oaoa商店街

脱サラして起業した40代のブログです。人生を勇気づけてくれる出来事を集めています。動画、投資、子育てなどについてもお話しします

FXには負け方があった。市場から撤退しない生き残りの方法3つ

 

f:id:happylibrary:20200801183226j:plain

常勝トレーダーが相場で生き残るために、または勝ち残るために、自分自身のなかに編みだしているものは、なんでしょうか。

 

多くのトレーダーがトレードについて語るとき、とくに気にしているのは、適切な負け方ではないかと思います

 

損切り、資金管理、エントリータイミングなど、言葉こそやや難しい表現をしていますが、こういった言葉は、勝つための教えではなく、負けないためのアドバイスです。

 

相場において、全資金を失ってしまうことは、完全敗北を意味します。当たり前ですが、投下する資金なくして、相場に参加することはできません。

 

市場からは退場せざるを得ず、場合によっては、負け分を取り戻すために、より多く働かなければなりません。

 

投資で豊かに人生を送るという計画とは、とても縁遠いものになってしまいます。

 

目次

 

FXには負け方があった。市場から撤退しない生き残りの方法3つ

f:id:happylibrary:20200606175628j:plain


スキーやスノボなどを初心者から始めるとき、おそらく最初はけがをしない転び方から練習すると思います。柔道なども、受け身から練習します。

 

ぼくは高校時代ラグビー部でしたが、ラグビーも、首回りの筋肉を鍛えたり、タックルをするのではなく受け方を学んだりと、けがをしないための練習は基礎中の基礎でした。

 

スポーツや格闘技は、とくに大けがをしないための練習に気を遣います。導入時はけがをしないための練習ばかりです。

 

考えてみれば、上手くなる前にけがをしてしまっては、練習どころではありません。格闘技などは、受け身を一歩間違えば、死んでしまう危険さえあります。

 

転ぶ練習や、技を受ける練習はそのスポーツをするための必要最低限のリスク管理といえます。

 

相場も、これと同じと言えるのではないでしょうか。基本の負け方を知り、大けがや即死を防ぐ。これを身につけることによって、大技である大きなロットや大幅なpips獲得を狙ったトレードに挑戦できるというものです。

 

勝っているトレーダーは、あらゆる負けパターンを自分の頭の中に蓄積していて、さまざまなリスクヘッジを行った上で、おおきなチャレンジに打って出ます。

 

もし、予想と反対の動きを相場が取ったとしても、全財産の喪失さえ逃れれば、次回への挑戦権が残ります。この次への挑戦権を残し、投資を継続していくためにも、自分なりの負け方を知ることが大切です。

 

負け方を自分の投資ルールに取り込んでおけば、損失を最小限にできます。

 

そこで、今回は、基本となる3つの負け方について考えてみました。負け方を自分なりにパターン化して、損失を抑え、積極的な投資につなげられたら手堅いですよね。

 

1.損切りする。(いくら逆方向に動いたら諦めるかを決める)

 

f:id:happylibrary:20201031110115j:plain

まずは損切りです。長期投資なら、絶対に手放さない、という選択肢を持つ方もいるかもしれません。

 

僕も株の長期投資では、逆張りを仕掛けてナンピン買いすることもあります。

 

逆張りについての記事も、結構書きました

 

www.oaoaarcade.work

 

 

www.oaoaarcade.work

 

 しかし少なくともトレードは、長くても数日から数週間で取引が完了します。その意味では、思った予想よりも反対に動いた場合は、潔く損切りすることが不可欠です。

 

チャートがどのように動くか、シナリオを書いてからエントリーするのが望ましいと思いますが、そのシナリオが崩れた時には、素直に負けを認める意味で損切りした方が良いと思います。

 

僕はトレードのし始めの時期、損切りした金額までほぼぴったりに下がってロスカットされた後、急に再急騰していくという局面に何度も遭遇しました。

 

これを経験すると、まるで自分が損切りすると決めたラインを、市場が知っていて、わざとそこまで下げてから上がっているんじゃないか?とも思ったくらいです。

 

 

それだったら、損切りせずに塩漬けした方がよいとも思えてきます。

 

しかし、こういった刈り取りは、僕がセオリーにほば100%乗っかった取引をしていたため、むしろ当たり前なのです。

 

初心者のころは、自分では市場を欺いているつもりですが、むしろかなりベタにセオリーをなぞっています。

 

その他大勢のトレーダーと同じ考えをしているだけで、このころは一般大衆と何ら変わりないチャートの見方となっていました。

 

これでは刈り取られて当たり前です。そのくらい、トレードは簡単に人を負けさせます。

 

それだけに、負ける可能性は常に前提として頭に置き、どこまでいったら損切りするのか、その損切りで納得できるか、などをしっかり決めておくことが大切です。

  

2.いくらまでなら、負けられるか目途を立ててから資金を投下する

f:id:happylibrary:20201004224022j:plain

資金投下では、いくら入れたら、どのくらいリターンが来て、、、と想像しがちですが、これを逆に捉えておく必要があります。

 

つまり、今回のトレードでは、いくらまでなら負けられるか。をはっきり出してからエントリーする、ということです。

 

とくに初心者であれば、かならず意識したいところです。

 

何pipsまでなら、負けてもいい。この金額なら負けても本業からの貯金、もしくはバイトや副業で取り返せる、、、

 

という、負けられる金額を決めて、エントリーしていくことが重要です。

 

こうしておけば、思いと逆に相場が動いていったとしても、あなたの負けは限定的になります。

 

もし思い通りに市場が動けば、青天井に利益は伸びていきます。

 

ついつい、入れた金額と勝った後のことだけを夢想してしまいますが、これはよくよく考えるとあまり意味がありません。

 

レバレッジ、pips、投入金額を組み合わせて、そのエントリーだと、負けた時にいくら損失するかを知っておいてからエントリーすることが大切です。

 

 

どのくらい勝てそうか、ではなく、どこまでなら負けられるのか、です。

 

こうしておくと、損切り幅を広くしておきたいからロットは少なめにする。とか、

 

このボラティリティでエントリーしたら100pips以上負けるかもしれないから、エントリーを見送ろう。

 

など、自分なりの対策や投資ルールが生まれます。

 

勝っているトレーダーほど、負け方を知っているものです。

 

シビアに負け方のルールを作り、負けの回数や量を限定的にしておきましょう。

 

3.書いたシナリオを検証する

f:id:happylibrary:20200514165408j:plain



事前の準備で負けの回数や額を限定的にしたら、事後の分析で負けの内容を確認しておきます。

 

トレードにおいては、自分の勝ちパターンやエントリーした根拠があるはずです。

 

なぜそのエントリーなら勝てると思ったのか、今後もその指標は使えるのか、今回は20回に1回くらいのたまたまな異常変動だったのか、などを確認しておくと、自分の勝ちパターンがより確実なものになります。

 

まさに負けから学ぶということでしょうか。

 

こうした考察や分析が蓄積されることで、今後、負けないシナリオを書けるようになります。

 

負け方が限定的であれば、何度でも挑戦をやり直すことができます。

 

僕の場合は、記録にとることをよくやっています。

 

インスタにエントリー直前の写真と、結果がでた直後の写真をどんどん載せておくと、勝ったトレードの特徴を写真とコメントつきで振り返りできるようになります。

 

うまくトレード出来た報告をアップすると、いいねがもらえたりするので、継続する気持ちをモチベートし続けることにも繋がります

 

また、LINEメモなどにも、エントリー時の心理状況やエントリーの根拠などを書いています。

 

こうした記録があると、あとで振り返れるので、自分が欲をかいたのか、自分のルールを守っていなかったのか、などを確かめることができます。

 

ちなみに僕の場合は、だいたい「追っかけ買い」で損をしています。何度も何度もこれはしてはいけない、と思いながらも、欲をかいてたびたび自己ルールをやぶってしまいます。

 

僕はメインで4時間足を使っていますが、とくに、1分足や5分足を参考程度に眺めていると、なんとなくこれから上がりそうだな、下がりそうだな、という局面に遭遇して、ついエントリーしてしまいます。

 

それでもいまは損切りを必ず入れるようにしたり、全額投入しなくなったりしているので、なんとか粘っていますが、こういうエントリーをした場合、100%、いや120%マイナスで刈り取られます。

 

記録をとっておくと、追っかけ買いをしたときはとくに、自分が描く理想な形が来ていないのに、自分に都合良く市場を解釈して、エントリーしていることがよく分かります。

 

冷静に、各指標やファンダメンタルズの情報を組み合わせる余裕はなく、市場に「こうなって欲しい」という願望をぶつけているのです。

 

こういうときは、各指標を自分に都合良く解釈しています。しかし、その通りになることは、まずありません。

 

それだけに、エントリー前にチャートの上下のシナリオを書くこと、そのシナリオの合否を確認することをすると、だんだんと自分の判断がシビアに磨かれていきます。

 

これを踏まえて、次はこうやってみよう、この局面では絶対に我慢だ、など次の展開が決まってきます。

 

こうしていくうちに、トレードを継続していくことができるというわけです。

 

まとめ 負け方を理解し、負け分を小さくすれば、勝ち幅は大きくなる

f:id:happylibrary:20200515110411j:plain

ここまでのは話しをまとめてみます。

 

1.損切りする。(いくら逆方向に動いたら諦めるかを決める)

まずは自分の崖っぷちをきめることです。適切な崖の設定をし、そこで諦めることを仕組み化します。90回負けても、10回の勝ちで大きな収益が出るのがトレードです。90回分の負けの量を限定的にしておきましょう。

 

2.いくらまでなら負けられるか、目途を立ててから資金を投下する

常に全額勝負や資金の大半を入れて勝負するのではなく、最初は少額からトライ&エラーを重ねる方が良いと思います。そのために、いくらまでなら負けてもいいか、その目途をと立ててから資金を投下すれば、一挙に全てを失う心配が無くなります

 

3.書いたシナリオを検証する

事前に損切りや資金投下の量を調節する癖がついたら、事後の分析も行ってみると良いかと思います。自分の投資ルールや投資のクセなどを深く知り、ルールを守って投資すれば、負けは減っていくことでしょう。

 

 

f:id:happylibrary:20200507213826j:plain

長期でも短期でも、投資の継続に必要なのは、あたりまえですが資金です。

 

リスクがつきものと言われる投資においては、たとえ負けても、負け分が限定的であれば、資金が残り、再チャレンジ可能となります。

 

投資で10割勝つことはありません。負けることは必ずあります。

 

しかし一つ一つの勝負で大きく勝てなくても、ここぞという1,2回のトレードに大量の資金が投下されていれば、全ての負けを吹っ飛ばすこともあります。

 

まずは己を知るためにも、負け方を知り、自分なりの負けパターンを知ることです。無駄なエントリーを我慢することにもつながります。

 

1年、2年とはてしなく継続し続ける中では、トレードは負けと勝ちを何度も経験します。

 

負けを小さくして、勝ちは大きくする。この損小利大を地道に繰り返すことで、トレード資産は増えていきます。

 

そこにはタイミングや我慢など、小さな学びが沢山あります。

 

僕なりにこの学びを重ねながら、長くコツコツ楽しもうと思っています