happylibrary’s diary

脱サラして起業した40代のブログです。人生を勇気づけてくれる出来事を集めています。動画、投資、子育てなどについてもお話しします

初の1日100pvを達成。ブログの3つの続け方

f:id:happylibrary:20200113223205j:plain


先日、おかげさまで、はじめて1日のpvが100に到達しました!!

f:id:happylibrary:20200310234718j:plain

 

また、うまい棒数本が買える程度ですが、アドセンスにも初の収益がありました。

 

ブログを始めて4ヶ月、ようやく0を1に変換することができました!とても嬉しい。

 

それもこれも、読者になってくれた皆様のおかげです!ありがとうございます。

 

うまくいかない時期をどう乗り越えるか

f:id:happylibrary:20200226202608j:plain

僕の場合、ブログで収益を出す、ということにはとても高いハードルを感じていました。 

  • メカに弱い
  • プログラミング界のことは全くわからない
  • 飽き性で継続できない
  • ブログの世界を全く知らない
  • そもそも自分の文章を人が読むのか?

 

といった疑問やマイナス思考がいくつも湧き、始めた当初はかなり抵抗感がありました。

 

それでも、手持ちの不動産をより宣伝したい、という気持ちもあったので、取り組んで見ることにしました。

 

いまでは、何でもっと早く始めなかったんだろう、と思うくらいの活動になりました。

 

と、いっても、はじめは本当にいつ辞めてもおかしくありませんでした。

 

書いても書いてもゼロpvが続きました。これはてなブログなの?と思うくらい、誰も読まない。はてなのブロガーすら来ない。そんな毎日でした。

 

どのようにpvを増やしてきたかは、他の人がたくさん書いているので、僕はこういう時のモチベーションの保ち方、ブログの続け方についてまとめておきたいと思います。

 

 1.インフルエンサーの動画や読者のはてなスターなどでやる気を保つ

f:id:happylibrary:20200222112951j:plain

 

ブログ継続については、イケハヤ大学、マナブさんの動画、もふもふ不動産、といったものをみながら、やる気を維持しています。

 

効果的な書き方よりも、初心者はブログを始めてもなかなかpvが集まらない話や、だからといって諦めることはない、という内容のものがあるので、それをよく見ています。

 

またTwitterでも多くのブロガーが初心者向けのアドバイスを出しているので、それらもよくみちモチベーションを保っています。

 

tsuzukiさん、クロネコさん、ヒトデさん、あたりはよく見てます。

 

やはり初心者時代の苦労話のツイートや、諦めない方法、うまく行くとどんなご褒美があるのか、についてのツイートをみて、勝手に胸を膨らませています。

 

2.そんなに簡単ではない、と気長に取り組む

f:id:happylibrary:20200215005908j:plain

よくどの人のブログやTwitterなどをみてもそうですが、ブログは、成功すれば旨味は強いものの、成功までの成長曲線が上向きになるまでが長すぎて、そこまで待てないという話を聞きます。

 

どのプロブロガーの話を見ても大体皆さん1年以上の下積みを経ています。

 

たしかに、文章書いて数十万の月収にしていこうとするわけです。苦労があって当然です。

 

いままでは、会社員になるだけで2、30万貰えていました。よく考えてみたら、その世界の方がおかしいですよね。

 

やっぱり1円から始まらないと、逆におかしいわけです。

 

というわけで、そんなに簡単には成功しない、と思いながら、成功を焦らず、気長に取り組んでいます

 

3.はじめから特化ブログにしない

f:id:happylibrary:20200215005707j:plain

僕はヒトデブログのヒトデさんの記事を読んで、実際にブログを開始しました。

 

このときは、まず自分が続けられるか、そっちの方がよっぽど難しい問題でした。

 

飽き性の自分が何ヶ月も、いや数年単位で何百記事も書けるのか?やってもみないことについて疑問がありました。

 

ヒトデさんのブログにも、収益化を狙うならWord Pressで特化ブログで、趣味の領域ならはてなで、雑記で取り組んで、本格的にやりたくなったら切り替えれば、、と言ったようなことが書いてありました。

 

そこで、まずは趣味的な、継続を目的に、とにかく3ヶ月くらい書いてみて、それから考えるか、みたいな見切り発車で始めました。

 

内容も、特化ブログにせず、雑記にして、まずは続けることに重きを置きました。

 

まもなく開始5ヶ月となりますが、未だに雑記です。しかもはてなのフォーマットと読者の方々との交流に慣れてしまって、ここは変更していません。

 

たまに、収益化ねらいならWord Press一択という売れっ子ブロガーさんのブログなどを読んで、そうしとけばよかったかな、とおもうこともあります。

 

ですが、そもそも飽き性の自分がここまで続けられたのも、はてなの読者さん達の繋がりも大きかったので、しばらくこのままで行きたいと思っています。

 

まとめ まだまだ趣味レベルとして楽しむ

f:id:happylibrary:20200131020324j:plain

というわけで、あまりサイドビジネスとは思わずに、気長に取り組んでいます。とくに、続けることにいまは重点を置いています。

 

ここまでの話をもう一度振り返ってみます。

 

1.インフルエンサーの動画や読者のはてなスターなどでやる気を保つ

成功しているブロガーのコメント、考え方などを見て、こんなに凄い人出も苦労してたんだなー、と自分を奮い立たせる材料にしていました。また、はてなを通じて交流頂けている方々のはてなスターを励みにしていました

 

2.そんなに簡単ではない、と気長に取り組む

ブログは、いろいろとハードルがあるので、まず続ける、役立つ記事を書く、文章の型を守った構成に慣れる、アドセンスに合格する、など、ひとつひとつ段階を踏んでいきました。いまも気長に取り組んでいます

 

3.はじめから特化ブログにしない

続けることがいまのところ一番の重点課題です。ですので、雑記型にして、まずはいろいろなことを書いています。最近は投資のこと、子育てのこと、動画チャンネルのレビューなどがたくさんかけるようになってきました。いろいろ書く中で、自分の書き続けられる分野を見つけられたらいいなと思っています。

f:id:happylibrary:20200131015533j:plain

 

日々の感情や、まとまらない考えが整理される感じで、本当に自分にとっていい趣味になったと感じています。

 

これからもいろいろな分野について書いてみたいと思っています。自分のことが多くなってしまうのが最近の課題なので、できれば自分のことばかり書かずに、人の役に立つ記事にしていきたいものです。

 

子供が芸術の学校に合格!親が取り組んだ3つのサポート

長女が行きたがっていた芸術の高校へのサポートを今日まで続けてきました。

 

www.oaoaarcade.work

 

 

本日合格発表でしたが、見事に合格となりました!

f:id:happylibrary:20200309225337j:plain

 

年初はどうなることかと思っていましたが、やってくれました!

 

小さな時から転勤ばかりで、多感な時期を転校の連続で過ごしてきた彼女。

 

自分から行きたい学校を選ぶことがてきたのは、初めてだったのではないでしょうか。

 

また、その行きたい学校に入るために、試験という大きな目標にむかって頑張る、という挑戦も、初めてだったんじゃないかと思います。

 

彼女なりに、悩み、努力して、自分を奮い立たせての挑戦だったと思います。

 

目標の高さと、努力の量が丁度よく噛み合っていました。勉強もさることながら、自分の興味ある絵に対しても、よく向き合ってくれたと思います。

 

勉強が嫌で結局好きなことを諦めてしまっていたかも

昨年4月は、本人にも受験の意識があまりなく、こんなことで受かるほど受験は甘くないよ、と何度か発破をかけていました。

 

といっても、もともと勉強は好きではないタイプ。レベルもクラスの真ん中よりちょっと下くらいでした。

 

目標の学校に行くには、平均点並の実力が必要です。

 

このままではきっと受からない。どうしても少し点数を上げなければいけない状況でした。

 

そこで、我が家で意識した、子供のモチベーションを保つためのサポート方法をご紹介します。

  

1.目標先の学校に訪問し、知り尽くす

 

www.oaoaarcade.work

 

まずは高校への度々の訪問です。高校ではこの一年間、3回の学校見学と1回の学校説明会が実施されていましたので、まずこれには極力行きました。

 

学校の雰囲気や方針を聞けるほか、先生や先輩の指導方針やキャラクターも含めて知ることができました。この学校だったら、娘も行ってみたい、と思えたようです。

 

そのほか、ほかに志望を検討していた学校にもいって、その差も見てみました。目標の学校とくらべて方針の微妙な違いや、雰囲気の違いも確認できたおかげで、より自分が入学できた後の姿も想像できたようです。

 

単に自分の好きな芸術の道にいく、というだけではなく、学校の雰囲気も好きになれたようでした。

 

2.教える先生。気の合う先生を選ぶ。

塾に行かせることも検討しましたが、塾では集合で勉強するため、学校と状況が同じになってしまうことが難点でした。

 

人も知りも激しい子だと、競争原理が働きやすい環境では逆にやる気がなくなってしまいます。もともと学校で絵を描いているのが好きな子です。

 

教室でもそれほど目立つキャラではないでしょうから、集団に入れることはあまり効果的とは思えませんでした。

 

個別指導塾も検討しましたが、娘の反応はイマイチ。

 

www.oaoaarcade.work

 

 

結局はジモティーで探した家庭教師の先生に来てもらいました。慶応大の4年生で、学習塾を辞め、すでにフリーランスで家庭教師になっている先生が来てくれました。以下の記事にもこの先生のことは一部書きました。

 

www.oaoaarcade.work

 

娘とドキドキしながら駅のドトールで先生と待ち合わせし、面談をしたことを覚えています。

 

高校受験をどうクリアして、入った学校で何をしたいのか、を先生と話し合ってもらいました。

 

自身の就職活動も終わっていたことも有り、先生も納得してくれ、熱心に指導してくれました。

 

偶然も重なりましたが、本人に合う、いい先生を選べたと思います

 

3.どんな人生にしていくのかを想像し合う

f:id:happylibrary:20200309234645p:plain

そうはいっても、他の子も勉強を強化してきます。とくに平均点レベルあたりから、夏場、秋口あたりにぐんと伸びていく子もいます。

 

もし模試の成績などがなかなか上がらなければ、子供のモチベーション自体が下がってしまいます。

 

やる気そのものが下がってしまったら、実力云々はもはや関係ありません。地頭が良かろうが努力が足りないだけだろうが、ゴールラインまで持ちません。

 

我が家自体が東大一直線みたいなガリ勉タイプでもありませんので、なんとか低空飛行でもやる気を維持し、最後まで勉強を続けてもらわなければならないのです。

 

一緒に子供とどんな高校生活ができるのか、や高校の後はどんな大学へ?や、どんな就職へ?なども話しながら、美術で生きていくことの楽しさや希望について考えました。

 

これからのAIや5Gの世の中では、映像の時代です。絵やイラストの世界はますますニーズが高まるでしょう。

 

すでにyou tubetiktokツイッター、インスタなど、映像がカギとなっている媒体もたくさん増えています。もちろんブログも。

 

仕事も実際ランサーズ、クラウドワークスなどにも、たくさんのイラストの仕事があることを話し、実際に見せました。

 

こうした世界がますます需要を産み、多くの美術を必要としてくるでしょう。そんな未来をともに想像し、なんとか受験だけは乗り切ろう、あとは好きな美術におもいっきり取り組もう、という想いを共有しました。

 

まとめ 結局は本人の力

色々言っても、結局は本人の力なので、こちらにできることは邪魔しないこと、くらいです。ここまでの話をまとめてみます

 

1.目標先の学校に訪問し、知り尽くす

2.教える先生。気の合う先生を選ぶ。

3.どんな人生にしていくのかを想像し合う

 

f:id:happylibrary:20200309235220j:plain

 

といったわけで、この3つに注意してサポート体制を作ったら、あとはじっくり見守るだけでした。意外と年末あたりから自分の模試の成績なども気にし始め、そのあとは入試まで一気に勉強漬けになってくれました。

 

本当に、よく頑張ったと、今日は褒めてあげたいと思います。これからも、目標に向かって、焦らず、気負わずに目標達成に向けて工夫できる子になるよう、サポートしていきたいと思っています

脳の自動的な機能。嫌なことは回避する不思議な仕組み

f:id:happylibrary:20200308004927j:plain

昔から、例えば出勤のように、会社に行きたくないと思っているなかで無理やり身体を持っていくと、思わぬ失敗を繰り返すことがありました。

 

今日も、バイトに行く電車で携帯をいじっていたら、気がつくと目的の駅を通り過ぎてしまいました。

 

自宅の駅から、わずか3駅しかないのに、通り越したのです。

 

昔はなんで間抜けなんだろうと思っていましたが、自分がADHDだとわかると、なんとなく理解ができるような気がします。

 

不注意だとか、だらしないと言われて

f:id:happylibrary:20200226203041j:plain

 結構昔からこういうことはよくありました。大切なアポイントや大事な会議に行くときに、道を間違えたり、集合時間は分かっているのに、遅刻したり。

 

大学入試の当日に、受験票を忘れ、父親が真っ青になって受験票を持って、全力で追っかけてきた。なんてこともありました。

 

注意力が散漫なのか、いろんな行動を3つ4ついっぺんに始めて、2つくらい途中でやりっぱなしで終わってしまうなんてことも、よくありました。これはいまでも同じです。

 

今はもう辞めてしまいましたが、どうしてこういうことをしてしまうんだろう、ということがよくありました。

 

ですが、今考えてみると、ADHDだけに言えることではなく、人間ならだれでも持っている危険回避機能なんだと思ったら、とても納得できました。

 

ADHDだと、ちょっとそれが悪い形で顕著に出てしまうのかもしれません。

 

ぼくがいままでによく起こしてしまっていた失敗例をここでご紹介します

 

1.家に忘れ物をする

f:id:happylibrary:20200308005035p:plain

これは本当によくあります。毎日ルーチンで持って行くような財布や家のカギ、携帯ですら、忘れることがあります。

 

それも、集中力が削がれているとき、とくに会社で嫌な会議がある、とか、面倒な顧客に会いに行く日だ、とわかっている日などは、よく忘れたものです。

 

これは、朝で眠くて意識も定まっていないし、そんななか今日一日で起こりうる嫌なことを考えながら出勤するから、集中が途切れて忘れるんだ、と思っていました。

 

または、本当に人よりも注意力が低いんだから、もっと意識を高く持たなければならない。

 

と思ったり、自分のつくっている環境の仕組みそのものが、忘れものをしやすいようになっている。と考え、出掛ける前にカギや財布の置き場所を決めておく、もしくはカバンの中のどこに置くのかを決めておく、などしておくようになりました。

 

いまでもこれは、忘れ物対策に役に立っています。

 

ですが、人間は、思った通りになるように脳の中枢で考えている生き物です。たとえば、会社に行くのが嫌だと思ったら、本能的に、いかなくてもいいように考えるのです。

 

本能は行きたくないと考えているのに、現状は行かなくてはならない。ここに本音と建て前のおおきなギャップがあります。

 

本当はしたくないと思っているのに、からだを強引に持って行かなければならない。これを、同じ頭が決めているのです。混乱するのも無理もないというところです。

 

忘れ物は、当人をその場所へ引き戻します。つまり、忘れ物をする、ということは、意識が、前の場所にまだたんまりと残っているということです。

 

また、二つの意思のギャップに、あたまが混乱し、次の行動に適確に移れていないことの表れでもあると思います。

f:id:happylibrary:20200308005153j:plain

 

会社を辞めたら、どこへ行くにも滅多に忘れ物をしなくなりました。強いて言うならこのバイトに行くときに、ちょっと忘れ物や乗り越しなどが起きますが、大分減りました。

 

忘れ物は、身体の正直なSOSのサインだったのかも知れません。会社を辞めて、それを強く理解するようになりました。

 

2.電車を乗り過ごす

f:id:happylibrary:20200308005339p:plain

これも忘れ物に似ています。電車はこの気持ちの残りが顕著に出ます。

 

行きたくない気持ちと、行かねばならないという気持ちのギャップのはざまで、整理されていない気持ちが、目的の駅を見ないようにすらしているのです。

 

もちろん、こう書くと、サボりたいからだろうと言われることもあると思います。ですが、脳は基本的に、こう考えるように作られているんです。

 

もちろん、本能と行動にギャップがない人もいます。楽しんで仕事に向かえる人です。仕事と自分のやりたいことがぴったりマッチしている人は、あまりいないかも知れませんが、こういう人なら、たぶん忘れ物をするなど思いつかないでしょう。

 

そういうしごとに就けることが理想です。

 

3.分かっていても、遅刻する

f:id:happylibrary:20200308005937p:plain

ますますただのサボり癖野郎だと言われそうですが、これ、本当にそうなんです。目的地にたどり着くまでの時間の逆算も下手です。ちょうどに到着したり、30分くらい遅刻したり。

 

ちゃんと集合時間が分かっていて、前の日から何時の電車に乗る、と決めているのに、遅刻するのです。つまり、乗る電車の時刻の選定自体から間違っているのです。

 

解決法として、僕は極端に1時間は余裕を見るようになりました。このようにしていないと、タイトにスケジュールを詰めたりして、結局時間にアップアップになってしまうこともよくありました。

 

1時間もずらして時間を見るようになって、やっとスケジュール通りに目的地に着けるようになりました。そのくらい、時間を組み立てる気が、本能的になかったのです。

 

自由に行動できるようになったら、遅刻も忘れ物も、ほとんどしなくなりました。

 

逆に、極端にたくさんの忘れ物をするとき、その場所には行きたくないんだな、というココロの声を認識できるようになりました。

 

まとめ 病気に限ったことではない

f:id:happylibrary:20200308010040j:plain

幸せな小金持ちという動画を出している伊木ヒロシさんの動画では、潜在意識の使い方の説明の中で目標設定する自分よりも、価値観の自分のほうがよっぽど巨大で、結局意識はその方向にしか行かないと言うような話をされています。

 

人間は、やりたいことの方向にしか、いけないものなんです。理屈で~ねばならない、と自分の方向を決めても、頭の中で1:100くらいで価値観のほうにやられてしまいます。

 

いたくもない世界にしがみつけば、失敗しまくるんです。好きでもない仕事に執着すれば、脳が成果を出さないように仕向けてきます。これは、ADHDのような病気にかぎった話ではないと思います

 

だから、むりすれば、身体に抵抗されます。ここまでの話を振り返ると

 

1.家に忘れ物をする

2.電車を乗り過ごす

3.分かっていても、遅刻する

 

ということで、脳が勝手にその世界に居づらくなるように仕向けてくるのです。

 

というわけで、結局はやりたいように人生を選択することが大切なんだと思います。たぶん、そのほうが幸せだし、その人なりの成功もつかみやすいのではないかと思います。

 

僕らの世代はとくに、学校で、世の中で暮らしていくためには、我慢しなければならないとすり込まれてきましたが、これこそが洗脳であったと思います。

 

多くの学校が、多くの現代社会人を産み出しました。僕も含めて多くの学生が、会社人となり、会社のために我慢し、尽くし、競争し、シェアや地位を奪い合ってきました。

f:id:happylibrary:20200308010519j:plain

自分の気持ちに向き合うことも大事ではないでしょうか

いまこそ脳の反応に正直になってみるのも良いのかも知れません。フリーランスの時代となっては、ココロの声に正直になる時代の始まりにも思えます。

 

もしストレスフルな生活を送っている方がいたら、この情報が少しでも助けにならないかな、と思います。気休めかも知れませんが、会社にいてもし遅刻や失敗が多いのなら、僕と同じで、身体が会社から離れたがっているのかもしれません。

疲労はいいことない。書きかけのブログ消しちゃいました。

f:id:happylibrary:20200307085106j:plain

疲労がたまっていると、ろくなことないですね。

 

昨日、円高について記事を書いていましたが、夜遅くなってしまいました。どうやら保存しないで寝たようです。

 

あともうちょっとだから、朝起きたら、写真とイラストを貼って、投稿しよう。そう思って中途半端に保存ボタンを押したつもりでシャットダウンし、眠りにつきました。

 

昨日は、一日遅番でアルバイトした後だったのと、疲労がたまるなか書いたので、けっこう筆の進みが遅くなってしまいました。

 

反省の気持ちを込めて、疲労をためない方が良いことを自戒のつもりで書いておきたいと思います

 

投稿を続けることが目的化してしまって

f:id:happylibrary:20200307085229j:plain

ブログは毎日投稿を目標にしています。

 

ですが、それはあくまで目標です。続けられなくなってしまったら、何の意味もありません。

 

無理なく続けること、楽しんで続けられることが一番ですね。おそらくその方が、呼んでくれる方にも気持ちの良い文章になると思います

 

それらを全て投げ打って、ただ続けることに特化しても何の意味もありません。だれも幸せになりません。その記事は、一体誰の役に立つというのか。

 

ですが今回は、記事の継続に重きを置いてしまいました。こうなってしまうと、書くことが義務化していまいますね。

 

それが大事だという人もいるかも知れませんが、猛烈に疲労をためながら毎日書くのでは、たぶん記事の出来上がりもひどいものになってしまうでしょう。

 

疲労をためながら書いたことで、今回はブログそのものが消えてしまいました。

 

おそらく、神様が「そんな駄文を書くな」といっているのかもしれません。

 

そこで、疲労をためると、どんなことが起きるのか、メモっておきます

 

1.肩こりがひどくなる

f:id:happylibrary:20200307085317p:plain

パソコン仕事をたくさんすることになりますので、デスクワーク疲れが身体に響いてきます。

 

とくに40も越えてくると、完全な健康体を維持するのは難しい。

 

最近はたくさんパソコンを打つと、肩が凝るようになってきました。若いときは全く肩こりとは無縁でしたが、首が回らないほどのひどい痛みがでます。

 

しばらくパソコンを打たないと、だんだん回復してきます。マッサージなんかも効果有りです。

 

無理せず、この肩こりをバロメーターに書く、書かないを決めるのも良いのかもしれません

 

2.意識が落ち、注意力が下がる

f:id:happylibrary:20200307085451j:plain

今回、保存ボタンを押し忘れたまま寝てしまったように、疲労が重なると、いつも当たり前にできているセーフティネットを全く使わないという悲劇が起きます。

 

思い出してみれば、たぶん一度も保存せずに書いていたと思います。(この文章は保存を入れながら書いています(^_^;))

 

保存やその確認をしながら、作業を進める、というそんな基本的なところも忘れてしまうのですから、疲労がたまるというのは恐ろしいです。

 

セルフブラック企業のように働いていますが、記録にも記憶にも残らないのなら、たくさん働いても意味はありませんね

 

3.翌日に繋がらず、イライラが半端ない

f:id:happylibrary:20200307085553j:plain

結局のところ、今日またこうして新たな記事を書いていますが、この記事をかいて気持ちを静めているような状態です。

 

つまり、「やっちまった」感と自分を責める気持ちが強くなってしまって、イライラ感がとても高くなってしまうのです。

 

これだと、翌日のやる気にきれいに繋がらないですよね。

 

やっぱり、「さて、今日はどんな一日にしようかな」とか「今日はどんな記事を書こうかな」とすがすがしい気持ちで一日を迎えたいものです。

 

気持ちが乗っていれば、たくさん記事を書ける日もあります。気持ちが乗っていなかったり、疲れていたりすると、全く筆が進まずに時間だけが過ぎることもあります。

 

あれも書こう、これも書きたい、と思っているときにパソコンに向かう方が、納得いく記事をたくさん書けるのですから、記事の継続を最優先に考えない方がいいのかも知れません。

 

ブログをはじめて4ヶ月、最近は、マラソンランナーズハイのように、毎日更新できないと、なんとなく気持ち悪い感じもしてくるようになりました。

 

ですが、ただ続ければ良い、というものでもないですね。楽しく生活を送った方が、記事の題材もいろいろ手に入りますし、書く内容も充実するというものです。

 

今回のミスでつくづく実感しました

 

まとめ 疲労なく、気持ちが乗っている方が、納得いく記事をたくさん書ける

f:id:happylibrary:20200307085657j:plain

何にもない休みの日、気持ちが乗っていると、3,4記事書くこともできます。こういうときのほうが、自分でも納得いく記事が書けるものです。

 

ココロと身体をいい状態に保つことは、自分の記事にとってもいいものだと思いました。

 

ここまでの話を振り返って見ますと、疲労をためながら書くことは、

 

1.肩こりがひどくなる

2.意識が落ち、注意力が下がる

3.翌日に繋がらず、イライラが半端ない

 

ということで、ゆとりを持って、たのしく書き続ける、という初心に改めて戻ろう、と思いました。

 

たぶんその方が続きますしね。

 

肩肘を張りすぎずに、読んでくれる方にも、自分にとっても、いい記事となるような文章を書けるようにしたいものです。

マクドナルドのハンバーガー。投資家的に食らう、6つの味わい方

コロナ騒ぎで京都の店舗が大分いじめられているようですが。

 

私はマックファンなので、ここは応援したい!

 

たしかに、マスクしてなかったというのは、物議を醸すところかも知れません。ですが、もともとマスクなんて、感染抑制のエビデンスに乏しいし、これだけの大型チェーン店であれば、手洗いは励行されているんじゃないかと思います。

 

Cinii(サイニー)の論文、抄録だけでもどうぞ。

ci.nii.ac.jp

マスク着用がインフルエンザや他の感染症予防に有効であることを検証した推奨度A、エビデンスレベル1bのランダム化比較試験のエビデンスはない。

と書いてあります。10年前もまえに出ている論文です。すでにマスクにエビデンスがないことはこうして学術的な知見からも論文化されています。 

一方、手洗いの小児肺炎などの感染症予防効果については、推奨度A,エビデンスレベル1bのランダム化比較試験のエビデンスがある。WHOや米国CDCのインフルエンザ予防ガイドラインはマスク着用よりも手洗いを重視しているが、これは両者の予防効果のエビデンスレベルの違いを反映させたものである。

 このように、手洗いにはエビデンスがあります。WHOがマスク買い占めに懸念を示したのは、こうした理由も背景にありますので、けっして付け焼き刃的に対応したわけではありません。

 

目次

 

ハンバーガーは歴史的に叩かれてきた

f:id:happylibrary:20200305235248j:plain

 

今後の影響次第というところもありますが、これで屋台骨が傾くマックではない、と思っています。

 

それにしても、歴史上これだけ叩かれ続けても、人々の間に深く愛されてきた製品もなかなかないんじゃないでしょうか。

 

タバコですらオワコンとなる中で、ハンバーガーは数多くの批判に遭う中、生き残ってきました。

 

だからいまだにハンバーガーを食べるのに、後ろめたくなる人も多いんじゃないでしょうか。

 

女性を中心に、ダイエットの敵だとか、中性脂肪だのオイリー食だのいわれてきた食品だと思います。

 

また、パティに牛肉以外のものが入ってるだとかなんとか、揶揄されてきました。

 

そして今回は衛生問題。

 

企業体としても大きく、扱うジャンルも誰もが口にする食。健康を害するといわれ、高脂肪食の代表として有害なイメージも植え付けられたハンバーガー。ましてやマックはハンバーガーとコーラを抱き合わせで売るという、最強の高カロリー外食産業です。

 

かつてタバコが有害なエビデンスともに沈没していったように、マックだって沈没してもおかしくありません。しかしこのビックメーカーは今日も元気にたくさんの人々のお腹を満たし続け、幸せを届けています。

 

投資家として、またマック好きとして、この興味深い外食チェーンショップのさまざまな味わい方を検討してみました。

 

1.豊富なメニューと美味しい食事

f:id:happylibrary:20200305235611j:plain

マック好きとしては当然あげたい魅力です。100%のビーフ仕立てのパティ。選び抜かれた柔らかいパン。トマト風味たっぷりのケチャップ、大切なアクセントとなるピクルス。これだけでもハンバーガーとして十分優秀です。

 

さらにはこのハンバーガーに工夫を加えて、味の深いチェダーチーズや、香り高い照り焼き風味のタレなど、脇役もこだわりの食材でまとめられています

 

しかもチキンを挟んだり、目玉焼きや揚げた白身魚、時にグラタンコロッケやベーコンなども入れ込んでくる工夫の入れよう、いやー食べたくなってくる。

 

一時期、エビを挟んだバーガーなんかもありましたね。9月には定番の月見バーガー、ガッツリ行きたい人にビックマックやグランベーコンバーガーなんかも美味しいですね。

 

バーガーだけでなく、サイドメニューもポテト、サラダ、ナゲットをはじめ、アップルパイ、アイス、シェイクなど、メタボリックながらも不思議に僕らを引きつけるメニューが目白押しです

 

2.リーズナブルで満腹感のある食事を演出

個人的にはダブルチキンバーガーが好きなんですが、とにかくどれも美しいメニューばかりで、単純に美味しい。そしてどれも500~700円くらいとリーズナブル。これもマックの魅力かと思います。

 

エグチやマクボのセットなんかこのご時世で500円ですし。

 

お昼ご飯のワンコインランチにもちょうど良いですね。

 

3.どんなシチュエーションにも合わせてくる、ハートフルな雰囲気

f:id:happylibrary:20200305235534j:plain

いつでもマックにあふれるのは、子供達の笑顔です。これがマックのハートフルな雰囲気をいっそう盛り上げます。

 

安いし、食べやすく、入りやすい雰囲気は、ファミリー層も多く引きつけますよね。これがマックを外食産業の王者にしている要因なのかもしれません。

 

それでいて、カップルにも、お一人様にも、グループにもはいりやすいのがマックです。

 

部活帰りの高校生、予備校帰りの浪人生、イベントで集まった保護者達、ご近所集まりついでのお年寄り、どの層も区別なくマックに入り、それぞれの時間を過ごせます。

 

二人の中学生を抱える我が家も、小さな頃から訪れているマックに来れば、十分外食に来た感が出て、満足してくれます。こちらのお財布にも優しいし、助かっているお父さんも多いんではないでしょうか。

 

残念ながら、外食産業としての売り上げはゼンショーすき屋系列)に一時期抜かれてしまいましたが、この雰囲気作りを大事にしている限り、またマックが力強く王座を奪還してくることは間違いない!と思っています。

 

4.創業者レイ・クロクのサクセスストーリー

マックには、ミルクシェイク用ミキサーのセールスマンだった創業者のレイ・クロクが、マックの完璧なハンバーガーの製造ラインに惚れ込み、マクドナルド兄弟からお店ごと買い取って各地に売り込んでいったというサクセスストーリーがあります。

 

ディズニーランドにも食堂を置かせてくれ、とウォルト・ディズニーにも売り込んでいったという話もあります。マックとディズニーのコラボ、凄いですね。

 

その二社が今やどうですか、信じられないくらいの世界規模ですよね。

 

なんだか後にマックが大きくなることが分かっている僕がこの話を聞いたときには、なんだかベンチャーが爆発的に成長していく感じが手に取るように見えて、ワクワクとしてしまいます

 

5.ウォーレン・バフェットは大のハンバーガーとコーラ好き

f:id:happylibrary:20200305235712j:plain

投資の神様、ウォーレン・バフェットは無類のハンバーガー好きで知られています。ほぼ毎日ハンバーガーとコーラの時もあるそうです。

 

コカ・コーラの大株主でもありますよね。

 

80歳を越えるというのに、毎日ハンバーガーとコーラで生活できるんなら、この二つは本当に有害なの?と疑いたくもなります。

 

なんだか80を越える大富豪のおじいちゃんの朝食がハンバーガーで、コーラが好きすぎてコカコーラの大株主もやってるなんて、すごいお茶目でかっこいいですよね。

 

しかも長生きだし。バフェット、マック、コーラ、すごいです。

 

6.喜ばしい株主優待

そんな嬉しいマックのメニューも、株主になれば株主優待で楽しむこともできます。マック100株の株主になると、バーガー類、サイドメニュー、ドリンクの商品お引換券が6枚ずつで1冊の優待券がもらえます。

 

いまは1株4700円前後だから、還元率で行くと、ちょっと低めかな。でももらっても嬉しくない優待券を狙うよりは、安定して成長するマック株をもって優待券も毎回もらえたら、マック好きには嬉しいはずです。

f:id:happylibrary:20200305234902j:plain

まとめ まとまらない!

というわけで、いつもの目安の3000字をもう越えてしまいました。結局まとまりませんでした(^_^;)

 

とりあえずここまでの要点を振り返ると

 

1.豊富なメニューと美味しい食事

2.リーズナブルで満腹感のある食事を演出

3.どんなシチュエーションにも合わせてくる、ハートフルな雰囲気

4.創業者レイ・クロクは「うちは不動産屋」

5.ウォーレン・バフェットは大のハンバーガーとコーラ好き

6.喜ばしい株主優待

 

といったことで、マックの魅力はそのフードの魅力、投資先としての魅力ともに語り尽くせません。

 

そんなガリバー産業マックがこのコロナショックで若干株価を落としましたが、あっというまに反発してしまいました。

f:id:happylibrary:20200306000301j:plain

 

またしても購入のタイミングを逃してしまった僕なのでした。株は買えずとも、ハンバーガーは今日も明日もまた来週も、多分食べます。

 

もはやソウルフードといってもいいマックのハンバーガー。いつまでも、僕らの心を躍らせていて欲しいものです。

ノマドワークで格安に田舎に住む。おすすめの働き方改革3選。

f:id:happylibrary:20200304230129j:plain

今回のコロナ騒ぎでリモートワークやテレワーク推進に拍車がかかるのではないか、と言われています。いわゆるノマドワーカーの時代がじわじわきている感じがします

 

パソコンに向かって、仕事をしているフリをしている社員があぶり出されて、本当に会社の利益になる働きができている社員が分かる、という、恐ろしくも適確な意見も出ています。

 

今の僕はというと、不動産業とライティング業はノマドワークで行えるとして、アルバイトはまだ通勤で通わなければならず、完全なるリモートワークを達成できていません。

 

また、かみさんも働きに出ており、家から30分ほどかけて通っているところですので、やはりリモートワークを達成するとなると我が家はなかなか現実化できないところではあります。

 

リモートワークで田舎や地方暮らししたい、と思う今日この頃

f:id:happylibrary:20200304230528j:plain

風情ある古民家でハイテクな生活というのもいいかもしれません

個人的には、もう東京や首都圏近郊に住む必要はないな、というイメージがあります。

 

以前も書きましたが、できれば田舎に大きな実家があるなら、そこにみんなで住む方が幸せを感じられる時代が来ています。

 

www.oaoaarcade.work

 

サザエさんのような大家族は、古き良き日本の家族の形、と思っていましたが、いまこそこのような家族形態や、実家暮らしを見直してみることが肝心かなと思います。

 

我が家の場合は、埼玉に高齢の父が姉と二人で住んでいます。

 

都会は便利、という高度成長期時代の典型的な会社員の思い込みもある上、自分が死ぬまでは一緒に近くに住んで欲しい、ということで、いまは僕らも近くに住んでいます。

 

倒れたら、とても姉一人では介護できません。かといって、田舎に引越しをしてくれる父でもないので、家族には我慢してもらいつつも、いまは父親の家の近くに住んでいます。

 

しかし来年80歳を控えつつも性格がややこしくて頑固。しかも孫にあたるウチの子供達にも暴言を吐き続ける老害ぶりなのです。

 

そろそろ本当に田舎住まいに変えたい、という個人的感情も大いにうごめいています。

 

我が家はかみさんの実家がかなりの田舎にありますが、それだけに家が大きい。

 

この家に転がり込んで、不動産投資とノマドワークのライティングで生活費が出れば、だいぶウチにはメリットがあると感じています。

 

首都圏にこだわらず、田舎でノマドワークする姿について夢想してみたら、ちょっとワクワクしてきたので、そのことを書いておきたいと思いました。

 

これこそ働き方改革になるんじゃないでしょうか。

1.へんな飲み会に参加しなくて良い

f:id:happylibrary:20200304230719j:plain

前提として、会社に通わなくても稼いでいける仕組みを持っていなければなりません。

 

つまりパソコン1台で稼げるようになる必要はあります。とりあえずライターやプログラマー、デザイナー、WEBマーケター、ブロガー、you tuber、投資家などになれば、できないこともないかも知れません。

 

むかしにくらべ、現代はパソコン1台でも生活費が出る可能性が高まっていますので、このチャンスは狙いたいと思っています。

 

その上で住むところ、となれば、もう会社に通う必要がない以上は、地方暮らしで十分と思います。

 

通勤電車もなく、人口密度も低い、流通の発達で物資も日本ならどこにいても手に入ります。温泉やスキー場、登山できる山、見晴らしのいい景観。

 

広いスペースも魅力です。今回のようなコロナ騒ぎについても、広大なスペースを家に持っていれば、備蓄しておくこともできたでしょう。

 

おいしくて新鮮な食事、たとえばホタテや牡蠣、ほっき貝などの海鮮食材の大きさは目を見張るものがあります

f:id:happylibrary:20200304230811j:plain

 

なによりノマドワークなら、起床時間も自由、会社で人間関係に悩むこともありません。そう、会社員なら社会人の通過儀礼でもあり、代名詞でもあった、社内の飲み会にも参加する必要はありません。

 

ゆったりと暮らしても、ネットから十分に物資も情報も入ります。東京や大阪は、たまにショッピングに行くくらいでちょうど良いでしょう。

2.首都圏神話は一昔前の働き方

もちろん、僕自身の前職の営業のことを考えると、田舎完璧!とは言えないかも知れません。

 

しょっちゅう人と会うことで利益がでる仕事ですから、人と人とのつながりによって、仕事が成り立つ、という部分もあると思います。

 

ですが、営業もすでにテレビ会議スカイプ打ち合わせ、LINE連絡などで仕事をしているような時代です。

f:id:happylibrary:20200304230926p:plain

 

営業マン時代は、一度会社を出たら、ほとんどの時間を車で過ごし、レポート作成、申請書作成、電話連絡、テレビ会議などをおこない、その後数人の顧客に会って、直帰していました。

 

クルマにドライブレコーダーがつけられ、スピード違反、居眠り運転、サボり、寄り道、などが管理され、規制されて、機械のように働いていました。

 

最近の営業の方なら、多かれ少なかれだいたいこのような形で仕事しているのではないでしょうか。

 

今の会社員は、会社は、ほぼ完璧に管理することができます。社内ルール、コンプライアンス、自身のスケジュール調整と上司への提出、クルマでの監視。

 

唯一、顧客との面会時間だけは自由でしたが、その内容をレポートさせたり、録音する、という荒技な管理も出始めてきました。

 

ぎゅうぎゅうの通勤電車で会社にたどり着いたかと思えば、完璧な管理下で仕事する。

 

これは首都圏に限らない傾向ですが、都会で働くには、人が多すぎるどころか、管理も徹底されずぎて身動きがとれません。

 

ひと昔前は、人が集まっている都会の方が、いろいろと連絡が密になって、商売が上手くいく、というイメージもありました。

 

ですが、少なくとも人が集まっているところじゃないと、稼げないというイメージは首都圏神話といえるでしょう。

3.会社に通わずに稼ぎ、暮らしたいように暮らす

 

もちろん人と人とが会っていないと、商売が成り立たないケースはたくさんありますが、それ以上にノマドワークで成果を出すことができる時代になっています。

 

とすれば、好きな時間に起き、仕事したい時間に仕事し、好みの地域に住むことができるノマドワークを個人個人が確立すれば、成果も出るし、個人も自由度が増えて、社会はより豊かになるんじゃないでしょうか

 

大家族で住めば、子供の面倒も見てくれる人が増えて、子供を持った親も生活しやすくなります。

 

核家族でなんとか家賃を払っている家は、その家賃を浮かして、安い地方に大家族で住むこともできます。

 

会議が必要なら、テレビ会議で十分ですし、連絡もLINEで効率よくできるようになりました。都会に住んでいてすらも、これらを駆使して生活しており、むしろ「会う」ことのメリットを享受していない状態です。

 

田舎や地方に住むほうが、好きな人、会いたい人と過ごすこともでき、より「会う」ことのメリットを活かせる場面も増えるのではにかと思います

 

まとめ 働き方を改革するなら

f:id:happylibrary:20200304231310j:plain

本当に働き方改革するなら、住むところを変え、動画やネットを駆使して人との交流や物資の供給を増やす。このくらい変革すれば、社会全体の生活を豊かにし、経済は活性化するんじゃないでしょうか。

 

ここまでの内容を振り返って見ます。

 

1.へんな飲み会に参加しなくて良い

あんまり人間関係で悩ますに仕事ができるようになります

 

2.首都圏神話は一昔前の働き方

通勤電車に揺られることもなく、家から2時間もかけて通勤する必要もなくなり、それでいてネットを使って連絡は密に取れるようになりました

 

3.会社に通わずに稼ぎ、暮らしたいように暮らす

テレワークを個人個人が確立すれば、社会全体が豊かになり、その結果経済は活性化するのではないでしょうか。

 

f:id:happylibrary:20200304231436j:plain

働き方改革の狙いを貫くなら、このくらいの改革をすれば、達成できるのではないでしょうか。

 

とはいっても、東京の一極集中の流れは変わることがありません。おそらく、Iターン、Uターンする人は、実際は増えないでしょう。

 

結局、こんな住まい方も、逆張りの一つなのかも知れません。そうなると、いつもの話通り、逆張りで生活することを進めるような話になってしまいますね。

 

ちょっと逆説的な話になってしまいましたが、できればテレワークで稼いでゆっくりと生活したい、とおもう、わがままな心境の今日この頃です

 

 

 

新型コロナにやられてたまるか。いまこそ最大の逆張り開始!

もういい加減にしろー!といいたくなる新型コロナウィルス。

 

全世界的にも経済は悪化。絶好調だったアメリカのダウ工業平均すらもここ最近になく落ち込んでいます。

f:id:happylibrary:20200303002115j:plain

ここ最近にない急落ぶりです(出典:yahooファイナンス

日経平均も例に漏れず、元気のないところを見せています。

f:id:happylibrary:20200303001757j:plain

ここ1年の日経平均。およそ3000円の急落です。(出典:yahooファイナンス

実際に感染者、死者がでるという、傷ましいニュースはもちろんのこと、決定的な治療法がないことが不安を煽るのか、かまってちゃんのようにコロナ関連デマも拡がっています。

 

www.oaoaarcade.work

  

学校やイベントも休校、会社はテレワーク、タイミング良く買い占め騒動もあって、日本は生活も経済も大混乱に陥るかという状況となってきました。

 

日本は完全に元気をうばわれました。ただでさえバブル以来、好景気の実感を得られないまま突き進んできた日本経済です。

 

ニュースは嬉しそうに、リーマンショックの再来か!?とそこらじゅうで言ってきます。(そういえばTHE YELLOW MONKEY「JAM」にも似たようなフレーズありましたね。)

 

これはコロナによる肺炎の蔓延のせいなのか、はたまた政策の失態のせいなのかよく分かりません。ですがなんとも厳しい状況に、こうしてチャートがお辞儀している様子が重なると、世間の雰囲気も暗くなってしまいます。

 

いまこそ逆張りと長期投資で経済活動に参加する

以前も書きましたが、世間が暗いときや、マスコミがこれでもかと叩いているときこそ、逆張り投資の好機です。

 

順張り思考で行けば当然ここは「見」の場面ですが、逆張りで行く僕としては、絶好の仕込み時です。

 

しかも、ここまで日本経済、いや世界経済ごと叩かれているときは、本来力があるのに、この世界的な暗い雰囲気に引っ張られて、何も問題がないのに価格が下がる投資が目白押しとなります。 

www.oaoaarcade.work

 そこで、こんな時だからこそ投資して日本経済を元気にすべく、おすすめの投資について、狙い所を検討してみました。

 

実際僕も今日いくつか仕込んでみたので、半年後くらいに結果もレポートできればと思います

 

※あくまで投資にリスクはつきものです。しかも僕の投資は普通の買い方とは違う逆張り投資なので、真似をするのはおすすめしません。あくまで投資は自己責任で。

 

1.世界不安時に王道の円高(FXドル円

現在のチャートの乱高下は、あきらかに人間の心理不安が大きく影響しています。

 

これは何も日本に限ったことではありません。世界各国で証券市場の平均値は下がってしまいました。

 

また例に漏れず日本全体へ与える影響から、日経平均も3000円前後の落ち込みがありました。

 

一方で今回のコロナの一件ではずいぶんとマスクメーカーや消毒液メーカーの株価は爆上げしたようですし、

 

黒田総裁が

潤沢な資金供給と金融市場の安定確保に努める

と言えば、また黒田バズーカがあるのではないか、という心理が働いて株価は少し持ち直したりしています。

 

世の中じゅうが情報をつかもうと躍起になり、ニュースに翻弄され、結果株価や為替のの乱高下が起きています。

 

そんな中でもっとも群集心理を反映するのは、為替でしょう。

 

とくに、世界全体に不安が訪れたときには、だいたい円高になりますので、今回くらいエッジが効いた暴落があると、あとは円高になるしかないんじゃないかと思います。

 

僕は少し前にスイングトレードを開始しましたが、112円で売りから入って、ちょうどこの騒ぎとぶつかり、107円台まで落ち込んできました。

 

いったん確定しました。やや反発して108円台まで落ち着いたら、その後もう一度円高を予測しています。

 

2.魅力あふれるアメリカ株ファンド

ちょっと日本経済とは離れますが、絶好調で来すぎたアメリカ経済のインデックスファンドを仕込むならいまかも知れません。

 

いまでこそ一時的に下げていますが、アメリカ経済が実力がないわけではありません。コロナの影響による不安が評価を一時的に下げているとみます

 

以下は、ここ最近ずっと高値を更新してきたファンドです。なかなか手が出ませんでしたが、ようやく買いました。

 

アメリカの有力企業500社を集めて展開しているインデックスファンドS&P500インデックス、これをSBI社が販売しています。

 

SBISBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」

少額からの参加でもよいかな、とこのたび参戦しました。

f:id:happylibrary:20200303112648j:plain

ダウと同じような動き

 

3.巨大企業も世界不安に引っ張られた!?GAFA

これはまだ買ってませんが、巨大企業GAFA(ガーファ:グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)ですら、株価を下げています。

 

ここまで見てくると、現在の株安は本当に各会社の実力とは関係ないな、ということが分かります。

 

ニュースなどで煽られた不安が、株価に調整を入れているだけではないでしょうか。

 

それならばむしろ、今こそ積極的に買いだ!と判断しています。

 

f:id:happylibrary:20200303113721j:plain

本日のアマゾン株価。大きく下げて少し反発しています

f:id:happylibrary:20200303113957j:plain

アップルも同じような動きですね

f:id:happylibrary:20200303114116j:plain

フェイスブックも同じです

f:id:happylibrary:20200303114531j:plain

グーグルも言わずもがな

4.手堅いJ-REITを毎月分配型で挑戦

先日から始めている毎月分配型のJ-REITをここで買い増しました。

 

不動産とコロナウイルスはどう見ても直接関係ないし、不動産市場はREITが買い付ける土地や建物については、相変わらず活況が続いているので、まだいけるかなという感じです。

 

一時的に価格を下げていますが、ここ2週間高値気味だったので、いい調整が入ったと前向きに考えています。

 

毎月分配はタコ足分配といわれ、儲けが出ていない段階で分配金を出すので、分配金が出てもその分基準価額が下がっていくことが多いので要注意です。

 

大和-ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)は、長いこと5000円台をキープしており、投資そのものの成長はありませんが、分配金を出すだけの利益は出ているREITです。ご参考まで

f:id:happylibrary:20200303130713j:plain

 

5.いまこそ日経平均インデックスファンド

好調を維持し続けてきた日経平均もコロナ騒ぎの煽りを食って、少し下げています。

f:id:happylibrary:20200303131112j:plain

ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

投信のなかで最も手堅いと言われるインデックスファンドです。それだけに値動きも手堅く、買値が高くなってしまうのが弱点。

 

しかし今であれば価格を下げています。こうした時でなければ、買い時はありません。

 

6.力があるのに価格が下がった企業

明らかに右肩上がりだったのに、ここ数日で大きく下げた。配当が高い企業で堅実だったのに、下げている、という企業には、個人的にはあまり不安を感じていません。

 

こういう企業は社会不安と関係ないところで業績を上げてきます。

 

全体の株価が下がるいま、慌てて売る必要は無いと思います。

 

むしろ買いを入れれば、社会が元に戻ったときに、株価も戻って大きく利益を上げる可能性もあります。

 

手持ちの株を見直して、いくつかを買い増しています。

 

7.日本の「いい企業」に投資する。鎌倉投信「結い2101」を買い増す

 

www.oaoaarcade.work

 

日本の会社の中でも「いい会社」に注目して投資するファンドである鎌倉投信

 

この会社は、自分たちの投資先に組み込む企業には、直接企業出向いて綿密に取材し、経営者や社員と話し、財務諸表をチェックし、その上で投資します。

 

それだけに、ファンドに組み込まれるのは成長の見込める手堅い業績の会社ばかり。

 

彼らが出している唯一の商品「結い2101」は、それだけに基準価額も高めですが、こうした一時的な暴落時のときにこそ投資家の買いが集まります。

 

僕もこの機会に少し買い増しました。

 

まとめ 日本も自分も元気にしたい

といった感じで、僕はこの局面で買いを入れ続けています。

以下にここまでの内容をまとめておきます。

 

1.世界不安時に王道の円高(FXドル円

2.魅力あふれるアメリカ株ファンド

3.巨大企業も世界不安に引っ張られた!?GAFA

4.手堅いJ-REITを毎月分配型で挑戦

5.いまこそ日経平均インデックスファンド

6.力があるのに価格が下がった企業

7.日本の「いい企業」に投資する。鎌倉投信「結い2100」を買い増す

 

f:id:happylibrary:20200303132319j:plain

 

新型コロナはニュースを賑わし、社会不安が世間を揺るがしています。

 

損切りしたくなる気持ちは当然ですが、それでは景気も悪くなる一方です。僕自身も滅入ってきてしまいます

 

個人的には、こういう時こそ逆張りして、投資します。

 

いまこそ「やられてたまるか」という気持ちを乗せて