oaoa商店街

脱サラして起業した40代のブログです。人生を勇気づけてくれる出来事を集めています。動画、投資、子育てなどについてもお話しします

テクニカル分析もコツコツと。収益を拡大するための3つの考え方

 

投資は、いわゆる一般的と言われる方法を時間をかけて20年くらい実施すれば、貯金よりはずっと効率よくひとかどの資産をつくることができます。

 

それだけ、確実で効果的なお金の増やし方だと思います。

 

f:id:happylibrary:20200606175628j:plain

 

ですが、時間がかかるのが唯一の弱点です。月収500万円くらいの人が来年や再来年に1000万円持つようになっていたい、とおもうなら、この方法では達成できません。

 

ですが、お金に困っている人は、ともすれば借金にも追われていたりしますので、できるだけ早く収入を増やしたいと思っていることでしょう。

 

少しでも収入を瞬間的に上げるなら、テクニカル分析も身につけた方が良いでしょう。

 

*1

テクニカル分析 - Wikipedia

 

 

目次

 

 テクニカル分析もコツコツと。収益を拡大するための3つの考え方

f:id:happylibrary:20200307012335p:plain

 

ただし、テクニカル分析は、そもそも身につけること自体が難しく、覚えることも膨大です。

 

それでも、いったん身につくと、比較的はやい時間で大きな資金を作ることができます。

 

一時的に大きく稼ぎ、その資金をインカム投資に移してあげれば、毎月の配当が一挙に増えますので、かなり安定します。

 

*2

インカムゲイン│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

 

すくなくとも、生活費を上回るインカムゲインが得られるまでは、テクニカルによってボーナスが得られるなら、リスクを取っても挑戦したい人もいるんじゃないでしょうか

 

僕は、テクニカル分析を用いる手法は、だれにでもオススメするわけではありませんが、かといってテクニカルの手法を否定しているわけでもありません。

 

ファンダメンタルとテクニカルの組み合わせこそが、もっとも強い投資の仕方だと思います。

 

*3

ファンダメンタルズ | 金融・証券用語解説集 | 大和証券

 

ただし、「カンタンに」というわけには行かないと思っています。一定の時間をかけて、テクニカルの活かし方を勉強する必要はあるともいます。

 

そこで今回は、テクニカル分析についての私見をまとめてみたいと思います。

 

1.インカム投資を加速させるテクニカル分析

f:id:happylibrary:20200606175756p:plain

 

いうまでもなく、テクニカル分析は相場チャートの読み方を利用することで、実体経済とは関係なく収益を上げる方法です。

 

上手くはまれば、一夜にして大金を手にすることもできますが、逆に大損をしてしまうことすらもあります。その損益の大きさは、インカム投資の比ではありません。

 

しかし、これをやり続けてひとかどの資産を作っている人も現実にいる以上、この手法を無視するのはもったいないことです。

 

もちろん、チャートの読み方ひとつひとつをマスターすれば、大金が稼げるようになるわけでは無いと思います。

 

それは、チャートが示すものは、膨大ではあるモノの、すべて過去の結果であり、二度と同じチャートはくり返すことがないからです。

 

しかし、収益を得るためのパターンの読み方であれば、コツコツとその読み方を学び、その時々の周辺情報、いわゆるファンダメンタルズ的な要素を組み合わせれば、ひとかどの財産は形成できる可能性があります。

 

もし、こうした利益をそれまで積み上げてきた資産に追加で放り込むことができれば、当然利息の元手が上がる訳ですから、配当収入が加速して増えて行くことになります。

 

2.テクニカル分析は手法の学習に時間がかかることを留意する

f:id:happylibrary:20200219014317p:plain

ですが、テクニカル分析は瞬間的、一発屋的に収益を上げますので、一般的な言葉や現象名をはじめ、成功者のやり方などを細かく知り、分析する必要があります。

 

つまり、テクニカルの世界で稼げるようになるにしても、インカム投資が何年後かに花開くのと同じように、かなりの時間がかかるということです。

 

テクニカルで稼ぐにしても、インカムで稼ぐにしても、時間はかかるということになります。

 

それでも、テクニカルをやる意味があるのは、実際に実践しながら学習できる点と、学習の速度は、自分の努力次第で早めることができる、と言う点です。

 

たとえばFXでいえば、休日を除き、毎日24時間市場が動いています。ここにエントリーしながら学んだやり方を試せば、自分のやり方が正しいかどうかが、すぐに検証できます。

 

 

また、どのくらい、テクニカル分析についての勉強をする時間を取るかによっても、習熟度が変わってきます。その気になれば、24時間学ぶことができるようになっています。

 

インカム投資は、配当狙いの投資ですので、配当がくるまで収益が上がりません。さすがに毎日償還日が来るわけではありませんので、元手に利率がかけ算されるタイミングが決まっています。

 

さらに、テクニカル分析は、ファンダメンタルと組み合わせて使うことで、収益効率を上げることができます

 

ですので、テクニカル指標とファンダメンタル的な経済指標や経済動向を同時に勉強すれば、トレードで成功する確率がよりいっそう上がります

 

そうした情報に関する勉強は、いつでも勉強できます。そしてたくさんの情報を集め、適切な情報の選び方を学べば、よりいっそう正確なチャート予測に繋がります。 

 

早く収益を確保するチャンスが広がってくるということです

 

3.一攫千金はない。ギャンブルではないことを理解する

f:id:happylibrary:20200606175955j:plain

ちょっと難しく書いてしまいましたが、言いたいことはすくなくとも、ちょっと聞きかじりの情報で一挙に何万円も稼ぐ、というのは無理だろうということです。

 

運を天に任せてお金を稼ぎたいのであれば、それは投資じゃなく、賭け事と変わりません。

 

時間、経験、知識、学習、忍耐が組み合わさってこそ、投資の無限大の収益の可能性は高まってきます。

 

テクニカルはインカム投資のように時間はかからないかも知れませんが、それだけ学習しなければいけない部分がたくさんあります。

 

一気に学ぶのがきつい、ということであれば、こつこつと学習を積み重ねていくしかありません。

 

結局時間がかかるんじゃないか!と言われそうですが、もし時間をかけてテクニカルのいくつかの収益パターンを手にすれば、その後の収益は爆益も目指せるのではないでしょうか

まとめ 何かを積み上げていく作業が投資

ここまでの話をまとめますと

 

1.インカム投資を加速させるテクニカル分析

テクニカル分析も身につければ、資産拡大を加速させることができます

 

2.テクニカル分析は手法の学習に時間がかかることを留意する

テクニカル分析によるトレードは、一夜にして多くの利益をもたらしますが、それができるようになるためには、手法の詳細を学ばなくてはなりません。

 

3.一攫千金はない。ギャンブルではないことを理解する

ただし、テクニカル分析は一定の成功者を生み出しており、きちんと再現性がある手法です。ギャンブルではありません。

 

f:id:happylibrary:20200606180116j:plain

時間をかけて資産を積み上げ、その保有資産からたくさんの配当を得るのがインカム投資や長期投資なら、時間や質をかけて知識や情報を積み上げ、一回の取引で大きく利益を取るのがテクニカル分析による投資とも言えます。

 

どちらも、なにかを積み上げてきた結果得られる利益です。

 

ラッキーはあまりありません。だから嫌になってしまうのかも知れませんが、積み上げたものが大きくなれば、確実に大きなリターンが得られるのもまた投資の特徴です。

 

長期投資が守り、や、待ちの投資なら、短期売買は攻めの投資とも言えます。コロナ禍で外出も減り、飲み会や休日のお出かけ、副業バイトの雇用も減っていますので、この機会にぜひ学習してみるのはいかがでしょうか

 

おおきなキャピタルゲインを得て、資産拡大に活かす。これもまた一つの投資の楽しみ方だと思います。

 

 

 

*1:テクニカル分析という言葉については、以下リンク参照ください

*2:インカム投資やインカムゲインという言葉については、以下リンク参照ください

*3:ファンダメンタルズという言葉については、以下リンクをご参照ください