お風呂じゃないでしょうか。大きな湯船に温かいお湯を入れ、ゆっくりと浸かる。これは日本人らしい癒やしの一つですね。

 

湯船に浸かる中で、一日に起こったことをじっくりと味わったり、明日起こることへ期待を抱いたり、計画を練ったりして、頭がリフレッシュします。同時に身体はお湯で温められ、筋肉がほぐされ、毛穴が開き、たっぷりと汗をかいてデトックスします。

 

この、お風呂の楽しみ方はどのかたにもいろいろなものがあると思います。改めて癒やされるために、頭や身体に効くお風呂での環境作りを3つのポイントに絞って考えてみました。

 

今日一日の疲れを癒やして、明日につなげたい

f:id:happylibrary:20200221011922p:plain

毎日世間の荒波をのりこなしていくのは、大変です。毎日会社に行くというだけで、精神的に疲れるでしょうし、満員電車に乗るだけで、身体はクタクタ。

 

明日の会議のプレゼンは上手くいくかとドキドキ過ごしたり、今日受けた得意先からのクレームを頭の中で反芻するだけで精神的に疲れを感じたり。いつまでこんな生活が続くのか、と思いながら勉強を続けたりもあるでしょうし、淡々と家事を始めとした何かしらの作業をくり返して、肩や首が凝ったりすることも。

 

だれでも、毎日それなりに目標を持って過ごしていれば、いや、だらっと過ごしたとしても、一日を過ごせばそれなりに疲れは出るでしょう。

 

少しでも家に帰ったら、効率よく回復して、明日につなげたいところですよね。手頃で、身近に、家にあるもので疲れを癒やす、となれば、やっぱり期待はお風呂です。

 

そこで、じっくりと湯船を楽しみ、ホテルライクなバスタイムを演出して、つかれを癒やす方法についてご紹介します。

 

1.緑の配置や照明を工夫して、見た目にゆっくりできる環境を

f:id:happylibrary:20200221012013j:plain

意識して空間作りをいないと、意外と殺風景になってしまうのがお風呂です。しかもお風呂は湿気が多く、グッズを置けばすぐにカビてしまう、という残念な特徴があります。

 

人によっては、それが気になるので、余計なものは置かない方が良いと思っているかたもいるでしょう。

 

ですが、湯船にゆっくりと浸かって、なにか眺めながら考え事をしようと試みたときに、眼に入ってくるのが換気扇やシャンプーのボトルだけだったら、浮かぶアイデアも浮かばなくなってしまいます

 

すこしの工夫で落ち着きの環境作りを充実できるので、観葉植物や間接照明などを置いてみるのはいかがでしょうか

 

本物だと虫などが出たり手入れが大変だったり、カビがついてしまいますが、100円ショップやホームセンターの安価な造花であれば、定期的に処分して取り替えることも可能です。間接照明は小さなキャンドルなどにすると、溶けますし、お湯がそばにあるので火がついていても安心です。

 

眼にも気持ちの良い空間を作るのは、いかがでしょうか

 

2.入浴剤やせっけんなどの香りを揃えよう

f:id:happylibrary:20200221012214j:plain

視界を整えたところで、匂いの環境もこだわると、より自分らしい空間を作ることができます。

 

シャンプーや石けんはこだわりの製品を揃える女性は多いと思います。最近は入浴剤もこだわりの香りを揃える製品が増えてきましたね。

 

もともと、そうした入浴剤や石けんのおかげで、いい香りがするのがお風呂です。これがまた気持ちのデトックス効果も誘います。

 

お風呂掃除の洗剤も、汚れ落ちだけで無く、いい香りがするものが増えていますね。自分にあった、こだわりの香りを取り入れてみると、お風呂に入るのがより楽しみになるのではないでしょうか。

 

ラベンダーや柑橘類の香りで統一したり、いろいろな香りを混ぜてみたり、脱衣所に易しい香りのするディフューザーなどを置くのも良いかも知れませんね。

 

ぜひ、嗅覚を利用した、こだわりの空間作りも試されることをおすすめします

 

3.設備を変えて、自分にぴったりのわがままなお湯を楽しもう

f:id:happylibrary:20200221012312j:plain

お風呂を楽しむためのグッズも安価でいいものが出てきています。とくにシャワーヘッドは5000円程度でもきめが細かく、柔らかい感触のシャワーがでるものなどが出ていますので、使ってみると気持ちいいですよね。

 

また、シャンプーのポンプもデザイン性の高いものや、壁付きのディスペンサータイプのような機能性の高いものも手に入るようになってきています。

 

お湯についても、追い炊きや足し湯の機能で、入り始めから終わりまで、何段階かに分けて、温度を変えて入ることも当たり前になっています。寒い冬は意識的にぬるめからはいって最後は熱めにしていくと、身体の芯まで温まる上に、お湯から上がったときに熱が逃げにくいようです。

 

また、設備とまでは行かないかも知れませんが、お風呂上がりは上質なタオルで身体を拭くと、とても気持ちよさが上がります。お風呂上がりも気持ちよくリラックスタイムに移る方も多いと思いますので、リネン系統は少し厚手の、肌触りのよいものなどを揃えるのも良いのではないでしょうか。

 

こうしたタオル類は、もらい物で余ることが多いようで、一般家庭からかなりの新品が中古業界にあふれています。メルカリやハードオフあたりでかなりいいタオルが安価で販売されていますので、そのあたりで手に入れるのも良いかも知れません。

 

一日の疲れを癒やす場所ですので、すこしわがままに振る舞えるように設備を設定すると、ホテルライクの優雅な時間を過ごすこともできるのではないでしょうか

 

まとめ 頭はカラッポ、身体は柔らかくなるお風呂タイムにしよう

f:id:happylibrary:20200221012511j:plain

設備作り、環境作りはこれだけでは無いかも知れませんが、とにかく、すこしわがままになれる空間を作って、自分を解放しましょう。ここまでの話をまとめてみます。

 

1.緑の配置や照明を工夫して、見た目にゆっくりできる環境を

2.入浴剤やせっけんなどの香りを揃えよう

3.設備を変えて、自分にぴったりのわがままなお湯を楽しもう

 

だれでも思いつく、またはだれでもやれることではありますが、意外と3つすべてを網羅しているご家庭は、少ないのではないでしょうか。

 

このくらいまで設備を整えると、本当にホテルのバスルームのように演出することができ、一日頑張った自分へのご褒美としては、かなり上質な時間を送ることができます。

 

まだまだ寒い季節、あったかいお湯と素敵な空間で、自分自身を優雅に癒やしてあげるのも良いのではないでしょうか。

 

 

技術の日産の臨時株主総会レポート。V字回復の兆しは見られたか

日産の株主総会に行ってきました。

 

f:id:happylibrary:20200219173815j:image

 

逆張り投資の好きな僕にとって、日産がV字回復する可能性が見られるかどうか、どんな準備があるか期待を含めての総会参加でした。

 

場所はみなとみらい駅からすぐ近くのパシフィコ横浜です。会場がめちゃくちゃでかい。でかいから遠い。まーったく都会は歩くなぁとおもいながら、会場に到着。

 

はやくも報道陣が会場前にたたずんでいました。何人か、株主がインタビューを受けています。

 

中に入ると、日産の社員の方が、たくさんの株主を会場に誘導していました。受付で議決権行使書を提出し、会場へ。

 

結局、500人弱の株主が集まっていたそうです。僕の周りには、いわゆる投資家、という感じのおじさまや、日産好きという感じのおっちゃん、若い男性や女性の姿もありました。

 

結構いろんな人が株式やってるんだということを感じつつ、自由席に着席しました。

 

内容はインターネットでも生中継されたようですが、このブログ内では、僕の感想も含めたレポートをお届けします

 

目次

 

緊張の面持ちで内田社長が議長となる

内田誠社長が議長席から挨拶し、総会がスタートしました。

 

最初に内田社長が議長となる宣言があり、総会が進められていきます

 

まずは内田社長から、総会の運営についての説明と、今回、臨時総会を開催数に至った経緯、日産がこれから描いていきたいビジョンについてが数分にわたって語られました。

 

これは終始言っていましたが、このたびの業績悪化については重く受け止めていることや、安定しない経営陣の体制を一新したこと、そして業績が回復しない場合には辞任も覚悟しているというコメントもありました。また、今期の配当は無配であることなどが説明されました。

 

残念ながら無配かー。と思いつつも、逆張り狙いの僕としては、無配は織り込み済みでした。V字回復して欲しい訳なので、株価が上がれば問題ないかなと思っています。個人的には、数々の企業が不調になったときと、対応としては同じかな、というイメージです。

 

最近だと、レオパレスも無配ですね。業績が悪化していると、日本企業はだいたい無配にします。結構日本の株主はドライじゃないんで、一期くらい無配でも、大体売りません。その辺、企業側も織り込んでいるんじゃないでしょうか。

 

タンス預金しまくるのが日本人ですので、やっぱり資産もあんまり動かさないんですよね。それよりは、業績の回復を祈って損切りしない(できない?塩漬けにする?)のが多くの日本の個人投資家です。

 

そして総会はいよいよ本編とも言える、質疑応答へ。一人2問まで。3分以内でお願いします、と議長からのお願いがありました。その後、緊張の時間がスタートしました。

 

1.すぐにヒートアップした総会

f:id:happylibrary:20200220073622j:plain



いの一番に最初の質問者から、結構厳しい質問が飛んでいました。

 

最初の方は、無配にするなら、現経営陣の役員報酬も無しにすべき、という、投資家なら当然言いたい質問でした(というより意見かな)

 

ただこれは株主側が望むような回答を得るには難しい質問という気もしました。株主に本当に配当や株価の急騰などで報いるなら、なによりもお願いしたいのは業績の回復です。

 

経営陣が株主と同じ痛みを伴って禊ぎを受けたところで、業績が回復するとも思えません。まー株主としては腹の虫は収まらないですが。

 

経営陣の役員報酬を返上しても、株主と同じように経営陣が痛みを伴う、というだけです。

 

案の定、議長の内田社長の回答は、「重く受け止めて検討するが、この場ではお答えできない」というような回答でした。今後の業績に向けた中期計画含めて、5月に発表するつもりだそうです。

 

この次の方は、たしか女性だったと思いますが、日産の業績回復プランの発表の5月は、遅すぎるんじゃ無いか、というものでした。

 

これについても、議長の内田社長が回答し、とにかく急いで発表するよう対応を急いでいるが、かならず業績をアップさせる内容を練り込んで発表するので、いましばらく待って欲しい、という回答でした

 

その次の方も、その次の方も、経営陣のことや、役員報酬についての追求がありました。内田社長は一生懸命回答しているように見えましたし、姿勢も真摯に株主に向き合っているという感じがありました

 

ですが、各質問者とも、放しているうちにだんだんとヒートアップしていきます。会場からも、野次や怒号が飛び始めました。まだまだ質問は続くのに、はじめっからこんなに揉めて、大丈夫かな、という感じです

 

2.議論を尽くすというよりは、すべてが出来レース気味

僕が期待していた質問は、

 

 今後業績を回復するための具体的プランは?

  • 社会的信用を回復し、株価をあげるための社長や経営陣の具体的なビジョンは?
  • トヨタはモビリティカンパニーを掲げているが、日産の今後の方針の核はなに?
  • 今後日産が出す新商品は、どのような未来のクルマ社会をイメージしているのか?

あたりでした。こんな質問があって、そこに今後の日産を期待させる回答があれば、十分今後も逆張りを積んでいく価値があると思ったからです。

 

残念ながら、序盤ではそのような質問は出ませんでした。関元副社長や西川元社長の辞任について、一連の経営陣のごたつきに関する問題、ゴーン元会長への損害賠償、現在の製品ラインナップについて、中国の生産拠点とコロナウィルスについて、など、質問は多岐にわたりましたが、未来についての質問は少ないように思えました。

 

数々の株主の方が質問しましたが、あまり満足いく回答は得られない雰囲気が続きました。基本的には、株主が質問し、内田社長が回答する、たまに監査役や営業部長が回答するような流れでしたが、基本的には、ほぼすべて内田社長が回答していました。

 

ここで、僕は「あれっ?」と思い始めました。

 

内田社長の回答は、ほとんど「今後日産は変わっていって、いい会社になるよう頑張るから、待ってて見ていて欲しい」という回答におちつくのです。それ以外の質問や、時折かけられる経営陣への鋭い質問には、ほとんど回答はありませんでした。

 

内田社長の議長運営に動議が発動されたりもしました。決済は会場の過半数以上の拍手をもっておりるようでしたが、会場の拍手はまばらか、中途半端。「過半数以上の拍手が得られなかったので、次の質問に移ります」と淡々と動議発動も退けられてしまいます。

 

一度、これは明らかに過半数の拍手なんじゃないかな、というくらい大きな拍手が起こったときもありましたが、このときも、内田社長は淡々と「過半数の拍手が得られなかったので、、、」とくり返すのみ。さすがに株主の方も、もういちど決を採って欲しいと求め、これまた大きな拍手が起きましたが、結局聞き入れられませんでした。

 

株主側からの再三の動議依頼や、質問にも十分に答えることはなく、淡々と質疑応答は進められていきます。株主側の追求自体はキレのあるものもありましたが、結局はモヤッと議論が尽くされないような質疑応答がつづきました。

 

なんとなく、もう回答のテンプレが日産側に決まっているような気がしました。会場からはフラストレーションのたまる雰囲気に、ほんとに普通の株主なのかと思うくらいの怒号や野次が飛び交います。総会屋でもいるんじゃないかと思うような雰囲気でした。なかには勝手に手を上げて質問する人も。

 

穏やかに質問を開始しても、途中から激高し、自分が受けた日産ディーラーの対応はひどかったとか、なぜあの車種を辞めてしまったのか、など、個人的感情を質問に乗っける人も出てきて、だんだんと会場は解決のみえない方向へヒートアップしていきました。

 

結局、20を越える質疑応答が有り、2時間半かけ、40近い質問がやりとりされましたが、回答のテンプレがあるかのように話す会社側と、個人的な感情移入が強い株主側で、もの別れ感だけが残されました。

 

3.唯一の期待は日産の技術

f:id:happylibrary:20200220020307j:plain


話し合いがヒートアップする中、製品の今後について質問される方が若干名おられました。ここにマーケティングの(と思われる)星野副社長が回答する場面が2,3度ありました。

 

ここで、自動運転車のリリース状況(スカイラインはもう自動運転です)や手放し運転の設備、電気自動車への技術、各セグメントにおける看板商品の外部評価や、今後に賭ける期待などが話されました

 

この場面が、少しあって良かったです。経営陣の追求やカルロスゴーン事件の一件ばかりを追求するなら、労組と裁判所でやってくれ、という感じです。

 

ですが、この追求の雰囲気の中、その部分にはあまり詳しく話されることはありませんでした。ただ、僕の期待している自動運転車や電気自動車が売れまくるような、夢のあるクルマ作りを目指し続けて欲しいです。

 

日産のプロパイロット2.0という技術は、すでにハンドルなしで高速道路を走行し、車線変更や追い越しなどもできることが確認されています。スカイラインに搭載され、商品化にむけてひた走っていうところだそうです。

 

やっぱりなにか持ってるなー。と思いましたが、現在の生産ラインや販売網ではまだ準備が十分ではないのかな、と思いました。経営陣のことはこの際さておき、現場の方々はいまこそ腐らずに、素晴らしい日産車を作り続けてほしいものです。

 

まとめ 消化不良の部分も織り込んでの日産の今後は。

まとまらない総会の中でも、社長はこれからも技術の日産であり続けることを宣言しておられました。また、日産はこんなもんじゃない。というようなことも言っていました。

 

1.すぐにヒートアップした総会

株主からは、経営陣に対する不信感で、怒号が飛び交っていました。内田社長は、淡々と回答を返していました。こういう状況で、100点満点の評価を得られることはあまりありませんが、会社の危機回避という点では、こんな感じだろうとおもいました。

 

2.議論を尽くすという寄りは、すべてが出来レース気味

株主が怒号を浴びせ、社長は淡々と質疑応答を行います。その光景は、こうなることが予想されていたかのようでした。株主の質問に寄り添って議論を尽くすわけでもなく、また株主の質問も個人の感情に乗りすぎている面も有り、なにか収拾がつかない感がありました

 

3.唯一の期待は日産の技術

日産の自動運転や電気自動車を初めとした技術面は、引き続き磨き込まれている感触がありました

 

総会全体を通してみれば、会社側の守り勝ち、と思います。決して面白い情報こそ見いだされませんでした。また会社側が今回の無配をどのくらい重く受け止めているかも、ちょっとパフォーマンス気味だったように思います。

 

現在、日産の株価は500円前後で推移しています。ここを割り込む可能性も十分あり、もしかすると、もう一度買いの場面が訪れるかも知れません。

 

残念ながらV字回復の可能性については、半々くらい、少なくとももう少し時間がかかりそうというのが個人的な感想です。

 

やはり5月の業績回復プランの発表が一つの試金石かな、という気もします。内田社長の意気込みが本当のところであれば、すくなくとも500円台は脱却できると思いますが。

 

今後もこの企業の製品と経営は見守っていきたいところです

 

グーグルアドセンスとの戦い。情報弱者の孤独な作業の繰り返し

f:id:happylibrary:20200219010550p:plain

以前にアドセンスに落ちた話をしましたが、未だに格闘中です。

 


不合格の理由がさらに複雑化したのに加え、1日1記事の更新だけはしています。

 


ですので余計に記事が積み上がってしまって、どの記事のことを注意されているのかもよくわからなくなってきました。

 


一応は苦しんで生み出したかわいい記事たちなんで、あんまり削除したくもありません。

 


とはいえ、あまり見られてない記事は、頑張って掲げ続けても無駄、と割り切ることも必要かな、と、最近ブレ始めています。

 

本物のブログ素人から始めて、ここまでの格闘の経緯を実況中継したいと思います

 

目次

 

とりあえずの100記事が見えてきた

ブログをやることが収益につながると知ったのは、半年ほど前。それから僕のブログへの興味は始まりました。もともとはyou tube好きの僕が、動画を見ているときに、ブログをおすすめする動画を見たのがきっかけです

 

ブログを書いて、広告を貼り、読者が訪れて広告をクリックすると、ブロガーに収入が入る。こんな単純なビジネスモデルがあったなんて、知りませんでした。

 

7,8年くらい前に、yahooブログで趣味で書いていたときはありましたが、みんながそんな理由でブログを書いているなんて、全く知りませんでした。だから、3ヶ月くらいで辞めてしまいました。もう少し早く知っていたら、ブログに対する姿勢も変わっていたかもしれません。

 

ですが、なにしろ飽きっぽい僕のこと。どのくらい続くかも分からないし、読者がつくかも分からなかったので、まずは趣味的に始めよう、ということで、まずは書き続けることだけにフォーカスしてここまで書いてきました。

 

過去記事を削除したり、編集したりして、ようやくここまでリリースしている分だけでも80記事を書きためてきました。

 

下書きに戻して、書き直している記事がそのほか40記事。昨年10月よりこの世界に参入し、4ヶ月間、経験としては総勢120記事をここまで書いてきました。

 

収益化の土俵入りができない 

f:id:happylibrary:20200219010747j:plain

 まずは書き続けてきた自分を褒めてあげたい。そして、諸先輩方のブログを見ていると、100記事書くまでがあくまで導入、本格的なスタートはそこから。と書かれている意味も、よく分かってきました。

 

内容も構成もまだまだ、と感じています。収益化の土俵にも乗れない自分の情弱さと、ITに対する疎さにうんざりしてしまいます。せっかくブログが面白くなってきて、書くのが習慣化しつつあるのに、当初の目的である収益化ができないというのも、なんだか残念です。

 

そもそも、アドセンスという言葉自体、今でこそ当たり前に使っていますが、知ったのはここ2ヶ月くらいの間です。諸先輩方はすでに乗り越えておられますが、まだまだよく分からないことがたくさんあります

 

僕ぐらいブログに疎い状態で書き続けている人もなかなかいないと思いますが、もしかしてこれからアドセンスにチャレンジする人もいるかも知れないので、反面教師として読んでもらえたら幸いです。 

 

1.はてなproへの変更

f:id:happylibrary:20200219010844g:plain

そもそも、はてなブログは収益化するにあたって、はてなproに変更しなくてはなりません。

 

たまーにproにしなくてもアドセンスに合格したっていう話も聞きますが、王道であれば、やるべきだと思います。

 

pro化するには、まず数百円を払ってはてなproのための独自ドメインを取得しなければなりません。ドメインをとるためには、お名前.comのようなサイトにいって、販売されているドメインを買ってこなければなりません。

 

2.ドメインってなに?

f:id:happylibrary:20200219010950j:plain

そう、ここでまた思考停止なのです。そもそもドメインってなに。と僕はなってしまったのです。少なくとも「めちゃめちゃメイン」という意味ではありません。

 

これでまた、ドメインについてググらなくてはいけなくなりました

 

まーでも凄いのは、このドメインの説明について、何百と説明しているサイトがあります。

 

僕の解釈では、一番分かりやすかったのは、「ブログの住所」という表現でした。ブログが家なら、ドメインは役所に届け出た居場所、という感じです。この住所を賃貸してブログを書くなら無料ブログ、購入して書くなら有料ブログとなります。

 

www.onamae.com

たとえば普通のはてなブログは、はてな自身がたくさんのドメインを一括して持っていてブロガーに貸し出していますので、ドメイン料金はかかりません。ですので無料ブログ、と言うわけです。

 

はてなはこうしてたくさんの人にブログを書いてもらい、自分の貸しているドメインのブログに広告を貼ります。こうすると、広告がクリックされたときに、ドメイン(土地)の持ち主であるはてなに収益が行くわけです。

 

よくできた仕組みだなぁと思います。だから当然、ドメイン(住所)を貸している店子のブロガーが変な記事やはてなの意図に沿わない記事(エロい記事とか)を書けば、突然サイトが閉鎖されてしまうのです。商売を始めることも、閉鎖の原因のひとつとなります。

 

賃貸住宅で、住むために家を貸しているのに、入居者がオーナーの許可無く商売を始めることなんてできないのと同じです。

 

ですが、ドメイン(住所)を自分が取得してしまえば、ブログという家も、ドメインという土地も自分のものになります。すくなくとも商売を始めても良くなるわけです。

 

ちなみに、イラストのように、サーバーという言葉もあります。これは言ってみればインターネット上の土地。この上にブログやホームページという家を建て、ドメインという住所を取るわけです。

 

3.お名前.comってなに

f:id:happylibrary:20200219013901j:plain

いもづる式にわからないのが、この「お名前.com」です。このサイトに限らず、ドメインを売っているサイトはあるようですが、僕はここで買いました。

 

このお名前.comというサイトが、前述のドメインの販売サイトというわけです。

 

大半のブロガーが、ここでドメインを買っています。WordPressの人達は、ためらいも無くここにたどり着けるようですね

 

www.onamae.com

 

ここに行くと、自分のドメインを購入することができます。僕だと、www://oaoaarcade.work/

というものですね。検索窓に打ち込むURLの形になってきました。

 

4.グーグルサーチコンソールってなに?

f:id:happylibrary:20200219014154j:plain

本気でつい最近までこう思っておりました。諸先輩方のブログを見て、あとはググって調べ、ここにたどり着いたというところです。

 

簡単に僕の感覚で解説すると、自分のブログの記事が、グーグルにきちんと検索されるかどうかを確認するためのツールといえば分かりやすいでしょうか。説明についても、こんな感じで分かりやすく解説してくれているサイトも有り、参考にしてみました

 

www.asobou.co.jp

 

ここで改めて知ったのは、ブログをただ書いても、インターネットには載らない、ということです。

 

この、サーチコンソールとやらに入っていって、自分のサイトのURL(お名前.comなどで購入してきたドメインですね)を登録し、グーグルの記事探索ロボットに知ってもらって、登録してもらえると、ようやく検索画面の何番目かににタイトルが出るという流れです。

 

yahooやgoogleの検索窓に、Google Search Console と打ち込むと、サイトに行けます。開始の仕方は、様々に動画が出ていますので、その通りに進めていくと良いかと思います。僕はこちらのふくろぐさんののブログと動画をみて、その通りに動かしました。

pasokon-kasegu.com

 

5.インデックスってなに?

しっかし、ITの世界は、分からない言葉が多いですね。テクノロジーといかに無縁で生きてきたかを思いさらされます。

 

サーチコンソール関係の記事や動画をみていると、この「インデックス」という言葉もよく出てきます。一体何?と思っている間に、この言葉の説明も無く、次々に説明は続きます。

 

ちょっと置いていかないでよー。と落ちこぼれの学生さながらに、またインデックスをググって、意味を調べます。

 

その結果、僕としては「自分の記事がgoogleのロボットに認識されて、検索画面にでる準備が整った状態をインデックスされる、と表現する」という解釈にいたりました。

 

ブログ収益化してる人は、みんな知ってるの?と思うと、気が遠くなりそうです。しかも、こういったプロセスはまだまさ続きそうです。

 

まとめ いまだ合格ならずですが

こうして書いてみると、たしかにアドセンスに合格できない理由がよく分かるような気がしてきます。いまのところ、5回以上再提出して落ちていますが、(何回落ちたのかは、もう数えていません)不合格の理由は「サイトの停止または利用不可」が多いからです。

 

ほとんどグーグル神様に認識されていないということです。

 

いまはグーグルサーチコンソールを定期的にモニターして、記事が認識されているかなどを確認しています。日を追って、すこしずつ記事が認識されています。

 

まだまだ勉強しなくてはならないことが多そうです。合格まで300記事くらい行きそうな、とてつもなく長い道のりを感じました。アドセンスがすべてでは内ですが、なんとなく通したいです

 

と、ここまでの流れを振り返ると

 

1.はてなproへの変更

2.ドメインってなに?

3.お名前.comってなに

4.グーグルサーチコンソールってなに?

5.インデックスってなに?

 

とまあ、こんな初歩的なプロセスを踏んでおります。直近の回答では、いつもどおりの「サイトの停止または利用不可」に加え、「価値の薄いコンテンツ」というのも乗っかってきました。

f:id:happylibrary:20200219014317p:plain

まさに40の手習い、というやつですか

一難去る前にまた一難と、課題は増え続けていますが、おかげでいろいろググった結果、分かることも増えてきました。今後もググりながら、アドセンス申請を続けていきます

さよならTさん。最期のお別れ。思い出やメッセージ

f:id:happylibrary:20200218010350j:plain

太く短い人生、Tさんらしく去って行ってしまいましたね

早期退職してはや11ヶ月が過ぎました。前職の人達とはほぼ無縁となりましたが、衝撃のニュースが入りました。

 

お世話になったTさんが突然亡くなってしまったのです。

 

僕がうつ病から復帰してからおよそ10年の付き合いでしたが、職場でもっとも交流し、もっとも励ましてくれたのがTさんでした。

 

ちょっとキャラ的にはキワモノで、強烈な方でしたが、僕はビジネスのこと、人間関係のこと、うつ病のことなど、いろいろなことを教わりました。

 

もともと心臓が悪く、ペースメーカーが身体に入っていた方でしたが、結局死因は脳卒中だったそうで。

 

まだ辞めてから何の報告もしてなかったのに、63歳の若さで、逝ってしまったのです。早すぎるよ。Tさん。

 

目次

 

 お別れ前に、顔を見たくて

 

僕も意地を張っていたようなところもありましたが、ちょっと前職関係者との関係は希薄になっていて、お世話になったTさんも含め、いま自分が何をしているのかなんて、ちょっと言えないでいました。

 

しかし、突然の訃報。しかも、プログラム上、葬儀の日の朝に出棺し、葬儀にはもう身体は骨になってしまうとのこと。Tさんの地元は新幹線で一時間ちょっとのところ。

 

お通夜には仕事で間に合わないので、翌日早朝に新幹線に乗って、移動することにしました。

 

目覚ましはかけていましたが、前日の疲れと、あまり慣れない早朝5時起きに身体が反応せず、結局寝坊。あわててタクシーに乗り、いざ新幹線が出る駅へ。

 

意外と僕の地元から新幹線が出る駅までは遠く、結局1万2千円もかかってしまいました。それでもなんとか新幹線には間に合ったのでよしとしました。

 

「やっぱりおまえはだらしないなぁ」と、Tさんがあの世から笑い転げていそうです。

 

1.早すぎますよ!

f:id:happylibrary:20200218025053j:plain

63歳の若さでした。もともと心臓が悪く、ペースメーカーを埋め込んでいたということでしたが、最期は脳出血だったそうです。

 

新しい治験での治療にチャレンジしており、その治療の打ち合わせに医師のところに行き、その5分後に急変してしまったとのこと。奥様とも満足に離すことなく、最期はあっという間に亡くなってしまったということでした。

 

ペースメーカーの件で、よく入院はされており、何度も見舞いには行っていました。だからTさんの入院はよくあることでしたが、まさか亡くなってしまうとは。

 

なんとも突然で、早すぎるお別れでした。Tさんは大きな後ろ姿を残して、さっさとこの世の舞台を引き上げてしまいました。

2.綺麗な顔で、何か安心

f:id:happylibrary:20200218025318j:plain

葬祭場につくと、すぐにTさんのもとへ。家族ぐるみのお付き合い。会社人生で唯一と言えるくらい、家族同士でつきあいのあった先輩です。奥さんと二人のお嬢さんに挨拶し、棺へ。

 

Tさんの顔を棺のガラス越しにのぞき込みます。苦しんで亡くなったようではなく、きれいな顔で横たわっていました。

 

100キロ近くあった大きな体躯はとても小さくなっていました。ペースメーカーを最新のものに取り替えたら、循環が良くなって30キロほど痩せたんだとか。

 

Tさんと話したのは、会社を辞めて引っ越す日にもらった電話で、起業することを告げたのが最期でした。病床でも、会社を辞めた僕のその後については、気にされていたようでした。

 

僕はたいした報告もできず、毎日を必死に生活しているだけでしたが、こうなってしまってはその疎遠さがすこし悔やまれる気もします。

 

おもわず棺の前で、名前を呼びかけてしまいました。「遅かったじゃないか」にやにやしながら迎える、いつものにやけ顔が戻ってくるように思いました。

 

ですが、もうTさんは動きません。もはや真っ青な顔になって、ただ横たわるのみです。ぼくには、見送ることしかできません。

 

社会人として、会社人生や人生観、仕事のこと、夜遊び、人たらしの方法と、いろいろ教わりました。

 

Tさん、ホントにお疲れ様です。

3.感動した家族の愛

f:id:happylibrary:20200218025606j:plain

「いろんなこと、教わりました」と奥様に言ったら

 

「ふふふ、へんなこと、ばっかりだったでしょ」と笑いながら言われました。出棺直前だというのに、動揺も無く、いつもの奥さんです。

 

「この棺、ちょっと特別な形してるでしょ。レクサスっていうらしいのよ。まーあの人らしいから、いいかなーなんて。」奥様は続けます。

 

「すごい名前ですね。それに宇宙船みたいな形してますね」僕はかえしました

 

「ふふふ、そうそう、ちょっと宇宙へおでかけって感じよね」そう奥様は言いました

 

その後、出棺前にお経があげられ、いよいよ火葬場へ出棺となります。Tさんにお花や思い出の品が手向けられました。僕も、Tさんに人生を変えてもらった感謝の手紙を添えてもらいました

 

いよいよ棺の蓋が閉められます。すると、奥様と二人のお嬢様はTさんに歩み寄り、頬にふれ、顔を近づけ、Tさんの顔を抱きかかえました。このときばかりは、明るく振る舞ってきた3人の眼にも、涙が光っていました。最期のお別れが告げられていました。

 

最期に奥様がTさんの耳元に「ありがとう」とささやき、蓋が閉められました。見ているこちらもこみ上げるものがあり、胸が締め付けられます。

 

家族に愛されていたTさん。人として、その最期の勇姿もとても素敵でした。

 

4.会社とTさんの関係、生き方に学んだ10年間

f:id:happylibrary:20200218025712j:plain

いまから10年ほど前、Tさんが53歳のときに、僕はTさんと知り合いました。だから今の年齢くらいの時のTさんを知りません。

 

人づてには、経費も時間もうんと使って、派手な営業活動をしてたとか。本人も、当時の仕事の仕方で、知らないことなんてないくらいにやりきった。と豪語していました。

 

毎日豪快に飲んでまわり、そのツケも回ったのか、身体を壊し、心臓にペースメーカーを入れることになります。その後内勤となったのが、当時のTさんでした。

 

会社との関係は、正直あまり良くなかったと思います。豪快な営業スタイルから慣れない内勤に移りながらも、必死に働き、それでいて必死さを見せず、家族のために給料を稼いでいたんだと思います。

 

人の好き嫌いも多く、そのせいで社内にもアンチは多かったですが、僕はなぜかいろいろ教えてもらい、僕も頼っていました。

 

「いいか、人なんてな、全員に好かれようと思うんじゃない。3分の1がファン、3分の1が浮動票、3分の1がアンチ、これがベストのバランスだ」こんなことをよく言っていました。

 

「嫌な奴なんてな、相手にするとかしないとかじゃない。お前の人生に入れるな。」とも言っていました。

 

いま、この年になって、そのアドバイスが身にしみてきます。

 

5.ありがとうございました

f:id:happylibrary:20200218025925j:plain

Tさんには、感謝しかありません。会社を辞めて起業することは、同期の二人と、Tさんにしか言いませんでした。退職後はできるだけ前職の会社に関わりたくなかったので、こちらからは一切連絡しませんでした。

 

辞める前までは頻繁に連絡していたTさんとも、その後は疎遠になっていました。

 

病床から僕の生活を案じていたというコメントを奥様から聞いて、おそらくTさんは、そんな僕の気持ちを知っていて、わざと僕に連絡してこなかったんじゃないかな、と思いました。

 

なにかそんな、人間臭い、粋なところがある先輩でした。いま天国から「そんなに意地になるなよ」「あんまり無理すんなよ、もともとそんなに優秀じゃないだろ」とニヤニヤしながらアドバイスを投げて来そうな気がしています。

 

まとめ お疲れ様でした。あなたの生き方は、最高でした

f:id:happylibrary:20200218021406j:plain

 

ふりかえると、Tさんの人生の6分の1くらいにしか関わっていないですが、関われて良かったと思います。Tさんが好き嫌いの激しい、ちょっとキワモノの、極めて人間くさい人であったことで、僕も、自分の人生に人間らしさを取り戻せたような気がします。

 

僕の気持ちを振り返ると

 

1.早すぎますよ!

2.綺麗な顔で、何か安心

3.感動した家族の愛

4.会社とTさんの関係、生き方に学んだ10年間

5.ありがとうございました

 

という感じです。

 

さよなら、Tさん。あなたの大きな背中を、追い続けていきます。

f:id:happylibrary:20200218030050j:plain