happylibrary’s diary

脱サラして起業した40代のブログです。人生を勇気づけてくれる出来事を集めています。動画、投資、子育てなどについてもお話しします

3月は繁忙期。シェアハウス投資の醍醐味を楽しむ3つのポイント

投資中のシェアハウスも、ようやく3月の繁忙期らしくなってきました。このところ毎日問い合わせがあり、内見も週に1,2件と、好調な件数を推移しています。

f:id:happylibrary:20200324092328j:plain

 

しかも今月は3件の成約に至りました。部屋数は7部屋なので、彼岸の満室まで後2件です。

 

まだ問い合わせもあり、内見予定も続いているので、この時期に一気に決めたいところです。

 

物置代わりに私物を置いていた部屋も少なくなり、いよいよ物件も人で埋まってきた、という感じです。

 

シェアハウスは、家賃の取りっぱぐれが無いかわりに、運営は難しいと言われます。ですが同時に、やってみると、入居者との距離が近くて、なかなか面白い領域でもあると思います。

 

目次

 

シェアハウスは難しい、というけれど

たしかに物件探し、リフォーム、客付け、管理、いずれも区分や戸建て、アパート経営に比べると、最も難しいのではないかと思います。

 

個人投資家が投資する不動産としては、人間関係がとてもややこしくなる分野です。それだけに入居付けでは苦労します。

 

だれでもいいから入ってもらう、という運営だと、内部をかき回す存在の人も入れてしまうことになるので、信用できない入居者を断る勇気とノウハウが重要となります。

 

ですが、もし普通に家賃を払ってくれる入居者に入ってもらえば、あとは以外と楽しいものです。

 

あまり入居者と仲良くなるのも良くないんですが、僕は人の話を聞くのが好きですし、人の役に立つのも好きなので、聞ける範囲で入居者の悩みなどに寄り添ったりしています。

 

この3月の反応や、ここまでの運営ノウハウも少し書いてみましたので、シェアハウスをやってみようと思う人の動機づけくらいになれば幸いです。

 

1.それまでの月とまったく反応が変わる

f:id:happylibrary:20200324092428p:plain

僕の運営しているシェアハウスは、物件を比較的安く仕入れているので(そのノウハウはまた今度にでも)、家賃も周りより少し安めにしています。

 

ただし、入居条件と立地は、その分やや厳しめです。

 

そんなわけで、10月にオープンしながらも、2月末まで、7部屋の空き部屋に対し、入居2名と、さみしく閑古鳥が鳴いていました。

 

正直、1~3月が繁忙期なので、もう3月には期待していませんでした。1,2月が惨憺たる状況だったので、しばらく入居には苦労するだろうなーと思っていました。

 

満室になるには半年はかかると思っていたので、その分までは儲けが出ないものと準備はしていましたが、ほんとにこれほどまで苦しむと、気持ちも絶望的になり、すさんできます

 

ですが、3月にはいって流れが一変しました。問い合わせの量もかなり増加し、内見に来てくださる方も増えました。

 

やはり、4月から学校や会社などにおいても、いろいろと新しいことが始まるのに対し、準備する人が多いんでしょうか。このあたりは大家業だとかなり実感します。

 

この機会に転職した、会社を辞めた、というかたも多く物件を訪れました。なかには入居してくれた方もいらっしゃいます。

 

とくに3月10日も過ぎたあたりからが多かったように思います。コロナショックとは対照的に、物件の入居者数は好調でした。

 

2.条件を下げてはいけない

f:id:happylibrary:20200324092528j:plain

ただし、大幅な条件変更は行いませんでした。いままでの入居者さんからは、「このままだとあまりにも物件内がさみしいので、すこし条件を緩和してでも入居者を入れてあげて欲しい」という声も聞かれましたので、多少条件の内容に手を加えはしました。

 

ですが、保証金をもらう、保証人をとる、など、ちょっとシェアハウスにしては厳しめの条件(アパートや区分マンション賃貸によくある条件)については、外しませんでした。

 

いくら繁忙期とはいえ、誰でもいいからはいってほしい、というのでは、やはり入居のルールや生活の秩序が乱れてしまいます。

 

シェアハウスなので、いろんなひとが住むのは当たり前のですが、それでも最低限の価値観は似たようなひとをそろえるほうが、運営はしやすいと思います。

 

うちはとくに家賃を低めに設定してるので、信頼できる人に住んでもらうのが狙いです。

 

夜逃げしない、他の入居者やご近所に迷惑をかけない、やちんをきちっと支払ってくれる、といった、賃貸経営ではあたりまえのことをきちんとまっとうしてくれる人に入居してもらうようにしています。

 

そのために、なかなか入居者と条件が折り合わず、苦しい展開になるんですが。

 

苦しい経営でも将来を見据えてやり続けるか、すぐに利益をだそうとして難しい運営を強いられるか、を天秤にかけて、いまは苦しい方を選んでいます。

 

3.入居者に自治の意識を

f:id:happylibrary:20200324092555j:plain

内装やインテリアにも、ほとんどお金をかけていません。その分、入居者には好きな家具を持ち込んでカスタマイズしてもらうようにしています。

 

共用部も、最低限の品物だけ揃え、入居者のオーダーにあわせて揃えるようにしています。こちらの趣味では無く、入居者の趣味で家を作ってもらいます。

 

こうすることで、内装代をプールし、入居者の要望に最大限応えられる準備をします。

 

自分の部屋の内装を作り上げると、だんだん住環境をよくしたい、と思うようになってくるので、入居者の方から、共用部についても要望が出ます。

 

このときに、こちらは予算があまりないこと、入居者全員の役に立つものであれば、購入を検討することなどを伝えておくと、周りも含め、どのようにすれば住環境が良くなるのかを自分たちで考えてくれます。

 

入居条件を厳しくしておくと、こういったときに、わがままを言ってくるひとがいないので、助かります。

 

いまの物件は、自分だけが良ければいい、という人がいないので、予算面も含めて、より魅力的な物件作りに協力的です。

 

僕自身、家具や内装のセンスが無いことはじゅうじゅう感じていますが、実際住んでいる人達から自治力の高い意見をもらうと、より住みやすい環境を整えることができると思います。

 

まとめ 楽しみながら、住まいを作る

ここまでの話をまとめてみます

 

1.それまでの月とまったく反応が変わる

繁忙期を迎えると、問い合わせも増えます。多少それまでの経営が厳しくても、3月の中旬から下旬に問い合わせが来れば、ある程度空室は埋まります。

 

2.条件を下げてはいけない

とにかく、やるべきことをやっていれば、問い合わせは来ますので、安易に家賃を下げたり、条件を変更しないことです。しっかり家賃を払ってくれて、品格のある入居者が現れるまで、根気強く待つことだと思います。経営が黒字化すれば、多少入居率が下がっても、強気でいられます。

 

3.入居者に自治の意識を

入居者が自分の物件に興味を持って、自分の工夫で変化させていきたい、とおもう環境設定を支援するのが大切だと思います。自治の意識が上がると、物件の魅力が上がり、宣伝項目が増えます。入居希望も増えます。

 

f:id:happylibrary:20200324092640j:plain

自分の家くらい、わがままでいたい。これはだれでもそう思うところでしょう。ですが、共同生活で、となると、どうしても制限しなければいけない部分も出てきます。

 

これはアパートやマンションでも同じことです。下の階の人に足音を聞かれないように、とか、ベランダでたばこを吸ってはいけない、とか、なにかしらは気を遣いますよね。

 

そんななかで、シェアハウスは見知らぬ人との共同生活ですから、さらにややこしいわけです。

 

だからこそ、せめて楽しみながら住まいを作る。わがままとの境界線が微妙な線ですが、人と協調できる入居者を集めることが大切なのかな、と思っています。

 

 

オリラジ中田の金持ち父さん解説。わかりやすいおすすめのポイント3つ

オリラジのあっちゃんこと中田敦彦さんがyou tuberとなって久しいですね。

f:id:happylibrary:20200320222454p:plain

 

もうチャンネル登録者数も100万人を越え、凄い人気となっています。TV番組「しくじり先生」でもあった弁舌の鋭いプレゼンがyou tubeにて連日見ることができるようになって、僕みたいに興味を持ってみている視聴者の方が多いみたいです

 

中田敦彦you tube大学」この番組が、本の書評、歴史の解説、金融知識の説明など、多岐にわたっていて、内容も分かりやすく、面白いので、改めてレビューしたいと思います

 

一部、説明している部分が間違っている、などと揶揄されることもありますが、そんな世間の冷たい評価をものともせず、you tubeに挑戦し続けるあっちゃん、かっこいー。かっきーん!武勇伝武勇伝、武勇伝でんででんでん

 


【金持ち父さん①】お金持ちになる手順

 

このあっちゃんの解説動画のなかで、最近特におもしろく、一気に動画3本を全部見てしまったのが、金持ち父さんシリーズの動画でした。

 

書評と言うよりも、この長編ファイナンス書籍のレビューであり、動画内では、シリーズの中でもよく読まれている4つの書籍について、読む時間のない人にでも、読んだと言えるくらいの解説を、一気に行っています

 

目次

 

お金持ちになるための考え方を、本の内容に即して解説

金持ち父さんシリーズは、もう10年以上も前に発表となり、世界中の投資家に影響を与えた投資本の大ベストセラーです。

 

実は僕も好きな本のシリーズで、第一次のブームが去った12、3年ほど前にちょっとした気持ちで手にして以来、衝撃を受けました。

 

だから、僕もこの本のシリーズは結構好きで、あっちゃんの動画で説明されている4冊は、すべて2回以上読みました。

 

ですが、ここまで分かりやすく、それも動画という限りある時間の中にぎゅっと内容を押さえきった説明動画は、なかなか無いと思います。

 

自分だったら、動画3本の中で、ここまで要点を押さえてこの本の内容を説明するのは、とても難しいなぁと思ってしまいました。

 

今回は、本の内容はいったん置いといて、あっちゃんのレビューのうまさ、分かりやすい説明ポイントを3つお話ししたいと思います

 

1.しっかりと読み込んだ内容理解

f:id:happylibrary:20200320233740p:plain

金持ち父さんシリーズも、揶揄さえるところはありますが、経済本として、または投資や会計にふれるための本としては、絶大な人気を誇っています。

 

ストーリーの流れと、そこから得られる教訓を理解しながら読み進めることができるので、説明が分かりやすいし、実際行動に移す勇気も与えてくれます。

 

僕自身、投資で身を立てようと遙か10数年まえに想いを決し、投資を開始したのも、この本を読んで刺激を受けてからでした。この本が無ければ、ぼくが投資人生を歩むことは無かったともいます。

 

それくらい、引き込まれたし、自分の性格や状況と合っていた。そんな本です。

 

ですが、とても長い!これが強いて言うならこの本の弱点では無いでしょうか。

 

引き込まれれば、時間を忘れて読み込んでしまうので、あまり時間やページ数は気になりませんが、初めての人で、時間の無い方が手に取った場合は、あまりの長編ぶりに、「やっぱり投資はむずかしい」と思わせてしまうような量の多さがあります

 

あっちゃんの動画では、この長さを感じさせないために、要点を絞って説明しています。

 

長編で語られている中でも、とくに重要、抑えるべき点をしっかりと理解し、限られた動画の時間の中に抑えたうえで、説明を行っています

 

本を読むのが苦手な人でも、このあっちゃんの動画を見れば、お金持ちがどうやってお金持ちになっているかについて、そのルールを理解できます。

 

実際に本を手に取って読んでみたくなる。そんな一面も持っています。これはあっちゃん自身も、よくよく4冊の書籍をよみこんでいるからこそできるプレゼンなんじゃないかと思いました

 

あっちゃんの見えない努力が垣間見れる一面です。

 

2.ホワイトボードを使って、要点を絞って話す。


【金持ち父さん③】日本のファイナンシャル・リテラシー

「お金持ちは、お金のためにはたらかない」「資産と負債」「4つのキャッシュフロークワドランド」「会社を作って節税する」など、このシリーズは、覚えておきたいポイントが何度も手を変え品を変え説明されていきます。

 

あっちゃんの動画では、そのなかでもとくに抑えるべき事項について、図もつけながらホワイトボードに表し、細かい説明を入れていきます。

 

これによって、ちょっと取っつきにくい投資の言葉や、金融の言葉などにも、一定の理解を得ながら理解を進めることができます。

 

そして、4冊のと書籍が順番に表していることについても、体系的に説明していきます。

 

そして、同じことをくり返し説明している部分の重なりを省き、特に大切にしているお金持ちになるためのポイントをもれなく、ダブり無く教えてくれています。

 

3.各パートで笑いを入れながらしゃべる

f:id:happylibrary:20200320233838j:plain

どんなに難しい金融や投資の話を分かりやすく説明していても、長すぎたり、わかりにくい説明だったら、ほかで説明して欲しい、と思うこともあります。

 

そこは、あっちゃんの真骨頂であるプレゼン力と、やはりお笑い芸人であるお笑いの力で、あいだにちょこちょことアイスブレイクを入れてくれます。

 

4冊の本はもちろん長すぎる、動画でも3本はちょっと、と思われる方でも、この3本であれば、通勤時間のちょっとした隙間時間などに見られる程度の容量でお届けされています。しかも要点が押さえられていて、わかりやすさもある。

 

抵抗感は少なく、しかも得られる効果は大きいと思います。

 

どうやって蓄財するか、どうやって運用するか、どうやって利殖するのかといったノウハウについて、また心構えについて、ひとつひとつ本の中で語られるポイントが解説されていきます。

 

まとめ ぜひとも本への発展を

f:id:happylibrary:20200320234005j:plain

シリーズはこのほかにもたくさん!

この動画を見て、興味を持った方は、ぜひ書籍を読んでみることもおすすめします。この記事は動画のレビューなので、まずはあっちゃんの動画の説明を。ここまでの内容を振り返って見ます。

 

1.しっかりと読み込んだ内容理解

2.ホワイトボードを使って、要点を絞って話す。

3.各パートで笑いを入れながらしゃべる

 

こんなことが動画内で展開されています。なんとなく、あ、あっちゃんらしくて知的で面白さもあるなーなんてみていると、気づくと終わっている感じです。

 

それでいて、お金持ちになるための必要な知識も、整理できます。また、本を読んでもう少し勉強しよう、とか、実際に得られた知識をつかって行動に移してみよう、という気も起こさせてくれる動画です。

 

あっちゃんは、この3本の動画作成を機に、さらに金融についての動画をより充実させていきたい。という抱負も語っていました。

f:id:happylibrary:20200320234157j:plain

 

今回のレビューに加え、さらに別の金融本、投資本の解説などが行われそうです。楽しみに待ちたいと思っています

 

戸建て投資の基本的な抑えどころ4つ。もう悪徳不動産屋に騙されない。

決して規模は大きくないですが、大家をしていると、いろんな人から「儲かるの」とか「大変?」など、言われます。

f:id:happylibrary:20200319232405j:plain

そりゃ大変ですよ。ひとりでやってますんで。と言いたいところですが、そのかわり、儲かったら、利益は総取りです。それも家賃という形で、インカムゲインで入ってきます。

 

毎月毎月、お給料のようにある程度の額が入ってくるのは、なかなか気持ちの良いものではあります。家賃収入が30万も越えてくると、やっぱり密かにこころはホクホクとしてくるものです。

 

最初は苦労しますが、やはりこれだけの利益を生み出せるとなると、やって良かったと思えるところもあります。

 

  

決して簡単ではない、投資の究極型

f:id:happylibrary:20200319232508j:plain

おおくのお金持ちがサイドビジネスとしても行う不動産投資は、投資の中でも安定感が高く、そしてお金さえあれば成功しやすいと思われがちです。

 

誰だって、潤沢なお金があれば、アパートやビルの一つも資産としてもって、家賃収入を得てみたいと思うでしょう。不労所得の代表格とも言われています。

 

たしかに、ビルやおおきなアパートを持っていれば、それだけで月収が100万を超えます。経費を払ったって、7,80万は毎月手取りとなるでしょう。となれば、家賃収入だけで年収一千万です。

 

人生楽勝となるでしょう。

 

ですが、それほどまでの余裕のある不動産投資は、億を超えます。個人投資家が不動産投資で荒稼ぎするのは、結構えげつないやり方で高い利回りを実現したりしないと、なかなか難しいと思います

 

ですが、世の中には「不動産なら楽に儲かりますよ」という人が多すぎるように思います。そこで、最低限抑えておきたい不動産屋の甘言に騙されないポイントをご紹介します。

 

とんでもない物件を高づかみすることが無いよう、参考になれば幸いです。

 

1.決断はあくまでも自分。業者にせかされない

f:id:happylibrary:20200319233327j:plain

 

今日も相談がありましたが、相談者の人は、不動産屋にせかされていました。安い物件、掘り出し物、買付者が多数いる、今買っておいた方が良い。などと言って、早く購入した方が良いと促したそうです。

 

実際、安い物件と言っても、不動産は数百万以上はかかる投資です。よっぽどの金持ちじゃ無い限り、数百万もの物件を買って、もし損をしたら大損害となってしまいます。

 

夢の家賃収入の生活になるはずが、とんでもない赤字物件を抱えることになり、しかも売ろうとしても売れなかったりして、結局自分で住むことになってしまったりするような可能性もあります。

 

しかも、まだ自分で住んで、住み心地が納得いけるほど良ければ別ですが、そうじゃなかった場合、人生がとてもつまらないものになってしまいます

 

ある程度の出口を考えておく、ということも必要でしょう。

 

「最悪、自分で住めば住める」「そんな生活になっても後悔しない」「賃貸以外の活かし方に変更できる」など、予定した賃貸経営の形がとれなくなった場合でも、自分が納得できる利用ができる。

 

と思えるような物件、心がときめく物件を買うことが大切です。

 

そもそも、自分で納得できる物件にしておかないと、インカムゲインが得られなかったときに、業者のせいにしてしまいがちです

 

「あのとき、あの営業マンが儲かると言ったから買ったのに」というような不満は、よく聞きます。

 

ですが、時すでに遅し。買う前が一番肝心です。買ってから不動産屋を詐欺師扱いしても、お金は返ってこないのです。

 

だからこそ、購入に責任を持つことが大切です。一時の業者のすすめに乗せられないように注意し、自分の意思で納得して購入を決めるべきです。

 

2.接している道路の幅を確認(再建築不可物件じゃないか?)

f:id:happylibrary:20200319232831p:plain

ここからは、ちょっと法律や宅建のサイドから見たお話になっていきます。見落としがちなのは、「再建築不可」の物件です。

 

いいな、と思って物件を観察していくと、条件の最後のところに「再建築不可」といった表示が書いてあります。

 

こういう家は、建て替えができません。ずっと古いままの家で住み続けなければなりません。

 

マイソク(物件概要書)には、必ず再建築不可と書かなければなりませんが、こういったことも確認しましょう。

 

とくに、接道が4メートル以上幅がある道路に2メートル以上接していなければなりません。

 

こういった条件に当てはまらない場合は、再建築不可かどうかは確認しましょう。

 

実は、再建築不可物件は、物によっては宝の山に変えることが出来る可能性を持っています。

 

ですが、基本を押さえるという意味であれば、再建築不可物件はちょっとかわして、まともな物件を選ぶのがよいと思います。 

 

3.無許可の増築などが行われていないか(建築確認がとれるかどうか)

f:id:happylibrary:20200319233507j:plain

安い一戸建てにありがちなのが、無許可で行われた増築のあとです。ちょっとした物置や、屋根付きのちょっとした小屋、とってつけたような少しのスペースなどがあれば、要注意です。

 

まえの家主の人が、生活している中で、より自分にとって住みやすくするために、すこし家を拡張したり、物置を置いたりする、ということは結構あります。

 

そして、このちょっとしたスペースにいちいち建築確認は、とらないケースが多いのです。

 

自治体のホームページを見ればよく載っていますが、屋根付きのスペースを作った場合は、きちんと登録しましょう、などと呼びかけられています。

 

建築基準法に照らせば、違法になってしまいます。

 

まぁ、人手もそこまで無いし、そこまで細かく当局側がしらべることもないのでしょうけど、あとはその家を引き継いで大家になる人の倫理観、まさにいまよく謳われているコンプライアンスの問題になってくるところですね。

 

自分で住むならともかく、人に賃貸するつもりで買う以上、どこに出しても、誰が見に来ても問題ない家で賃貸する。これが一番さっぱりとしていて、気持ち的にすっきりと正しく商売できるのではないでしょうか。

 

4.一部屋につき窓一つ、居室7㎡、天井の高さ平均2.1メートル(建築基準法を意識)

f:id:happylibrary:20200319234019p:plain

これも見落としがちであり、倫理観が問われるところです。ただし、法的には、この大きさを保っていない家は、やはり違法な物件となります。 

 

災害時に逃げられるための窓、人一人が住むとして最低限の広さの確保、人一人が立ち上がったときに問題なく、照明との距離もほどよい最低限の天井の高さ。

 

こういった要素は、これまた賃貸するなら、入居者のためを思えばこそ、の最低限の住居空間です。

 

これを提供する、しないは、究極的には大家さんの倫理観だと思いますが、気持ちよく大家さんをするなら、しっかりと準備さえるべき点だと思います。

 

後々建て替えできない、違法性を否定できない、などの点を残しながら賃貸を続けるのは、とてもストレスとなります。

 

ただ安い、というだけで飛びつくと、後で大きな代償を払うことになり、結局高くつくことになりますので、気をつけた方が良い、と個人的には思います。

 

まとめ 複雑な投資だからこそ、気持ちよい住まいを提供しよう

f:id:happylibrary:20200319234113j:plain

ここまでの豪邸を提供するのは大変ですが(^_^;)

いろいろな要素が絡む不動産投資。だからこそ自分の中にぶれない判断軸を持つことが大切です。

 

僕はなるべく自分にストレスが無いことと、住む人が気持ちよく住まう場所を提供するように心がけています。青臭いと言われるかも知れませんが、それが一番自分がぶれなくて済みます。

 

今日お話ししたのは、そんなぶれない投資をするための最低限の必要項目です。もう一度振りかえってみますと

 

1.決断はあくまでも自分。業者にせかされない

2.接している道路の幅を確認(再建築不可物件じゃないか)

3.無許可の増築などが行われていないか(建築確認がとれるかどうか)

4.一部屋につき窓一つ、居室7㎡、天井の高さ平均2.1メートル(建築基準法を意識)

 

に気をつけることです。

f:id:happylibrary:20200319234319j:plain

 

ほかにも実際やってみると、いろいろありますが、入口としてはこういったところかと思います。

 

株や投資信託などと同じで、なにかしらのぶれない軸があれば、その後の投資もやりやすいと思います。

 

ぜひ、自分のぶれない軸をつくって、まずは騙されない不動産投資に挑戦されることをおすすめします

ナルコレプシーの対処について。子供から教わる子育ての注意点3つ

息子があまりにも授業中に眠るので、学校の3者面談のとき、中学校の先生から心配されました。

f:id:happylibrary:20200315004137j:plain

 

バスケ部に入っているので、疲れもあると思うが、これだけ眠るのは、本人の意思と関係ないのでは?という問いかけでした。

 

かみさんがさすがに心配して、この件を僕に相談してきて、僕もようやく気づきました。

 

というわけで、街のメンタルクリニックに行ったところ、ナルコレプシーの可能性ありとの診断で、睡眠専門医のところで検査という流れになりました。

 

怠けているように見えるけど

ナルコレプシーとは、突然眠ってしまう、という過眠症です。息子はまだ確定診断(決定)となったわけではありませんが、その線が強いようです。

medicalnote.jp

 

神経系の疾患で、本人の意思と関係なく強い眠気が起きるため、睡眠を自分でうまくコントロールできません。

 

このため、授業中や、人との会話中、怒られている時ですら、眠くなってしまうのです。

 

だらしない、怠けている、とみられがちな疾患で、僕も息子には怠慢なところがある、と思っていましたが、実はそうでもないようです。

 

ググってみたところ、完全に一致するわけではないけれど、近いものを感じました。もしかするといままで「だらしない」と言って怒っていたのは、あまり意味がなかったのかもしれません。

 

子供の過去を振り返ってみるたびに、色々親として考えさせられるものがありました。頭ごなしに叱ることがないよう、書き留めることでもう少し息子への理解を深めたいと思います。

 

1.怠けているわけではない

f:id:happylibrary:20200315010057j:plain

先ずは、本人のやる気の確認です。基本的にまだ中学一年なので、諦めやすい面は持っています。

 

それで、とても動作が怠慢にみえます。うちはまだ塾には行かせていないので、学校の宿題だけはきっちりやるよう言っていますが、宿題をやるどころか、ゲームをしているか、眠っているかのどちらかです。

 

自分から机の上にいくことは、反抗期な時期もあって、先ずありません。

 

まあこの辺は、僕だって中学一年のときはそうだったので、納得です。

 

ですが、やりなさいと強制したり、もしくは一緒にやろうと促しても、返事はするものの、まったく取り組みませんし、すぐ眠ってしまいます。

 

ゲームをやるか、眠るかの二択です。横について、一緒に勉強していても、話を聞いている途中で急に寝てしまいます。

 

これだけ聞くと、本当に怠けているようにみえるかもしれません。ですが、本人には少なくとも怠ける気持ちはないようです。

 

ただ、なんとなく気がついたら眠ってしまったりすることで、損をすることは経験があるようで、いつの間にか自分がなにをやってもうまくいかない気持ちにはなっていたとのこと。

 

もしかすると、眠っているところを叱ったりし続けたことで、本人のモチベーションが落ちてしまったのかも知れません

 

2.恐ろしいまでの眠気

f:id:happylibrary:20200315010150j:plain

僕も、それほどまでには感じませんが、時折強い眠気に襲われることがあります。クルマの運転時にも感じたことが有り「疲れているのかな」と道路脇で仮眠を取ることもよくありました。

 

また、こうしてブログを書いているとき、電車で考え事をしているとき、なども、気がついたら寝ていた、ということもあります。

 

あまり、ゆっくりと眠くなってくる感覚はありません。電池が切れるように眠りにつく、という感じです。そんなことだから、普通の夜の就寝には頭の中で電池が切れないこともあり、寝付きが悪いこともよくありました。

 

もしかすると、そういう部分を息子が引き継いでしまっているのかもしれません。

 

確定診断はこれからですが、少なくとも僕と状況が同じようなら、たしかに眠気に襲われたときの本人は可哀想かも知れません。

 

集中していても突然来るような眠気、興味ないことを我慢して見聞きし続けるときに現れる眠気、それはもう、気絶するかのような眠気で、悪気も、意識もありません。

 

3.スリープクリニックできちんと検査を

f:id:happylibrary:20160427093432j:plain

睡眠ポリグラフ検査という、睡眠状態の検査。機材を一杯つけて寝ます

中学校の先生の指摘を受け、近くのメンタルクリニックで診察を受けました。先生は「ナルコレプシーなのかも知れないですね」と言って、専門医を紹介してくれました

 

スリープクリニックを名乗っていて、本格的な睡眠についての診療をするクリニックです。

 

現代は、一昔前と違い、こんな専門医があるのだ、とすこし驚きました。

 

かみさんと息子がその専門医のところにいったところ、いろいろな機材を借りて帰ってきました。聞けば、一週間の睡眠のリズムを図るとかで、寝返りの回数などを計る装置や、睡眠時の呼吸状態、心拍数の状態などを調べる装置もついていました。

 

睡眠ポリグラフ検査なるものだそうです。

 

一夜が明けて、息子に眠り心地を聞いてみたところ、「装置がいっぱいついてて、眠りにくかった」と言われました。まぁ、当たり前ですね。

 

とりあえず、そんなことで、現在は装置をつけての睡眠です。ちょっと可哀想だけど、がんばってと言いたいですね。

 

まとめ 親も理解しなければならない

もし、お子さんがナルコレプシーだったら、子供の居眠りを責めてはいけないでしょう。うちは結構叱ってきたので、子供が「どうせ何をやっても自分は成功できない」という潜在意識を抱き始めていました。いまは指導の考え方を変えるように努めています。

 

ここまでの話を振り返りますと

 

1.怠けているわけではない

本人には怠けたいという悪意があるわけではありません。むかしのTVドラマにあった、不良が授業をボイコットする意味で寝てしまうのとは、ちょっと違うようです

 

2.恐ろしいまでの眠気

気絶するかのような眠気がきて、本人の意思とは関係なく眠くなってしまいます

 

3.スリープクリニックできちんと検査を

かといって、自己判断で「ナルコレプシーだ」と決めつけるのはよくありません。ウチも検査中ですが、検査を受けた上で、確定診断となりますので、ナルコレプシーが疑われたら、睡眠専門医にきちんと検査してもらうことも大切です。

 

f:id:happylibrary:20190204152721j:plain


 

とにかく、本人のやる気がない、とか、怠慢だなどというレッテルを貼るべきではないでしょう。このやる気のなさは、起きてる時間にも影響してしまうようなので、とてもやっかいです。

 

ただ今のところは、無自覚に睡眠に入ってしまうようなので、息子の辛い状況は、親が察してあげなければいけないな、とも思います。

 

もし診断がついてしまったら、疾患を正しく理解して、適切に対処する努力をしようと思います。やるきのなさ、モチベーションの低さに引っ張られて、叱り飛ばすことだけは無いよう、頭の中で反省しています。

下がっているときに買う。テクニカル逆張りは経験と度胸

先日、コロナショックに負けたくない、と気力のブログを書きました。

 

www.oaoaarcade.work

 

 

いくつか強気に買いましたが、FXに関しては、なかなかいい感じで的中してくれました。

 

あの後、107円台で確定し、108円を待たず、もみ合いのところでもう一度ドル円を売りで仕込んだ分、円高で跳ねました。101円台は見逃しましたが、103円台で確定しました

 

しかし、その後は二度の105円復帰で失敗、さらに106円の復帰もあり、3連敗です。とはいえ、円が回復基調なら、世間的には取引が正常化します。ある意味喜ばしいことです

f:id:happylibrary:20200313231619j:plain

また、ほかの長期投資系はだだ下がりとなっています。

 

コロナショックも相変わらず収束の見込みありません。

 

中国のホントかどうかよく分からない(3月12日、新感染者数8人/日という話ですが)情報が若干収束に傾くか、といったくらいです。

 

これだけの先行きの見えない情報に加え、実際の経済活動も軒並み自粛や縮小しているわけですから、下がるのはもはや当たり前です。

 

ですが、前回のブログ同様、ここで弱気になってはいけない、とさらに買いに突っ込んでいます。

 

目次

 

暴落が来た!

f:id:happylibrary:20200307020512j:plain

誰もが嫌になるムードですが、悲観してはいけないし、悲観すべきものでもありません。と僕は勝手に思っています。

 

こういう時こそ、敢えて買いをやめず、買う量を増やします。

 

当然、ここまでやるのはだいたいバカだ!と言われますので、人には勧めません。人に勧められるような買い方ではありません。

 

ちょっと前に書いた日産の逆張り記事についても、あの時からさらに下がっています。

 

www.oaoaarcade.work

  

手持ち資産は、軒並み下がっています。30%近く下がった日産株を筆頭に、REITもインデックスも、長期投資系はガッツリ下がりました。

 

しかし、今回も買いで入り続けています。順張りのみしか知らなかった10年前、リーマンや東日本大震災で大変痛い思いを経験しました。

 

以降逆張りに転向して、小さい利益を拾ってきた僕としては、ここが転向以来最も大きな節目を迎えています。

 

でも、市場というのは、上がったり、下がったり。

f:id:happylibrary:20200303132319j:plain

 

不安で損切りし、売る人がいる傍らで、買う人がいるから成立します。

 

暴落した時に買うことで、景気を底辺で下支えしているのです。

 

別に聖人君子のような善意やボランティアで買うわけじゃないけど、そう考えたら、気持ち的にも、いい気分です。

 

1.大暴落しているときに買う

www.oaoaarcade.work

 

ちなみに、20代くらいで株を始めた時、根拠もなく買った値段が思い切り高値で、結局その辺りの価格を最高値に、ガンガン下がっていったことを覚えています。

 

そのあと、株の雑誌や本を読み、何度も底値買いを目指しましたが、うまくいきませんでした。

 

そこで、タイミングを一歩ずらすことにしました。

 

暴落時の購入です。どこまで下がるかわからない時に買いを入れるのは、勇気が入ります。

 

ですが、このくらい早いタイミングで見切りをつけると、結局は最安値周辺で買えることもあります。

 

2.売りで入るのもあり

f:id:happylibrary:20200313235908j:plain

これは最近知ったのですが、お金持ちは暴落に従って稼ぐ、とも言います。ちょっとお金はかかりますが、信用取引で売りから入っています。

 

売りから入るわけですから、いずれ株は返さなければなりません。返済期日があるため待ったなしの状態ですが、市場が下がり目と分かっているなら、短期でトレードします。

 

まさにショート(売りのこと)です。これは決して堅実な話ではないですが、しかし、暴落すれば大きく利益が出ます。

 

市場というのはたいがい、ちょっとずつ価格を上げる反面、暴落するときは一気に行きます。まるでジェットコースターのようです。

 

だからこそ、じわじわと上がっているときに、着々と売りを仕込みます。目安は、

  • 過去一ヶ月の中でもトップクラスに価格が上がっている(今回のドル円で言えば、112円をつけたあたり)
  • だれもが投資をやった方がいいと言い出す
  • yahooニュースあたりで、世間の不安が煽られるニュースが出る(今回はコロナなど)
  • こうしたニュースについての話が世間話に出てくる

などです。よく、景気が良くなると、貯金より投資の話が多くなります。自分の家族や仕事先、取引先でいままでまったく投資に興味のなかった人たちが、「これからは投資の時代だ」と言い始めた当たりが狙い目だと思います。

 

テレビのニュースで「日経平均がいくら上昇!」とか「ダウが過去最高!」とか言い始めるあたり、自分の奥さんが投資に興味を持つあたり、仕事場で投資する、しないの話が出るあたりはポイントだと思います。

 

ジェットコースターで言うところの8割か9割くらいは序盤の山を上り詰めているところです。

 

このあたりで売りに参入すると、どんと暴落します。今回はドル円が112円をつけたあたりで、コロナウィルスのニュースも飛び交いましたので、すぐに下がりました。ある意味分かりやすいぐらい下がってしまいました

f:id:happylibrary:20200314000043j:plain

 

ほかのお金持ちはどうやっているのか分かりませんが、僕の場合は、べつに手持ち資産を売っている訳ではありません。

 

手持ちの資産は、暴落を感じれば、ちょっと売ったりはしますが、僕は別に暴落の予感を感じとることはできません。

 

十分なインカムゲインから得られるキャッシュフローを、この逆張り(ショート)に仕込んでいくのです。

 

そして、暴落がおこれば、仕込んだショートから利益が出ます。(手持ちの資産は暴落します。)今度はそれを手持ちの資産に入れていきます。

 

こうすることでリスクヘッジしています。(資産全体としては下がっています)そして、まだ下がっているあたりから買いを入れていきます。

 

3.ドルコスト平均法で淡々と買う

f:id:happylibrary:20200314000430j:plain


安くなっているので、たくさん買い込む必要はありません。

 

ドルコスト平均法でいえば、いまが同じ投資額で安く買える時期です。

 

かと言って、おそらく現金がないと思いますので、毎月投資に使っている額を淡々と入れ続けます。

 

焦って大量のお金を入れる必要はありません。

 

どこでチャートが上向きに切り返してくるかは、だれも分からないからです。

 

度胸と、忍耐力、資金的な体力の問題です。借金してまで買い込む人もいますが、相当な相場師は別として、個人投資家はするべきではないでしょう

 

ですが、買わないという選択肢はありません。こういう時に、淡々と買いを入れ続けることが大切です。

 

例えば月5万をインデックス投信に投資しているなら、5万一括ではなく、1万ずつくらいに分け、30日間を5で割った6日を1ターンとして購入します。

 

暴落時は、日を追うごとに安くなっていくので、購入タイミングを分けると、今週より翌週、翌週より翌々週あたりの方が、より安く買えます。

 

今回のように、解決の先が見えない事象が原因だと、ダウでも起こっているように、ストップ安が断続的に何回もあったりします。 

 

4.暴落の原因がはっきりしていれば買い込む

f:id:happylibrary:20200307012536j:plain

ですが、それでも買い入れ続けます。下げながら買う、という感じです。どこが底値かは、後で分かります。逆に、底値を感じてから買いをいれても、手遅れになります。

 

今回の暴落の原因は、ここまで来るとコロナウィルスにたいする人々の不安であることは明らかです。

 

収束の兆しが見えれば、力のある企業、経済活動ができる企業から株価は回復していくことになります。

 

収束の兆しが見えてから、では、僕ら個人投資家は後れを取ってしまいます。いつ収束してもいいように、その日、その瞬間が収束する、底値になる、と思って買いを続けます

 

まとめ 人の噂も75日

これ、本当に投資ではよくできたことわざだと思います。だいたい、企業の不祥事による暴落なども、75日くらい、3ヶ月弱くらいたつと、回復してきます。

 

今回もコロナ収束の兆しが出れば、3ヶ月もすると、市場も元に戻る可能性が高いと見ています

 

ここまでの話を振り返ってみますと、

 

1.大暴落しているときに買う

2.売りで入るのもあり

3.ドルコスト平均法で淡々と買う

4.暴落の原因がはっきりしていれば買い込む

 

と、こんなことにポイントを置きつつ投資しています。リーマンや震災の経験を活かし、強い度胸で下げながら買う、を続けています。

 

反発してくれれば、その後のインカムゲインも期待できます。問題はこっちの経済的体力が持つかどうか。

 

ちなみにFXでは、予想以上に早く回復基調に入ってしまい、誤算となっています。ですが、コロナが収束していない以上、もう一度円高に動くのではないかと、106円、107円、108円のところで売りを仕込んでいます。

 

それぞれに、一円円安になったら買う、という逆指値を入れています。すこし損をしてでも、相変わらずトレンドとは逆張りです。

 

まさに「肉を切らせて骨を断つ」ような投資です。すでに106円の仕込みは、107円に到達してしまったので、取引が完了してしまいました。無念

f:id:happylibrary:20200314002507j:plain

 

とにかく、粘るのみです。

労働収入にインカムゲインをプラス。手堅くたくさんの収入を手に入れる方法

f:id:happylibrary:20200307085451j:plain

30代くらいのころ、仕事が辛くなってきて、一体いくら稼げばいいんだろう?と考えたことが何度かありました。

 

この生活を抜け出したいが、仕事も早駆けして残業しても、業績が出ず、給料やボーナスも頭打ちとなって、本当にきついと思っていました。

 

今後、子供も大きくなるし、かみさんも趣味に色々使いたいといっていたし、親も介護することになります。この時すでに生活費はかつかつで、余裕はありませんでした。

 

僕らの時代は年間も期待できないという話も、本格的に出ていた当時でしたので、今後どうしていったらいいか、ということについては、本当に真っ暗闇でした。

 

 

こうしたなか、転勤で家を貸したことをきっかけに、家賃収入を得るようになりました。

 

インカムゲインの持つ可能性

f:id:happylibrary:20200312223511j:plain

持っている資産から入る収入がインカムゲイン。売買で利ざやで得るのがキャピタルゲイン

まず住宅ローンの負担が家賃によって払われることによって、だいぶ収入が落ち着きました。

 

このとき、自分が働くほかに、安定して入ってくる収入というのが世の中にはあると知りました。

 

その後、さらに不動産収入について勉強していくと、これはインカムゲインであることが分かりました。この収入はしかも増やすことができて、増やし方によっては自分の給料よりもはるかにしのぐくらいの月収をたたき出すことが分かりました。

 

そこで、インカムゲインとその効用について、すこし書き残しておきたいと思います。 

 

1.まずは安定した労働収入

f:id:happylibrary:20200218025712j:plain

収入のことを考えたら、まずは安定した労働収入が必要です。だいたい、それほど贅沢しない家なら、月30万から40万位は欲しいところでしょう。月30万なら年収360万、40万なら年収480万と言うところです。

 

それなりの就職ができ、会社員として働くことになれば、ボーナスも含めて年収400万位、およそ月収計算で35万程度にはなるでしょう。

 

この安定した収入を、全部使わずに、1万でも2万でも投資にふり向けるところから、インカムゲイン生活がスタートできると思います。まずは世間一般と言われるくらいに働き、安定した収入を手に入れることが大切です。

 

2.インカムゲインをプラスして収入が安定する

f:id:happylibrary:20200211145617p:plain

この安定した収入から、定期的に1万~5万くらいを懸命に捻出し、投資に回します。この値段からのインカムゲイン狙いなら、インデックス投信や世界バランス投信などがいいかも知れません

 

REITなどもいいかも知れません。1万円を投資すると、50円~200円くらいの配当がつきます。また、価格自体も、不況がなければ安定的にじわじわと上がっていきます。

 

今現在はコロナウィルスの影響で、上質の投信でさえ1000円~3000円くらい基準価額が下がっています。お買い得と言える時期だと思います。

 

3.短期集中トレードで100万を1000万へ

f:id:happylibrary:20200206235124j:plain

手堅く投信でインカムゲインを得ながら投信を毎月積立ていきます。毎月3万なら1年で36万、配当がつくのでもう少しもらえると思いますが、とにかく5,6年投資していくと200万位になります。

 

200万位まで資産が増加したところで、積極的にFXも並行します。

 

100万位FXにいれ、短期集中トレードで1000万まで増やすのです。こうして手元資金が1000万まで成長してくると、さらにインカムゲインが効果的に得られるようになってきます

 

4.複利で増やして青天井

f:id:happylibrary:20200211150331j:plain

10000円で100円くらいの配当が半年に1回得られる投資があるとします。

 

そうすると、10万円で1000円、100万円で10,000円がざっくりもらえることになります。(税金で20%ほど引かれて、8000円くらいが実際の手取りかも知れません)

 

もしFXが成功して、一千万円くらいに資産が増えていたら、配当は10万円が出るようになります。

 

捕らぬ狸の皮算用ですが、配当で100,000円出るようになったら、これにも1000円がつくわけです。次の月は、だまっていても10201,000円となるわけです。ここまできたら、労働収入から5万円を無理矢理捻出して毎月拠出する必要もありません

 

どんどん増やして、配当だけで暮らしていけるようになってしまいたいものです。

 

5.不動産→高配当の投信→安定会社の株の配当→債権の利息へと安全性を高める

f:id:happylibrary:20200312223821j:plain

複利の力によって、1千万円までは貯めるのに苦労しますが、1千万円から2千万円、はたまた4千万円から5千万円に増えるときの方が、簡単に増えて行きます。まさに連鎖です。

 

こうして配当や家賃収入がたっぷり入ってくるようになったら、投資先をより安全で、より効率よくしていきたいと思っています。

 

不動産は高利回りにすることができますが、空室リスクがあります。すぐに売れず、流動性も低いです。

 

高配当の投信にすれば、紙の投資になるので、売ることもできますし、手堅く配当も入ります。ですが、高配当だけに、価格の値下がりリスクもあります。

 

そこで安定会社の株の配当狙いに変更していきます。トヨタやNTTなど、誰もがうらやむ就職先と言われる企業の株を狙って、手堅く配当を得ていきます。2億円くらいまで資産がふくらんでいれば、この方法でも十分配当だけで年間500万や600万は入ってきます

 

ゆくゆくは利回り0.3%の国債で、500万くらいの年収があれば、と思いたいところですが、さすがにこれには20億円の総資産が必要な計算です。ここまではなかなか難しいですね。

 

6.国債で年収1200万にするには40億かかる

f:id:happylibrary:20200312223914j:plain

逆に考えれば、日本国債でお金を増やす、というのは、全く現実的ではないことも、ここから分かります。年収1200万円を国債でかせぐには、40億円が必要です。

 

企業レベルでなければ、国債で儲けを出すことはできないと思います。

 

個人投資家国債に手を出すのは、ノーリスクではありますが、超ローリターンであることがわかります。

 

まとめ インカムゲインをプラスして、収入を増やしていく 

f:id:happylibrary:20200211150133j:plain

ここまでの話を振り返って見ますと、インカムゲインで収入を手堅く増やして行くには

 

1.まずは安定した労働収入

2.インカムゲインをプラスして収入が安定する

3.短期集中トレードで100万を1000万へ

4.複利で増やして青天井

5.不動産→高配当の投信→安定会社の株の配当→債権の利息へと安全性を高める

6.国債で年収1200万にするには40億かかる

 

こんなことをイメージしておくことが必要です。僕もまだまだ発展途上中ではありますが、こんな計画で少しずつ増やしていきたいと思っています。

忙しい毎日でも忘れたくない。今日は3月11日。

2011年3月11日14時46分は、僕にとっても特別な一日だったので、今日は書き残しておきたいと思います。

f:id:happylibrary:20110314094912j:plain

 

東日本大震災。ついにあれから9年が経ちました。僕もこのときは宮城県に住んでいました。

 

体験したことのない地震。見たこともないような津波。見えない放射能の恐怖。耳を疑うようなおびただしい死傷者の数。

 

風景は、いっぺんに変わりました。大切な人を失ったひとや、この先をどうして良いか分からなくなってしまった人、親が見つからない子供達、状況は惨憺たるものでした。

 

転勤族だった僕もこの地に赴任してきて、もう10年以上が経っていました。家も買い、子供達もすっかりこの地で友達を作り、かみさんもここで仕事を見つけ、家族みんながここで住むことに幸せを感じていました。

 

いろんなことがありました。いろんなことがいっぺんに起きました。いやなことがたくさんありました。しかし人とのつながり、まさに絆は、このときだからこそ大切な関係に気づくこともできました。だから忘れたくない。3月11日なんです。

 

時は移ろいゆくものだけれど

f:id:happylibrary:20200311224052j:plain

この記事が、ブログのセオリーである、人の役に記事であるかどうかは、あまりよく分かりません。

 

防災の記事でもなければ、放射能について語る記事でも、津波から逃れる方法を示すような記事でもないからです

 

ですが、忙しい毎日と、塗りつぶされる記録と記憶で、遠い昔のことになってしまうと、どんなに大きな事件も風化してしまいます。

 

人間は、優秀な生物で、忘れるという機能を持っています。忘れなければ、優秀な人間の記憶機能そのものが、嫌な記憶を残し続け、本人の人格を否定し、潰してしまいます。

 

だから、このような未曾有の大惨事による忌まわしい記憶は、忘れたいものです。

 

とはいっても、日本がひっくり返るような大事件です。事件の規模や内容だけでなく、人々の感情がどう揺れていたのか、どんな感情がこのとき働き合っていたのかを書き残すことも、ブログらしい役割なのではないかと考えます。

 

そこで、この震災の大きな特徴とともに、現地で被災した一般市民としての僕ら家族の感情も、書き残しておきたいと思います。

 

1.最大震度は宮城県栗原市震度7

f:id:happylibrary:20200311224249j:plain

僕はこのとき、仙台市に住んでいました。14時46分は営業先の白石市に来ていました。

 

いつものように、得意先を回って、ちょうど取引の話を終え、歓談していたところでした。

 

がたり、と小さく震えるように揺れたあと、一瞬なりをひそめ、次の瞬間、どん、と大きく揺れました。揺れの大きさは、入っていた得意先の建物が大きな船で、地面が産みになったような感じです。

 

そのまま大きな嵐が来たかのように、おおきくスイングするように揺れました。僕らはいつか宮城県沖地震の再来があると聞かされてきましたから「ついに来たか」と言い合っていました。

 

しかしながら、揺れがいったん収まるまで1分くらいかかったんじゃないでしょうか。

 

すくなくとも僕にはそう感じられました。とてつもない揺れでした。棚にある、ありとあらゆるものは、すべて倒れました。経っていられる人は、ほとんどいませんでした。

 

その後も大きく揺れ続けました。嵐の中でフェリーに乗っているかのようでした。僕は、床が抜けてしまうのではないかと心配になりました。助かるのかどうかすら、本気で分からない、緊張感の高い瞬間でした。

 

あとで、かみさんに聞きましたが、家族は家でおやつの時間をとっていたそうです。

 

あまりにも大きく揺れるため、子供を抱きかかえ、何もできなかったと言っていました。家も、ありとあらゆるものは全て倒れたそうです。

 

棚からすべて食器がでて、陶器やガラスはほとんど割れてしまいました。買ったばかりの冷蔵庫が、歩いて迫ってきたそうです。

 

一瞬のことで、かみさんも、なにも考えられなかったということでした。

 

これが震度6強の大地震のありようでした。最大震度の栗原市仙台市よりもう少し北にありますが、震度7を記録していたそうです。

 

ですが、これが震災の序章に過ぎなかったのは、今更言うまでもありません。

 

2.未曾有の高さ。20mの津波

僕らは白石市という山側にいたので、直接見たわけではないですが、猛烈な高さの津波が来ていることを、ラジオで聞き、耳を疑いました。

 

あのときの画は、その後たくさんの動画で流れることになるので、知っている人も多いと思います。

 

多賀城の街並みの中に、あんなに海水があふれてくるなんて、あり得ないわけです。もっと仙台寄りの中野栄まで水が来て、夜中じゅうラジオでこのあたりの人々からラジオ局に携帯からSOSが出ていました。

 

避難所の体育館でこの話を聞きながら、とんでもないことが起きた、と思うと同時に、まもなく水が仙台の中心部まで来るんではないか、と思うほどでした。

 

ですが助かった僕らはまだまだ全然いい方で、実際は多賀城周辺の人々は大変なことになっていました。

 

僕らは避難所である子供達が通う小学校に入り、なんとか暖を採ることができましたが、灯りもなく、情報もなく、ありとあらゆるものを失ってしまった人達がたくさんいました。

 

その人達のことを想う余裕もなく、ただ淡々と毎日が流れました。

 

しばらくして、名取や多賀城に行ったとき、船が国道に打ち上げられていたり、泥が打ち上げられていて道の線が見えなかったりと、市街地とはかけ離れた風景となっていました。

 

これが元の姿を取り戻すのは、相当先のことになるんじゃないかと思いました

  

3.見えない脅威。原発事故

f:id:happylibrary:20200311224531j:plain

大震災は、地震津波とおおきなビンタを浴びせてきましたが、さらに原発事故という事態も引き起こしました。

 

かみさんの実家は原発のすぐ近く、20km圏内でした。

 

かみさんの実家のお義父さんお義母さんは、白装束の人々に強制的に家から連れ出されて、避難所へ移動させられたそうで、その後仙台の僕らの家を頼って移動してきました。

 

それが地震から2,3日あと。そのすぐ後に、マスコミから放射能の話が持ち上がりました。それで結局、すぐに僕以外の家族をタクシーに乗せて、山形に送りました。

 

結局のところ、原発から放たれる放射能の功罪については、なんだかよく分かりません。もうお義父さんもお義母さんも20km圏内の元の家に戻っています。

 

あのときと、今と、避難したことでなにかいいことがあったかはよく分かりません。

 

でもあのときはとにかくあの辺から避難しなくてはいけなかった。行政も、マスコミも、いったん離れた方がいいと言う方針でした。

 

その後に起きた風評被害も相当なものでした。地震津波のような実質被害と違い、人間は見えないものを特に怖がります。当たり前のことではありますが、そのことが二次、三次とあらたな被害を産みます。

 

今回のコロナもそうですが、人間の不安な気持ちが、一番怖いのではないでしょうか。

 

www.oaoaarcade.work

 

 

結果論ではありますが、この地震によって起きた放射能問題は、今から見れば、放射能異常に、人間が起こした反応によって、多くの人達が人生を振り回されることとなりました。

 

怒りたいわけでも、悲しいわけでもありません。ただただ淡々とした気持ちです。なんとも言えない気持ちです。

 

まとめ 結論の出ない気持ちを抱えて

f:id:happylibrary:20200304231436j:plain

ここまでの話を振り返って見ます

1.最大震度は宮城県栗原市震度7

この地震そのものも凄かったですが、これが引き金となって、悲しい事件が連鎖しました。

 

2.未曾有の高さ。20mの津波

実質被害として、一番多かったのは、やはり津波じゃないかと思います。数万人が死傷し、町や建物は形をなくしました。津波の被害は一番悲惨だったと思います。

 

3.見えない脅威。原発事故

実質的な数の被害だけでなく、人の心に大きな不安を与え、その恐怖を継続させたのも、この原発事故の連鎖でした。人間の不安は、さらなる悲しみを連鎖させる、恐怖の引き金であり、もっともやっかいで恐ろしいものです。

 

 

まだまだ震災は終わっていない、という表現もありますが、一方で、被災地バブルと言われる現象も一部起きている事実もあります。

 

得をする人、損をする人、悲しい人、人と繋がる人、落ち込む人、復活する人、など、さまざまな人、さまざまな感情がこの震災を取り巻いています。

 

この震災をどう迎え撃つべきだったのか、起きてしまった悲しい出来事にどう向き合っていったらいいのか。人と人は、どうしたら良い絆を結べるのか。

 

人々の感情が、一番結論が出ていないんじゃないかと思います。

 

いま、被災地は力強く復興を続けています。

 

まだまだ復興活動が終わらずに、住宅問題や震災で身寄りの亡くなった子供、人々が抱えるこころの問題など多くの問題が残っていますが、もう以前の活動を完全に取り戻しているところもあります。

 

こういったことを、歴史の1ページとして記録するのではなく、ひとりひとりの記憶から飛ばしてはいけないと思います。

f:id:happylibrary:20200311224755j:plain

 

地震や、地震が引き起こした事故という事実のことではなく、このとき人としてもった感情をたびたびよみがえらせることが、人が人らしく有り続けるためにも一番大切なのではないか、と思っています。

 

今日も忙しくしていましたが、14時46分は人知れず黙祷しました。亡くなった方々のご冥福を祈り、また明日から前を向いて歩いて行きたいと思います。