oaoa商店街

脱サラして起業した40代のブログです。人生を勇気づけてくれる出来事を集めています。動画、投資、子育てなどについてもお話しします

ブログ開始4ヶ月目。闘いの果て、ついにグーグルアドセンスに合格!

諸先輩方にとってはなんともない話かも知れませんが、私にとっては大きな一歩となりました。

 

昨日のバイトからの帰り道、またグーグルアドセンスからのメールが!

最近何度も申請していて、落ちてばかりだったので、もらうドキドキ感が薄れかけていました。まただめかー。だめなのかー?と思いながらメールを開いたら、

f:id:happylibrary:20200228011645p:plain

やっと会えました!

 

お姉さんにやっと会うことができましたー!パチパチ グッジョブ(^_^)b

四十の手習いのつもりでブログを始めて4ヶ月、何も知らないところから始めましたが、ようやく収益化の土俵に立つことができました。

 

目次

  

ブログをやれば手軽に広告が貼れると聞いていたけど

ブログを始めて、20記事くらい書いたら、このアドセンスを申請すれば、広告が貼れて、収益化できるとは聞いていたんですが、そう甘いものではありませんでした。

 

というより、申請するまでの前段階すら、わからないIT用語と複雑な仕組みに悩まされていたんです。

 

途中でめんどくさくなって、何度か外注とかできる方法はないか、とか、1からやり方を教えてくれる塾などに入った方がいいのかなども検討しました。

 

ですが、諸先輩方のブログや動画を見ていると、「ググればできる」という共通したワードが聞かれたので、わからないことはすべてグーグル神に聞きながら進めることにしました

 

不思議なことに、自分の検索能力も磨かれたと思います。いままでは、分からない単語を直接検索することに使う程度でしたが、最近は「グーグルサーチコンソールってなに?」と直接ききたい言葉を検索窓に打ち込んだり、「グーグル サーチコンソール カバレッジ 意味」など、言葉を組み合わせて、より深く聞き込むようなこともするようになりました。

 

また、「お名前.com ドメイン 取得」などを検索して、ドメインのとり方を学ぶ一方、同じ検索をyou tubeで行うことで、ドメインの取り方の動画を見て、操作するなど、自分の調べかたのレベルも上がったのではないかと思います。

 

分からないことについても、何の部分がよくわかっていないのか、を考えるようになりました。以前は「アドセンスに合格しない」と検索窓に打ち込んだりしていましたが、どの部分が足りないのか、何で引っかかっているのか、を「言葉」にこだわって抽出することで、いままでよりも的確に解決のための検索ができるようになったと思います。

 

日常生活でも、以前より有効に検索を使うようになりましたし、すくなくともかみさんよりは、うまく調べ物を検索できるようになったんじゃないかなと思います。

 

1.1発合格する人がいるなかで

f:id:happylibrary:20200301101625j:plain

とはいっても、長い道のりとなってしまいました。毎日書くようになってから、4ヶ月。120記事をあげてきました。そして約40記事を下書きに移行し、10記事はリライトして、ようやく合格となりました。

 

ブロガーの諸先輩方の言われる「とりあえず100記事」は、とっくに過ぎてしまいましたが、自分としてはこれで精一杯。それでもアドセンス合格は広告を貼るに足るブログと認められたいうことですから、やっぱり嬉しいです。

 

ここまでのほとんどのグーグルの返事は「サイトの停止または利用不可」でした。

 

はてなブログだと、たびたびこの文言に出会い、悩まされるということでしたが、私もそうでした。この文言で10回近くは落ちたと思います。

 

ググって調べていくと、サイトが検索ロボットに認識されていない、という現象が起こっていることを知りました。

 

そこで、サイトを検索ロボットに認識してもらうにはどうしたらいいか、認識されているかはどうやってわかるのかなどを検索していたら、ここでサーチコンソールに出会いました。

 

ITを知り尽くしている方からしてみると、「なんでそんなことで困っているの?」という感じだと思います。でも僕にとっては大変な問題でした。

 

ツイッターなどを見ていると、アドセンスに一発合格!という記事が多々躍っていて、とてもまぶしく見えます。さらには、3ヶ月で収益化したとか、半年経たずに収益が10万円を突破したとかいう話もたくさん載っていて「本当か?」とすら思ってしまいました。

 

僕にとっては収益化など夢のまた夢、それよりもまず、この難しいIT世界の用語を理解し、正しく申請しなければならないという山のような課題が残っていたのです。

 

2.不合格をくり返してわかってきたこと

f:id:happylibrary:20200215005600j:plain

結構自分なりにたいへんだった手続きを書いておきます

 

といったところです。まだあるんですが、なんか書き切れなくなってくる気がしたのでこのくらいで。

 

どれもやり方が分かると、「これ、ブログ書いてる人なら、当然ってことなんだろうな」と思ってしまうものでしたが、自分にとっては気の遠くなるような作業でした。

 

SEOとかプログラミングなんて、全然この先です。

 

目的地にに行くために、どの電車に乗って、どの駅で降りればたどり着けるか、運賃はいくらくらいかかるかというあたりのことで、僕はかなり手間取っていました。

 

僕の場合、かなりのケースで記事がグーグルに認識されていなかったようです。

 

サーチコンソールを頼りに、なんどもサイトマップの登録や、カバレッジ数の確認を行いました。

 

また、ググったところ、URL検査と記事の登録が行われていないことも分かりました。

 

この時点で60記事くらい公開していましたが、一つ一つURL検査と記事の登録を行いました

 

数日かけてURL検査を、公開記事すべてで行い、カバレッジでグーグルの認識度を確認する、この作業をくり返しました

3.諸先輩方のブログや動画でモチベーションを保つ

こうして80記事以上が登録されましたが、それでも毎回のアドセンス申請の返事は「不合格」しかもこんどは「価値のないコンテンツ」。一体何がおかしいのかわかりませんでした。

 

少し気になっていたのは、間引いて下書きに戻した記事でした。適切に間引けているのかがよく分からなかったのです。

 

そこでもう一度このあたりを検索して調べました。アドセンス不合格時に送られてくるマット・カッツというおじさんの動画も再度見直してみました。


Thin content with little or no added value

 

いろいろ調べて分かったのは、

  • 画像にマンガの絵は無断で載せられない
  • 動画添付した場合、自分なりののレビューや感想をつけること
  • 上記のような記事は、サーチコンソール上でもしっかり削除申請すること

などでした。いままで書いた記事を間引くのは残念でしたが、「価値がない」わけだからと、泣く泣く下書きに戻したり、削除しました。

 

また、記事自体を消したくないものは、写真や画像、動画を削除し、レビューを書き直したりしました。

 

このあたりの作業をしながらブログも更新していたので、正直だいぶ消耗しましたが、このとき読者になってくれている諸先輩方のブログなどを見て、他の人もみな頑張っている、と自分を奮い立たせました。

 

こうして削除とリライト、サーチコンソールでの記事の登録と削除をくり返しながら、2,3日に一回申請を続けました。

 

駄目なときは、一日以内に返事が来ていましたが、しばらく返事が来ない日が3日くらいありまして、その久々のメールを開いたら、ようやく合格のメールだったというわけです。

 

まとめ 遠回りしましたが、ようやく土俵入り

f:id:happylibrary:20200219010747j:plain

といったわけで、かなり普通の人に比べると遠回りしましたが、ようやく収益化の土俵入りです。ここまでの話をまとめてみます

 

1.1発合格する人がいるなかで

はてなブログはグーグルと相性が悪い、というはなしをよく聞きますが、おそらくなかなか記事が認識されていない、ということじゃないかなと思います。記事がネットに認識されるようにどんどん登録していくことが必要なようです

 

2.不合格をくり返してわかってきたこと

やはりサーチコンソールをつかって、記事の登録、削除をおこなうことと、記事の登録状況の分析は必要なようです。これは自分にとっても勉強になりました

 

3.諸先輩方のブログや動画でモチベーションを保つ

さらに細かい調整作業が続きましたが、ブロガーさんの出している動画や、他の方々のブログを読みながらモチベーションを保ちました。自分にもらえるブクマやコメント、はてなスターにも助けられました。本当にありがとうございます。

 

f:id:happylibrary:20100301235428j:plain

 

アドセンス合格は、これからまた、記事を書き続ける動機づけになりました。途中、アドセンス落ちの記事もあげましたが、そのたびにたくさんの方に励ましたのコメントをいただきました。本当にありがとうございます。

 

いい年ではありますが、ブログはいい趣味を手に入れたと思っています。これからも書き続けていきますので、ぜひともよろしくお願いします。