oaoa商店街

脱サラして起業した40代のブログです。人生を勇気づけてくれる出来事を集めています。動画、投資、子育てなどについてもお話しします

ウーバーイーツで素早く種銭を作る。自営業クワドラントから資金補給を報告。

 

f:id:happylibrary:20200906082418j:plain

手持ちの不動産で退去が出ることになりました。入居者はコロナ禍の中、転職をしたとのことで、住まいを新しい職場の近くに引っ越すようです。

 

この物件はオーナーチェンジで購入していたので、退去となると、一から入居をつけなくてはなりません。

 

埋まらない物件ではないとは思いますが、現状では埋まるまで時間がかかりそうです。

 

長い戦いを意識することになりました。

 

また、大きな額ではないものの、生活費の一端も担ってくれていました。この収入がないと、しばらくは収入が削られてしまいます。

 

家賃はどの収入を、手持ちの資産の組み替えですぐにペイすることはできません。またシェアハウス事業が軌道に乗り始めたばかりということもあって、手持ちの現金も残りわずか。

 

自分の資金管理を恨めしく思いながらも、何か収入を増やす方法はないかと探した結果、ウーバーイーツを選択してみることにしました。

 

目次

 

ウーバーイーツで素早く種銭を作る。自営業クワドラントから資金補給

f:id:happylibrary:20200906082601j:plain

賛否両論ありますが、個人的には地味にいい副業だと思いました。

ウーバーイーツは、だいぶ市民権を得てきたとは思いますが、知らない人のために説明すると、数名分のテイクアウトのお弁当やお惣菜を配達するサービスです。

 

アメリカで発祥し、もともとはタクシーのシェアリングサービスから始まりました。日本では昔から出前館というところでも同じようなサービスを行っています。

 

しかしながら、この配達員は出前館のように給料で雇うわけではなく、個人事業主として配達業務の委託を受ける、というスタイルをとります。

 

つまり、一定額の安定した給料を取るわけではなく、スキルや戦略の内容が熟練していくほどに、自分の報酬が増えていく、という仕事スタイルになるのです。

 

ですが、資本はあくまで自分の身体。自分が倒れてしまったら、稼ぐこともできません。その分で言えば、自営業のクワドラントに属す仕事スタイルとなります。

 

登録はスマホのアプリでアクセスし、自分の身分証明書と自転車やバイクを登録すれば、すぐに仕事を開始することもできます。

 

最近は、ウーバーイーツをやっている人が、謎の組織ウーバーを攻略し、安心して働きやすくしていくため、ブログや動画などを配信して、トラブルシューティングを発信したりなどもしています。

 

そのため、ネットでウーバーイーツを検索すると、実にたくさんのサイトを目にすることができます。

 

それだけ、話題でもあり、また熱い領域の仕事スタイルでもあるわけです。

 

働く時間も、服装も、自由。比較的自分の自由度が確保されています。また、働き方次第で時給は900円程度から2000円くらいまで跳ね上がります。

 

もちろん、身体が資本である以上、収入にはある程度の頭打ち感はありますが、週払いで給料も支払われますし、今月急きょ数万円を稼ぎたい。なんていうときには、ある意味反応性の良い仕事だと思います。

 

今回はこのウーバーイーツと言う働き方について考察し、どのように投資に活かしていくかを検討して見ます。

 

1.4つのクワドランドの自営業タイプ

f:id:happylibrary:20200824113447j:plain

冒頭にてすこし説明しましたが、ウーバーイーツ配達員は、自営業クワドラントに入る職業だと思います。

 

クワドラントとは、4つに区分された働き方のことで、金持ち父さんシリーズで説明されています。

 

僕も4つのクワドラントを簡単に説明した記事を書きましたので、クワドラントについて知りたい方はこちらをどうぞ。(加えてこの記事では従業員クワドラントでの働き方について書いています)

 

www.oaoaarcade.work

 

従業員のクワドラントとは違い、出勤時刻や勤務時間は自分で決められます。ウーバーについては、毎日自分で決められるので、今日はウーバーやろう、今日は休もう、今日は遅めから始めよう、などと、自分の生活リズムにあわせて仕事を開始できます。

 

ただし、自分が働いた分が収入と直結していることは、従業員と変わりありません。むしろ従業員のように有給休暇がなく、自分が働かなければ稼ぎがない、というのもこのクワドラントです。

 

したがって給料に頭打ち感もあります。また単価を限りなく上げていかない限り、収入は止まってしまいます。

 

他の人が自分のために働いてくれるわけでもなく、もちろんお金が働いてくれるわけでもないので、資産が勝手に増殖していくことはありません。

 

ですが、従業員クワドラントと同じく、仕事が評価されればすぐに収益となりますので、収益の即効性はあります。

 

医者、弁護士、税理士、フリーランスなど、独立開業している人達も、このクワドラントです。

 

ウーバーも、このクワドラントです。投資家を自称していながら、ウーバーもやっているというのは確かに恥ずかしい思いもありますが、投資収益が生活費とイコールくらいだと、背に腹は代えられません。

 

とにかく収益の一角が崩れてしまったら、このようにしてでも収益を維持するのみです。投資を継続できるようにしたいとおもっています。

 

2.楽しく取り組めて、体験を他の仕事にも活かせる

活動するときに参考にしている動画の一つ、「せーけんわーるど」です。登録の仕方から道具の準備、実際の配達の様子などを分かりやすく説明されています


【Uber Eats】ウーバーに転職!どんな働き方か体験してみた!

 

僕自身、始めてみると、意外にも自分に合っている点や、楽しく取り組める部分があって、やってみて良かったなと思っています。

 

また、この体験は、このようにしてブログで報告したり、上記のように動画にして配信されたりと、オリジナルの体験を発信することに繋がります。

 

ウーバーイーツで一日にいくら稼げるのか、と言ったテーマでは日々たくさんの発信がされており、非常に興味深い副業コンテンツとなっています。

 

ウーバーの詳しい内容についてはまた新しい記事などで発信していこうと思いますが、とにかくいままでの会社員やアルバイトのような働き方とは違うので、仕事をする楽しさがあります。

 

僕のような40代の人達も、副業として登録している人も多いです。配達と一言に言ってもウーバーの場合は、戦略を立てながら働くことになります。

 

 

どの時間に働くか、どこで働くか、いつ何回配達するか、などによって、得られる報酬が違ってくるので、仕組みを理解して働くことで、より効率よく稼ぐことができます。

 

実際やってみた僕の経験だと、初心者でも時給は1000円くらいはいく印象です。

 

週払いとなっているので、稼いだ翌週の火曜か水曜には報酬が入ります。

 

配達一回ごとに報酬がすぐに金額となってアプリにはいってくるのも、やる気を保ちます。

 

8月はちょっと頑張って一日10時間ほどウーバーをやり、日給で1万円を何日かたたき出すことができました。退去家賃の二ヶ月分くらいは稼げた感じです。

 

このペースで行けば、当面の退去家賃分は補填できそうです。余剰分はまたインデックスファンドの積み立てや高配当の米国株の購入に回しました。

 

すこしでも投資に回し、より強靱な資産形成に活かすつもりです。このウーバーで時間とお金を稼いでいる間にこの部屋を埋めることができれば、収入はより上がります。

 

この体験は、ブログ、動画、投資、販売戦略、マーケティングなど、別のジャンルの仕事に結びつけることができるという印象も受けました。

 

いつも投資のみを薦めていますが、種銭稼ぎの副業としては、とても有力な仕事だなと思います。

 

登録は簡単で、面接もありません。月に数万円の余剰資金が欲しい、という方はまずウーバーの労働収入で一気に貯金を殖やし、その後まとまった資金を運用する、というのが有効な策かも知れません。

 

以前パブロとブルーノの話について書きましたが、僕の解釈ではこの仕事がブルーノの役割と言うところでしょうか。まずは労働で稼げるだけ稼ぎ、一方でパブロの投資で権利収入をコツコツ積み上げる。

 

www.oaoaarcade.work

 

こうすると資産形成のスピードが上がりそうです。

 

3.増えた資金は、再投資して活かそう

f:id:happylibrary:20200722001101j:plain

とはいえ、これで安泰、と言うつもりはありません。体力勝負の仕事であり、いつまでも続けられる仕事ではないからです。

 

いつ自分が倒れるか分かりません。家族の誰かを介護しなければいけなくなる可能性だってあり得ます。そう考えれば、この仕事一本でやっていく、もしくはこの仕事で収入のほとんどを賄う、と考えるのは危険です。

 

ウーバーで生計を立てるとなれば、よほど体力を維持するよう、ストイックに生きなければなりません。

 

ウーバーの収益での狙いは、あくまで生活費を大きく上回るゆとり分の収入です。これを種銭にして投資に資金を投入します。

 

とくにこういった資金を極力年利5%以上で回していくと、資産拡大のスピードが上がります。もしもともと本業からいくらかを投資に回せていれば、さらに追加資金を投入することができます

 

もし、投資の神様ウォーレンバフェットと同じく年利20%で回しながら、このウーバーでの余裕資金(たとえば月10万くらい)を回し続けたら、1年後は120万、これに20%がついて144万円が貯まることになります。

 

1年頑張るだけで、150万近い資金が種銭として貯まる計算になります。

 

もし最初の3年をこのウーバーで月10万ずつ多く副収入を得るとしたら、単純に足しただけでも360万、年10%で投資で回せば360万ではなく440万弱になります。

 

これだけあれば、突然の出費にも耐えられるでしょう。なにか大きな投資に挑戦もできそうです。

 

ウーバーでまとまった資金を稼ぎ、インカム投資にまわす。また稼ぎ、投資する。配当が出れば、再投資する。このウーバーと投資の組み合わせで、資産はさらに加速して増えて行きます。

 

やがては投資資金が1000万くらいを超えていきます。(計算上6年後くらい)こうなると、もうウーバーで稼がなくても、投資の配当や利息だけで補うことができるようになります。

 

こうなれば、資産は青天井に増えて行きます。

 

ひょんなことから労働することになりましたが、貧乏投資家がひとつ資産形成のスピードを上げるためにはこんな方法もアリなのかな、と思いました 

 

まとめ ウーバーイーツ1年間集中すれば、十分な種銭ができる

f:id:happylibrary:20200605000542j:plain

ウーバーに限ったことではありませんが、なにか基礎収入をふやすアクションが起こせれば、十分な種銭ができます。

 

あとは投資を組み合わせ、楽しんで働き続ければ、早く大きな資産を作ることができます。

 

ここまでの話を振り返ってみます

 

1.4つのクワドランドの自営業タイプ

金持ち父さんの説明する4つのクワドラントの、自営業のクワドラントといえます。労働の領域で、これだけでは巨大なキャッシュフローは得られません。ですが、臨時収入や投資の種銭を増やす、という観点なら、長期投資を支える十分な収益があります。

 

2.楽しく取り組めて、体験を他の仕事にも活かせる

ウーバーイーツの体験は、発信系のコンテンツと相性が良く、また収入をいかに上げるかという戦略思考も高めることが分かりました。考えながら楽しく取り組むことができ、またこの体験をほかの仕事に活かすこともできるのは面白いところと思います。

 

3.増えた資金は、再投資して活かそう

ただし、ウーバーだけで大きな資産を形成することはできません。自営業クワドラントでは、自分が労働をやめたら、収入も止まります。それだけに、資金を再投資に回すことを忘れてはいけません。

 

f:id:happylibrary:20200602223437j:plain

 

個人的には、全てのクワドラントに触れている方が、資産形成は早いと感じています。

 

このクワドラントですばやく種銭を作り、減りかけたキャッシュフローの回復に努めたいと思います。

 

それなりに汗もかき、体力もつくので、健康にもよい仕事だと思います。趣味感覚でできるところも、継続しやすいところです。

 

やりすぎないよう体調管理と安全運転に勤めつつ、投資への投下資金を積み増したいと思っています。

 

※ウーバー配達員は個人事業主ですので、確定申告と税金の支払いが必要です。稼いだ分のうち、2割くらいは税金支払い用に取っておくことをオススメします。