happylibrary’s diary

脱サラして起業した40代のブログです。人生を勇気づけてくれる出来事を集めています。動画、投資、子育てなどについてもお話しします

新型コロナにやられてたまるか。いまこそ最大の逆張り開始!

もういい加減にしろー!といいたくなる新型コロナウィルス。

 

全世界的にも経済は悪化。絶好調だったアメリカのダウ工業平均すらもここ最近になく落ち込んでいます。

f:id:happylibrary:20200303002115j:plain

ここ最近にない急落ぶりです(出典:yahooファイナンス

日経平均も例に漏れず、元気のないところを見せています。

f:id:happylibrary:20200303001757j:plain

ここ1年の日経平均。およそ3000円の急落です。(出典:yahooファイナンス

実際に感染者、死者がでるという、傷ましいニュースはもちろんのこと、決定的な治療法がないことが不安を煽るのか、かまってちゃんのようにコロナ関連デマも拡がっています。

 

www.oaoaarcade.work

  

学校やイベントも休校、会社はテレワーク、タイミング良く買い占め騒動もあって、日本は生活も経済も大混乱に陥るかという状況となってきました。

 

日本は完全に元気をうばわれました。ただでさえバブル以来、好景気の実感を得られないまま突き進んできた日本経済です。

 

ニュースは嬉しそうに、リーマンショックの再来か!?とそこらじゅうで言ってきます。(そういえばTHE YELLOW MONKEY「JAM」にも似たようなフレーズありましたね。)

 

これはコロナによる肺炎の蔓延のせいなのか、はたまた政策の失態のせいなのかよく分かりません。ですがなんとも厳しい状況に、こうしてチャートがお辞儀している様子が重なると、世間の雰囲気も暗くなってしまいます。

 

いまこそ逆張りと長期投資で経済活動に参加する

以前も書きましたが、世間が暗いときや、マスコミがこれでもかと叩いているときこそ、逆張り投資の好機です。

 

順張り思考で行けば当然ここは「見」の場面ですが、逆張りで行く僕としては、絶好の仕込み時です。

 

しかも、ここまで日本経済、いや世界経済ごと叩かれているときは、本来力があるのに、この世界的な暗い雰囲気に引っ張られて、何も問題がないのに価格が下がる投資が目白押しとなります。 

www.oaoaarcade.work

 そこで、こんな時だからこそ投資して日本経済を元気にすべく、おすすめの投資について、狙い所を検討してみました。

 

実際僕も今日いくつか仕込んでみたので、半年後くらいに結果もレポートできればと思います

 

※あくまで投資にリスクはつきものです。しかも僕の投資は普通の買い方とは違う逆張り投資なので、真似をするのはおすすめしません。あくまで投資は自己責任で。

 

1.世界不安時に王道の円高(FXドル円

現在のチャートの乱高下は、あきらかに人間の心理不安が大きく影響しています。

 

これは何も日本に限ったことではありません。世界各国で証券市場の平均値は下がってしまいました。

 

また例に漏れず日本全体へ与える影響から、日経平均も3000円前後の落ち込みがありました。

 

一方で今回のコロナの一件ではずいぶんとマスクメーカーや消毒液メーカーの株価は爆上げしたようですし、

 

黒田総裁が

潤沢な資金供給と金融市場の安定確保に努める

と言えば、また黒田バズーカがあるのではないか、という心理が働いて株価は少し持ち直したりしています。

 

世の中じゅうが情報をつかもうと躍起になり、ニュースに翻弄され、結果株価や為替のの乱高下が起きています。

 

そんな中でもっとも群集心理を反映するのは、為替でしょう。

 

とくに、世界全体に不安が訪れたときには、だいたい円高になりますので、今回くらいエッジが効いた暴落があると、あとは円高になるしかないんじゃないかと思います。

 

僕は少し前にスイングトレードを開始しましたが、112円で売りから入って、ちょうどこの騒ぎとぶつかり、107円台まで落ち込んできました。

 

いったん確定しました。やや反発して108円台まで落ち着いたら、その後もう一度円高を予測しています。

 

2.魅力あふれるアメリカ株ファンド

ちょっと日本経済とは離れますが、絶好調で来すぎたアメリカ経済のインデックスファンドを仕込むならいまかも知れません。

 

いまでこそ一時的に下げていますが、アメリカ経済が実力がないわけではありません。コロナの影響による不安が評価を一時的に下げているとみます

 

以下は、ここ最近ずっと高値を更新してきたファンドです。なかなか手が出ませんでしたが、ようやく買いました。

 

アメリカの有力企業500社を集めて展開しているインデックスファンドS&P500インデックス、これをSBI社が販売しています。

 

SBISBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」

少額からの参加でもよいかな、とこのたび参戦しました。

f:id:happylibrary:20200303112648j:plain

ダウと同じような動き

 

3.巨大企業も世界不安に引っ張られた!?GAFA

これはまだ買ってませんが、巨大企業GAFA(ガーファ:グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)ですら、株価を下げています。

 

ここまで見てくると、現在の株安は本当に各会社の実力とは関係ないな、ということが分かります。

 

ニュースなどで煽られた不安が、株価に調整を入れているだけではないでしょうか。

 

それならばむしろ、今こそ積極的に買いだ!と判断しています。

 

f:id:happylibrary:20200303113721j:plain

本日のアマゾン株価。大きく下げて少し反発しています

f:id:happylibrary:20200303113957j:plain

アップルも同じような動きですね

f:id:happylibrary:20200303114116j:plain

フェイスブックも同じです

f:id:happylibrary:20200303114531j:plain

グーグルも言わずもがな

4.手堅いJ-REITを毎月分配型で挑戦

先日から始めている毎月分配型のJ-REITをここで買い増しました。

 

不動産とコロナウイルスはどう見ても直接関係ないし、不動産市場はREITが買い付ける土地や建物については、相変わらず活況が続いているので、まだいけるかなという感じです。

 

一時的に価格を下げていますが、ここ2週間高値気味だったので、いい調整が入ったと前向きに考えています。

 

毎月分配はタコ足分配といわれ、儲けが出ていない段階で分配金を出すので、分配金が出てもその分基準価額が下がっていくことが多いので要注意です。

 

大和-ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)は、長いこと5000円台をキープしており、投資そのものの成長はありませんが、分配金を出すだけの利益は出ているREITです。ご参考まで

f:id:happylibrary:20200303130713j:plain

 

5.いまこそ日経平均インデックスファンド

好調を維持し続けてきた日経平均もコロナ騒ぎの煽りを食って、少し下げています。

f:id:happylibrary:20200303131112j:plain

ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

投信のなかで最も手堅いと言われるインデックスファンドです。それだけに値動きも手堅く、買値が高くなってしまうのが弱点。

 

しかし今であれば価格を下げています。こうした時でなければ、買い時はありません。

 

6.力があるのに価格が下がった企業

明らかに右肩上がりだったのに、ここ数日で大きく下げた。配当が高い企業で堅実だったのに、下げている、という企業には、個人的にはあまり不安を感じていません。

 

こういう企業は社会不安と関係ないところで業績を上げてきます。

 

全体の株価が下がるいま、慌てて売る必要は無いと思います。

 

むしろ買いを入れれば、社会が元に戻ったときに、株価も戻って大きく利益を上げる可能性もあります。

 

手持ちの株を見直して、いくつかを買い増しています。

 

7.日本の「いい企業」に投資する。鎌倉投信「結い2101」を買い増す

 

www.oaoaarcade.work

 

日本の会社の中でも「いい会社」に注目して投資するファンドである鎌倉投信

 

この会社は、自分たちの投資先に組み込む企業には、直接企業出向いて綿密に取材し、経営者や社員と話し、財務諸表をチェックし、その上で投資します。

 

それだけに、ファンドに組み込まれるのは成長の見込める手堅い業績の会社ばかり。

 

彼らが出している唯一の商品「結い2101」は、それだけに基準価額も高めですが、こうした一時的な暴落時のときにこそ投資家の買いが集まります。

 

僕もこの機会に少し買い増しました。

 

まとめ 日本も自分も元気にしたい

といった感じで、僕はこの局面で買いを入れ続けています。

以下にここまでの内容をまとめておきます。

 

1.世界不安時に王道の円高(FXドル円

2.魅力あふれるアメリカ株ファンド

3.巨大企業も世界不安に引っ張られた!?GAFA

4.手堅いJ-REITを毎月分配型で挑戦

5.いまこそ日経平均インデックスファンド

6.力があるのに価格が下がった企業

7.日本の「いい企業」に投資する。鎌倉投信「結い2100」を買い増す

 

f:id:happylibrary:20200303132319j:plain

 

新型コロナはニュースを賑わし、社会不安が世間を揺るがしています。

 

損切りしたくなる気持ちは当然ですが、それでは景気も悪くなる一方です。僕自身も滅入ってきてしまいます

 

個人的には、こういう時こそ逆張りして、投資します。

 

いまこそ「やられてたまるか」という気持ちを乗せて